« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

雨の一日

雨の日の幼稚園

今日もすっかり雨でした。
雨の日の幼稚園は大騒ぎ。すごいエネルギーに満ちています。
発電に使ったら、いったい何ワット?というくらいホールを走り廻ってますね。
でも、雨の日にこんなに身体を動かせる環境がある事は大事です。
もし、これがお家にいる時だったら、みんなのこのエネルギーはいったいどこにいくんだろ?
と、心配になってしまうくらいです。

雨の日の一日は、こんな感じです。
朝、登園してお仕度が終わったら、お部屋で自由に遊びます。
部屋で遊ぶのにも、いくつか種類があって、
例えば、お弁当の後の「食休み」のために小さく遊ぶ時には、カーペットの上でおままごとやブロックをします。
雨の日だけ、この時間から解禁されるのは、「折り紙」です。
折り紙にもいろんなルールがあります。一度に使うのは手裏剣以外は1枚とかね。
空き箱も、晴れの日はこの時間には使えませんから、早めに自分が必要な箱は物色する子が多いですね。
他のクラスまで、サイズを求めて遠征する人もいます。
それで、一通り、雨の日のパターンを流すと、今度はホールに来る子が多いです。
ホールには、雨の日には、スタンプや、シール等のお手紙書きセットが用意されています。
ぬいぐるみもあります。
マットや、ゲームボックスも、雨が続くなどの状況をみて出しています。
大事なのは、メリハリをつけること。
いつも出しておく環境と、時々でてきて珍しい環境とを分けて設定しています。

雨の日の今日は、運動会の練習もホールになりました。
10時前に、各部屋の片付けがあって、簡単に朝の会をすませると、ホールに集合。
全体で「手裏剣忍者」「でんでらのお遊戯」と練習した後、
年長さんの「組み体操」を見学しました。
この時、年中さんからは順番で欠席の子の分や、欠番を埋める役目をしてくれました。
11時前に、終了。
お部屋に帰って、ばら組は、「朝の会の続き」、他のクラスは製作に入りました。
それぞれ部屋の活動が終わったら、またホールに同じようにきたり、部屋で工作を中心とした遊びになります。ホールでは、お相撲が盛んに行われていました。後半になって、ホールは年少さんに占拠され、女子の皆さんによる「プリキュアショー」が行われていました。先生たちも、チアのボンボンをもって、応援です。男子による「レンジャー戦隊ショー」も始まりました。
おっと、戦いのシーンが白熱したので、ストップをかけます。
本気じゃなくて、ウソこでね。
状況によっては、「戦い」シーンはカットしたり、禁止したりしています。
ちょっと目線を離したすきに、お相撲用のマットにぐるぐる巻きになって遊んでいる子たちがいました。
さっそく中止させると、中で具になっていた子はちょっと目ウルウルしています。
「やめて」と、自分で言えない状況の中では、やっぱり見守りが必要ですよね。

12時をまって、お片づけ。お弁当の仕度となります。
12時半に食べ終わって、そのまま食休み、雨の日スケジュールでは、ここでお帰りをしてしまいます。
お帰りというのは、「紙芝居」をみて、心が落ち着いたら、明日や来週の予定を先生から聞くという事が一番大事な役割です。プリントを配るのも、この時間です。
1時くらいに、また、自由な時間を置いています。ここで、朝からの続きの活動で、自分で自由に絵を書いたり、工作をしたり、身体を動かしたり、他の保育室やホールを自由に行き来して活動をします。
おおよそ1時間後の2時に、ホールは片付け。次の活動の準備のために店じまいです。この後、部屋にみんなは流れるのですが、この時間差は、お部屋を片付ける人員を確保するという意味もあります。
いったん、お部屋に集合、点呼をとって、次はビデオや、ゆっくりと話をし合うような怪我がおきにくい安全確保の体制で保育をする事が多いです。時間は2時15分から2時40分、25分間だけ、集中します。
ビデオを観る状況の場合、最近は、ご家庭でも頻繁にチャンネルをかえる習慣があるからでしょうか、チャンネルを替えるようなコマーシャルが入るような時間で、集中が切れる子が多いな、と感じでいます。ケーブルテレビは、オンデマンド、youtubeの普及で、家族、兄弟とも一緒にビデオを観る習慣が減ってきているのでしょうね。ご家庭のように、個別で観るビデオとは違って、全体でみる状況は、また違うな、とも思っています。雨の日など、状況によって限られた機会ですし、時間も短いです。村の公民館での野外映画会のような、ワイワイとした感想をいいつつの鑑賞の姿も、可愛いものですよ。保育の一環として、手助けをしつつ、お帰り前の「静」の時間を設定しています。おゆうぎが決定する前には、全園児での会議もしましたね。いろんな使い道ができる大事な時間です。

