« お祭り | トップページ | タモリ流カレーライス »

3331 arts chiyoda

人の縁とは不思議だと思ふ覚え書き。

昨日は幼稚園のおまつりの後、「3331 arts chiyoda」に行きました。

11/7に日比野克彦さんのプロジェクト「ササクサス」に小澤敏也パンデイロチーム「JINGLE GYM」が参加するのですが、やっとここで日比野さんと小澤敏也が対面できるという日でした。

今まで日比野さんとの打ち合わせ、プレゼンなどの機会は、「日比野オフィス」「浅草商店街へのプレゼン」の二回とも、私が単身代行していました。


「パンデイロチーム」ジングルジムのメンバーも頑張っています。
「僕たちがこれからやるのは、演奏じゃない、アートだから。無機質になってくれ。」
という演奏以外のパフォーマンスの場渡りもこなした素晴らしいメンバーたち。
プロパーカッショニストもいれば、
どこからどうみても普通のサラリーマン風の人もいる。
女性もいる。
でも、みんなすごくパンデイロを愛している。

今回は、10名が参加する事になりました。
残りのメンバーも当日、サポートをしてくれることでしょう。

私たちをここまで牽引してきてくれたのは、
我が「いまどきの紙芝居」グループ「KAMISHIBAING」のさかいれいしうさん。
レセプションでも、姫を通して、「HIBINOカップ」をしている日本サッカー協会の「カルコス」氏とお近づきになれた。すぐにうちとけて、サッカーの話で盛り上がる小澤敏也。次はぜひ呑みたいそう。初代ピアノ屋岡野勇仁さんという共通の人脈もあるので、すぐに実現しそう。


うちの幼稚園でいろんなアートをしてくれていたイギリス人のエマさんも、今は、「3331 arts chiyoda」にいた。

dislocateという彼女のテーマのまま、たくさん仲間が増えたようだ。
地下の彼女たちのアトリエをれいしう姫と尋ねたけれど、行き違い、と思ったら、ほどなく、日比野さんのレセプション会場に顔を出してくれた。
「3331」によく足を運ぶであろう「れいしう」さんと、彼女がまた繋がれば私も嬉しい。

エマさんとの活動。
昨年卒園したみんな、懐かしいね。
なんだか、エマさんは次のステップに進んでいるような感じでした。
今度の「浅草」のイベントには、顔を出してくださるとのことで、
なんだか「日比野さんつながり」がエマさんとあるとは!
世界は本当に狭いし、面白いねぇ〜。


そんないろんな事、
いろんな縁がグルグルとスパイラルになって、
日比野さんの少年のような作品に囲まれて・・・。

そんな時間の最後は、
「3331」の場所に因んだ手締めでした。

「ヨ~オ!」

11/7浅草でパフォです。Img_0421

パン!


めでたし、めでたし。


10248486
写真は、浅草「田原小学校」会場での、プレゼンの様子。地元商店街のブログに、私の登場場面がでていたそうです。私の後方、ピンクシャツが日比野氏。
幼稚園以外での、こんなに小さく見える「まり先生」の姿。
意外でしょ〜〜。

勉強、勉強。


|

« お祭り | トップページ | タモリ流カレーライス »

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3331 arts chiyoda:

« お祭り | トップページ | タモリ流カレーライス »