« 「こどもの城秋祭り」! | トップページ | お月見とリトミック »

秋祭り報告2010

Cimg1497_2
3連休は、そこかしこで「秋祭り」が行われていて賑やかでしたね。
「ぺとら」として2日間、4公演をさせていただいてきました。
パーカッションのつるさん、わたし、そして、「きんど〜」さんの代わりに「ガドガド」から達っちゃんが参加してくれました。まり先生も、かつて若かりし頃、「こどもの城」の音楽ロビーでアルバイトをしていた事があるのですが、「つるさん」「達っちゃん」は、それぞれ「ガドガド」以外でも、「ジェンベ講座」や「ガムラン講座」などでいろんな関わりを現在でも持っている「こどもの城」のプロフェッショナルでもあるのです。

なので、スタッフの方々とも気さくに会話をしつつ、和気あいあいな雰囲気でリハーサルをしていると・・・。

「ぺ・と・ら!  ぺ・と・ら!」
と、ファンコールを贈ってくれている怪しい青年発見!

「ガドガド」のマーボ君でした。
今日は、「サンバ講座」の先生の日だったんですね。


Cimg1498_3
嬉しい共演は、あこがれの女性。腹話術師の「ぴっころecco」師範代です。
こんな大人の女性になりたいのです。
芸もすばらしかった。
お話させてもらって、楽屋をみせていただいて。
おみやげもいただいてしまった。
こんな気遣いも・・・。涙でした。

Cimg1549

このお祭りにお招きいただくは、2回目なので、
曲もこの場に合わせたものをいくつか新調しました。

Dsc_2270
つるさんも、こうゆう賑やかな場では、演奏中にも笑顔がこぼれます。

Dsc_2296
すっごい数のお客様でした。

Dsc_2316

今年はね。
私は本当は、幼稚園の先生なんですよ、って、あえてカミングアウトしないで、
曲の間は、「達っちゃん」が大好きな鉄道や星の観察の話なんかをしてくれたり、
つるさんが「ウソこ話」をしたりしてました。

あ〜。ホントは数が3までしか数えられない、とか。
人間になる前は、妖怪だったとか。
原始時代から生きているとか。

お客様もがんばっていました。

「素朴な疑問」という歌では、
お客様から募集をしたんですよ。

そしたら、
「もったいないのもったいって、何なんだろ?」
とか。
「宇宙ロケットは、どうして火をふくのか?熱くないのか?」
とか。

もう、前の人のを歌っている時から手をあげて待ってる子もいた。

楽しいなぁ。
こうゆうの。

幼稚園を出て、
いろんなコドモと出会うこと。

すごく自分の成長になります。

この歌は、まだ幼稚園ではやっていないの。
だって9月は、ずっと運動会対策だからね。
運動会終わったら、やろうね。


ぴっころさんをみていたら、
腹話術はできないけれど、人形の使い方は参考になりました。
目線が芝居をしているか?ここが肝なんだね。
だって、ちゃんと、目がお人形とあってるんだもの。
ドキドキするくらいでした。


そんなわけで、
明日は幼稚園はお月見ですよ。
手作りのお団子ですよ。

明後日、水曜日は、「未就園児リトミック」。
プレイバルーンもやります。
お楽しみに!


|

« 「こどもの城秋祭り」! | トップページ | お月見とリトミック »

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋祭り報告2010:

« 「こどもの城秋祭り」! | トップページ | お月見とリトミック »