今日の雨は、自由に踊ったり、ショーをしたりホールのステージを上手に使っている姿も観られたので、お遊戯会の事も考え始めました。こどもたちの自然な姿をヒントにできると、導入もしやすいなぁ。運動会が終わったら、また忙しいなぁ。

そんな事を思った雨の一日でした。

明日は、「都民の日」です。
園では、都民向けに動物園等が無料解放される事を有効利用していただくために、休園となっています。楽しい一日を過ごしてくださいね。

昨日は、おゆうぎの衣装を着てのドレスリハーサルをしました。素晴らしい衣装のご協力ありがとうございました。「みんなちがってみんないい」が、見応えのある作品でした。リハーサルが終わったら、ご希望がある場合は一端返却しますので、手直しが必要な場合はお申し出ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新泉小学校公演

9月25日(土)、杉並区の新泉小学校の土曜日学校公開&地域懇談会にて、低学年、高学年公演と、地域の方も含めた一般向けの講演にお招きいただきました。
Cimg1566
会場の体育館には、
このような大型スクリーンにて、「きょん」さん作の画が映し出される中、
こどもたちにわかりやすいレクチャーを含めての演奏をしてきました。

Cimg1568
身体を動かすコーナーも設けました。
Cimg1593
つるさんのパンデイロコーナー。
スプーンの演奏は、曲の中にさりげなく挿入。

Cimg1616
低学年は、握手。
高学年はハイタッチで退場をグリーティングしました。

Img_0348
給食もいただきました。
サラダの中に、カリカリの油揚げが入っていて、
ものすごく美味しかった!
Img_0349
校長室でいただきました。

Img_0352

家庭科室で行われた「地域懇談会」。
道徳の授業の一環ということで、
「心の解放」という事にからめて、
それぞれ楽器のこと、
専門分野のお話をさせていただきました。

楽団「ぺとら」として、
初めての小学校公演。
4時間目 低学年、
5時間目 高学年、
放課後  地域懇談会。

時間割を知らせるチャイムで動く一日でした。

お招きいただきました新泉小学校の皆さんに感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリーザショコラ

100924のケーキは
これでした
929F536B-0BC9-4ACC-8146-382227C5DD3F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お月見とリトミック

火曜日
6658EAA4-C2E0-45DC-8315-88B0D9B67F6A
DBA3DCE2-5F8B-406A-9984-269234A2E652
お月見がありました
手づくりのお団子も食べました
水曜日
8E253807-C0DF-436F-8010-121B665BD4D3
未就園児リトミック

たくさんのご来場ありがとうございました

手づくり教材のこと
楽器との出会いの考えるも
私なりの話をさせていただきました

この日はこんなに暑かったのに
なんで
今日はこんなに寒いのか!

( ? _ ? )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋祭り報告2010

Cimg1497_2
3連休は、そこかしこで「秋祭り」が行われていて賑やかでしたね。
「ぺとら」として2日間、4公演をさせていただいてきました。
パーカッションのつるさん、わたし、そして、「きんど〜」さんの代わりに「ガドガド」から達っちゃんが参加してくれました。まり先生も、かつて若かりし頃、「こどもの城」の音楽ロビーでアルバイトをしていた事があるのですが、「つるさん」「達っちゃん」は、それぞれ「ガドガド」以外でも、「ジェンベ講座」や「ガムラン講座」などでいろんな関わりを現在でも持っている「こどもの城」のプロフェッショナルでもあるのです。

なので、スタッフの方々とも気さくに会話をしつつ、和気あいあいな雰囲気でリハーサルをしていると・・・。

「ぺ・と・ら!  ぺ・と・ら!」
と、ファンコールを贈ってくれている怪しい青年発見!

「ガドガド」のマーボ君でした。
今日は、「サンバ講座」の先生の日だったんですね。


Cimg1498_3
嬉しい共演は、あこがれの女性。腹話術師の「ぴっころecco」師範代です。
こんな大人の女性になりたいのです。
芸もすばらしかった。
お話させてもらって、楽屋をみせていただいて。
おみやげもいただいてしまった。
こんな気遣いも・・・。涙でした。

Cimg1549

このお祭りにお招きいただくは、2回目なので、
曲もこの場に合わせたものをいくつか新調しました。

Dsc_2270
つるさんも、こうゆう賑やかな場では、演奏中にも笑顔がこぼれます。

Dsc_2296
すっごい数のお客様でした。

Dsc_2316

今年はね。
私は本当は、幼稚園の先生なんですよ、って、あえてカミングアウトしないで、
曲の間は、「達っちゃん」が大好きな鉄道や星の観察の話なんかをしてくれたり、
つるさんが「ウソこ話」をしたりしてました。

あ〜。ホントは数が3までしか数えられない、とか。
人間になる前は、妖怪だったとか。
原始時代から生きているとか。

お客様もがんばっていました。

「素朴な疑問」という歌では、
お客様から募集をしたんですよ。

そしたら、
「もったいないのもったいって、何なんだろ?」
とか。
「宇宙ロケットは、どうして火をふくのか?熱くないのか?」
とか。

もう、前の人のを歌っている時から手をあげて待ってる子もいた。

楽しいなぁ。
こうゆうの。

幼稚園を出て、
いろんなコドモと出会うこと。

すごく自分の成長になります。

この歌は、まだ幼稚園ではやっていないの。
だって9月は、ずっと運動会対策だからね。
運動会終わったら、やろうね。


ぴっころさんをみていたら、
腹話術はできないけれど、人形の使い方は参考になりました。
目線が芝居をしているか?ここが肝なんだね。
だって、ちゃんと、目がお人形とあってるんだもの。
ドキドキするくらいでした。


そんなわけで、
明日は幼稚園はお月見ですよ。
手作りのお団子ですよ。

明後日、水曜日は、「未就園児リトミック」。
プレイバルーンもやります。
お楽しみに!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「こどもの城秋祭り」!

「こどもの城」秋祭りが、9/18.19の二日間、青山にある「こどもの城」にて開催されます。

そして、なんと!
17:00からは、入場無料!

通常の館内の「あそび場」は、17:30でクローズしますが、
秋祭り会場の屋台、模擬店に夕飯をすませがてら、
星空映画会を楽しまれるお客様でいっぱいになります。

「ぺとら」は、昨年に引き続き、
屋上の広場の開場のオープニングパレードから、参加します。
バグパイプの近藤治夫さんは、「万笛博覧会」に参加のため「ガドガド」から、「福澤達郎」さんに参加をしてもらって、「つる、まり、達っちゃん」の3人で務めます。

2:45 四階音楽ロビーからパレード出発します

ライブは、その後、3時と5時。
雨の場合は、地下ホールにて、別時間になります。

演奏曲目は、
1「サルサDEリズム会社員」
私たち「ぺとら+G」の3人が、「実は会社員で、コドモの調査をしている」という設定の歌です。

2「屋根裏マン」
私たちの代表曲ですね。今回は、つるさんが「ホーミー」に挑戦するかもです。喉の調子次第です。想像してみてください、「屋根裏マンvsホーミー」。

3「ナイナイ」
天才達っちゃんが「アフリカの親指ピアノ」の「カリンバ」で伴奏をしてくれます。何がすごいって、本来親指だけで演奏される楽器なのに、ピアノみたいに10本指で弾く奏法が独特です。目が離せません。

4「素朴な疑問」
打楽器だけの伴奏の曲。メンバーがボーカルをまわします。

5「長い髪のサーカス少女」
達っちゃんのピアノで、そこは「フランス」です。

6「原始人間G」
つるさんがメインボーカルです。
原始時代にもセレブがいて、石器を持っている。俺は、何も持っていないけれどがんばる!みたいな力強いジェンベの弾き語りです。


11/11に開催される次回の「小澤敏也night 」と、

12/4の「鷹の台すうぷ屋Hygge」での「ぺとら」のライブのフライヤーもお配りします。

青山、渋谷、表参道あたりに足をむけられそうな方は、
どうぞお待ちしておりま〜す[m:41]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガドガドと一緒「大人の城」LIVE

「大人の城」が終わりました。
楽しくて、楽しくて、お腹がよじれるほど笑ってしまった「ガドガド」の演奏。
もう、来年の5月「こどもの日」まで、観られないのだなぁ、と思うと寂しい。

一番笑ったのは、「おしゃべりしようよ」というお客様からお題を頂いて、そのコトバをボーカルのマーボ君が、
「いただきました~」
と、リズムにしやすいコトバに変換。
例えば、
「ハ~ルコさん、ウキウキ、お出かけ~~~♪」
とします。

すると、それをリレーで、
まずはアフリカのトーキングドラムを構えている「つるさん」が忠実にリズムのみを再現。
もちろん、完璧。

すると、間髪いれずに、ベースのマコトさんが、それをメロディにして再現。
ペダルとかも駆使してしまうから、エフェクト効果抜群。
まるで、テルミンのように完璧におしゃべり。

最後にピアノの達っちゃんが、それを芸術にする。
和音が入って、言葉がシンフォニーになってしまう。

あまりの芸術性の高さに大爆笑してしまう。
すごい、すごすぎる。
巨匠と呼ばれていました。


「ぺとら」の演奏も、後半戦は「達っちゃん」が加入してくれて、4人編成でした。
タイトル曲でもある「大人の城」での事。
実は、リハーサルで、私は歌いながら笑ってしまって、うまく歌えませんでした。

だって、
達っちゃんが、リハーサルの時には私の持っているありあわせの打楽器で合いの手を入れつつ、基本はガムランの手拍子を怪しく打っている、という状態だったのに・・・。

本番では、そのガムランのイメージにあわせて、ガムランの衣装を中途半端に(ベストと帽子のみ)着込んでいて、そんなビジュアルでもあるのに、なんとなく「レインボーマン」的な瞑想のポーズになっていて、それで持って、たくさん怪しい飛び道具みたいな鳴りものばっか絶妙なタイミングで鳴らすんですもの。

本番、どうしよう?と思ったら、
マーボ君がアドバイスをくれました。
「それが普通と思うこと」

そして、その通りに思った結果、
全然、普通に歌えました。

お客様は大爆笑でした。

そして、お子様たちは、
その様子をよ~く観たくて、
みんな真ん前に集合してくれました。


「ガドガド」の見せ場は、スプーン芸だけではなくて、
「おもちゃ箱のポルカ」という「ドレミ」だけを使って、フライパンや瓶などで「ドレミ」の音階をつくって、それを三人が分業して演奏するというものがあります。

セッティングがとても大変なので、リハーサルもめったにしません。
でも、専用の大きなカバンの中には、ちゃんと一つの忘れ物もなく詰まっていました。それをメンバーそれぞれが、自分の分を素早く並べてスタンバイ。

すごい!
ひとつのうっかりもない!

プロだなぁ。


お客様もね。
「コドモ心を持ったオトナの方」
と、いうふれこみだったからか、
なにげに「コドモ」のプロの方が多かった。

実は、「児童館」とか。
「なんとかのなんとか」とか。
もちろん、「こどもの城」からもたくさんの仲間が駆けつけてくれました。

「コドモのプロ」を前にして、
「コドモの日常を歌ったうた」を披露するのって、
とても緊張でした。


でも、
楽しかった。

全部、全部が楽しくて仕方がありませんでした。

また、来年、絶対にやろうね!
と、「ガドガド」さんたちと約束をしました。
なので、小澤敏也ナイト公式ブログには、
ちゃんと「大人の城メンバー」のリンクが残してあります。

また、いつでも集まれるようにね。


来週、18.19は、「こどもの城 秋祭り」にて、
ガドガドの二人、つるさんと達っちゃんと私で、
「ぺとらプラスG」として、ぺとらの曲を演奏します。

開場のお子様たちが参加しやすい曲を並べました。
どんなやりとりが生まれるか?楽しみです。

「ぺとら」結成前からお世話になっていた腹話術の「ぴっころECCO」さんも、出演されます。空き時間におしゃべりできたら、嬉しいです。


しかし・・・。
平日のライブは辛かった・・・。

普通に幼稚園で「2歳リトミック」をやり、暑いので水浴び、運動会練習、全部こなして保育時間全部いて、少しだけ早くあがらせてもらって直行。

有給休暇なんて、ないものねぇ。幼稚園はね。

045


049


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 8月のケーキ

D68E6564-D210-4742-96C6-D6A89B7EBD47
カステラ
もちろん手作り

マスカットとパインも
付きました

今月のお楽しみ

先生たち四人の組体操

身長差があると難儀なこと
子供の気持ちで理解しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でんでら

在園のお子様がいるご家庭では、「まり先生から『でんでら』の宿題がでたよ。」というお話を聞かれていると思われますが、運動会のおおよそのイメージは、この『でんでら』や、NHK教育テレビの「日本語であそぼう」の中の「おおたか静流」さんの作品を中心にイメージを固めているところです。

大きなテーマをことばにする事は、まだできていません。
う〜ん。
「コトバ遊び」
「日本語と動き」
「おもしろいコトバ」
そんなキーワードが浮かんできています。

でも、おおたかさんの声での即興の遊びのタイトルの、
「声のお絵描き」
「声のお絵描き」
というナイスなネーミングを目の前にすると、
なかなか今の自分の気持ちにぴったりなコトバが見つかりません。
もうちょっと、待っていてくださいね。

ダンサブルに幼稚園児をリズムにあわせて踊らせる事が日本一得意と自慢しているまり先生ですが、
コトバで身体を動かすことって、そういえば、
今まで一度もやった事がありませんでした。

リトミックと同じ、20世紀初めの自由なムーブメントの中で生まれた「オルフ」のシュタイナーの中に「オイリュトミー」という舞踊のようなものがあって、その中で「コトバ」を動くというのを観た事があります。
テレビの「にほんごであそぼう」は、今まで盲点でした。
だって、私が幼稚園で労働していたり、帰宅しても宿題をみていたり、夕飯をこしらえたりと自宅にいても一番イライラする時間帯に放送しているんだもの!
チラっと観て、「小錦さんのダイエット」や、「子役の子、大きくなってるなぁ。」くらいの着眼点でした。

それが、
「おおたか静流」さんの生の歌声をほとんどマイクを通さずに生で聴いて、
それを聴いて涙ぐむ人の中にいて、
スタッフとして関わっていたために、舞台裏までご一緒させていただいて、
そのオーラが私に残っている間に、園児たちに配って共有したかったのです。

もう、おおたかさんにも報告してしまいましたからね。
運動会は、がんばって、ガツンとメッセージを持った「劇団 うちの幼稚園」みたいな表現をしてみたいです。

在園の方には、お知らせしましたが、近々に、その「衣装についての秘密作戦」を、ママたちと相談する場を設けたいと思っています。

ママさんたち、どうか、母の発想でお助けくださいませ。

今のところ決まっているのは、
「入場門、退場門」を「でんでら」に因んで「龍の門」とする。
「でんでらりゅうば」は、NHKオリジナルの振付けの中の「でんでら隊」と「龍のチビッコ」のを混ぜたものを練習中。
だって、この龍のチビッコがDVDででてくるのをものすごく楽しみにしているんだもの。
最高にウケています。ここだけ大爆笑です。
「銀の滴〜ピリカチカッポ〜」
アイヌの歌。これを鳥のイメージで振付けました。お尻を振るところだけ、おおたかさんのLIVEで、おおたかさんご自身が踊られているのと同じです。

このあと、まだまだふくらませていくつもりです。

年長の組体操の入場も、これに関連づけたいですね。
すでにフィナーレは、今までにない感じのワッショイ和風、今年の男組みたいなカラーにあわせた演出にしています。

「私と小鳥と鈴と」の「みんなちがって、みんないい」というフレーズも気になっています。
これは、おゆうぎ会で年長さんの合唱にとっておこうかな?
楽譜が手に入るといいんだけれど。
だって、今年の年長さんにぴったりだよね。
「みんな ちがって みんな いい」
きっと、みんな、そう思っているんだろうな。そうゆう顔、いつもしているものね。

そんなわけで、
今、幼稚園に遊びにくると、
毎日2回は、「でんでら」が聴こえてくるというお話でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よーいドン

C4E766C1-27D5-4575-8643-9E6ACBD982FA
かけっこの順位をとって
リレーの走る順番を決めるところです
あー良かった

新幹線の靴履いてきて

9FD60A5C-6BF2-494A-8C49-3D116F5FACDB


ほんとに
良かったねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ぺとら」とワークショップの今後の予定

秋にはちっともなっていないけれど、もう9月になりましたねぇ。
幼稚園も始業をして、ホントに暑いなか、がんばっています。
主任のウミコ先生が、自宅から牛乳パックで氷をつくってきてくれて、バケツにおいておいてくれました。
涼をとる方法って、いろいろ工夫すればもっとあるのかなぁ?
次は風鈴、つくろうか?
秋だけど・・・。


そうそう、今日の2時からの「ゆっくりタイム」には、運動会でやろっかな?と思っている「でんでら」の練習をしましたよ。とっておきの方法をゲットしたので、きっと、今頃、みんな宿題の練習をやっているころかなぁ〜〜。


さて、在園以外の方むけに、少しだけご報告をお許しください。


音楽活動、外部のワークショップの活動をまとめました。
クローズドのものも多いけれど、「ぺとら」としての大仕事もあります!

9月には、
「大人の城」と、「こどもの城あきまつり」があります。ガドガドも出演する「大人の城」は、残席はわずか。「秋祭り」は、ご予約不要で、「こどもの城」の入館料のみでお楽しみいただけます。模擬店も、夜には野外映画もあります。

11月のジングルジムの浅草パレードもぜひ、今から予定に入れておいてくださいね。夏休みに「紙芝居ing 」の仲間と、「ササクサス」の関係者とロケハンした企画が実りました。「アサクサバツカーダ」のリズムで、みんなでパレードしよう!只今、参加してくださるミュージシャン、一緒に歩いてくれるお子様を大募集中です!うちの幼稚園のみんなが浅草観光のついでにきてくれると嬉しいな。
街頭紙芝居か、何か、お楽しみを只今、企画中です。

楽団「ぺとら」
きんど~(欧州古楽器、バグパイプ 近藤治夫
つる(パンデイロ ビリンバウ per 小澤敏也
まりりん(ピアノ うた 語り 踊り)


9/10(金)
小澤敏也night vol.1オトナの城 」
~コドモ心を持った大人のアナタに~
下北沢cco
http://www.club251.co.jp/cco/
open 19:00 start 20:00
チャージ \2500+オーダー\1000残席わずか。
出演 ぺとら(まりりん、きんど~、つる)

9/18,19(土、日)
「青山こどもの城 秋祭り」
 ふしぎケ丘野外特設ステージ
 模擬店あり
http://www.kodomono-shiro.jp/info/whatsnew/156.html
両日とも3:00~,5:00~各30分くらいのステージ 
出演 ぺとら(まりりん&つる )
ゲスト 福澤達郎(ガドガド)

9/25(土)
クローズド 都内小学校 演奏会公演&学校公開地域交流会講演 ぺとら

10/24(日)
BOSSA AOYAMA ブラジリアンパーカッションWS (小澤敏也 アシスタントまりりん)
オープンイベントなので、予約をした方が受講可能。
街中を巡るスタンプラリーのようなものには、予約不要。多数のお子様参加あり。

11/7(日)
「ジングル・ジムと愉快な仲間たちと浅草パレード」
浅草界隈 午後2ステージ 詳細後日公表
出演 ジングル・ジム
   ぺとら(まりりん)
   紙芝居ingの愉快な仲間たち
   ササクサス(東京芸大)
どなたでも、一緒にパレードに参加する事ができます。

11/11(木)
「小澤敏也night vol.2「ブラジルの城」(仮)
下北沢「440」
http://www.club251.co.jp/440/
出演
KING=4P
・佐野 篤 ・佐野 聡 ・津田悠佑 
・小澤敏也

武石由起子&小澤敏也
パンデイロ・チーム JINGLE GYM

Navigation Act
ぺとら(つる&まり)

12/1 (水)
クローズド 市内小学校学年レク ブラジリアンパーカッションWS(つる&まり)


12/4(土)
「ぺとら ワンマン 2部構成でDON!」(仮)
鷹の台すうぷ屋HYGGE  
http://www.soup-hygge.com/
午後 詳細未定
ぺとら(まり、きんど~、つる)

1/12(水)
クローズド 都内中学校教職員研修会 リトミックWS(まり&つる)

3/27(日)
チャイルドマインダープレンゼンツ「when are you smiling!」
「ぺとら ワンマン」
下北沢440
http://www.club251.co.jp/440/
1:00~
ぺとら(きんど~、まり、つる)
***********************
以上、ここまで決定しています。
夏休み中に、ほとんどの企画の打ち合わせをすませております。

こどもたちに良い報告ができるよう、
こどもたちにとっての「世界の窓」の役割ができるように、
しっかりと社会人活動もやっていきたいと思っております。
応援をよろしくおねがいいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »