« お泊まり保育10その1 | トップページ | 紙芝居ing#2 »

お泊まり保育10その2

お泊まり保育の追記です。

その後、だんだんとこどもたちが起きてきました。
私はウリ先生と同室だったのですが、私が早朝四時半に寝ている姿を撮影するために動き回ったところで、ウリ先生は目が覚めて、もうそのまま起きていたそうです。
そして、私はその撮影で、一人、園児も起こしてしまっていた事が発覚!
そのまま寝た振りをしていてくれていたとの事でした〜。

そんな報告を口々にしながら、荷物整理。ここから、8時の朝食までが一番長いんです。
時間はたっぷりあるんだから、この間にトイレの大事な用事を済ませてほしいというのは、
大人の勝手ですね。
みんなは、食べないと出ないような様子でした。

8時近くになると、他の団体、ほら、昨日ニアミスをしていたブラスバンド部の皆さんもこぞってレストランに集合です。
実は、昨日、迷子になった年少さんくらいのお子さんとも、みんなは知り合いになったのですが、その子もいました。みんな、目で合図してきます。

うちの子たちは、皆さんが並んでいるのに、レストランの開門の鉄格子にかぶりつきになってしまいました。8時同時に、門があいたのですが、ここで、後からきた我々がちびっこだからと先ばしってはマナー違反になりますよね。
「お先にどうぞ」
を、みんなで言うと、
「可愛い〜〜〜」
と、大評判でした。

朝食は、ロールパン2個に、中にはさめるようにウィンナーやサラダ、卵が別皿でつくものです。
ロールパンを自分で割るというのが、ちょっと高いハードルだったみたいですね。
でも、がんばりました。

朝食後は、歯磨きタイム。
例年なら、食事の時間に幅があるために、歯磨きはそんなに混まないのですが、今年は食事が早い、ここで時間が巻いてしまいました。

少し早いのですが、次の館内ラリーは、工房がオープンする10時前、いえご来場の皆さんの行列の前に済ませなければ迷惑になるために、このまま9時にはチェックアウトしました。

自分たちの使った部屋を片付けて、自分でリュックをしょって、バスに積むところまでします。
水分補給は最後までするので、カラビナにつけたコップと手ふきタオルだけを持っています。

自分たちで言うのも何ですが、うちはなんて合理的な行動ができる子たちなのでしょう。自画自賛です。こどもたちも、タオルを持たせた時点で、「次はそろそろトイレか?」
と思えるところが素晴らしい!

館内ラリーは、3ケ所にちらばった先生を見つけて、じゃんけんをしてシールをもらうというものです。まだ空いている館内を、みんな力一杯歩いています。汗だらけです。先生達も、みんなに見つからないように、いろんなところに潜んでいたので、撮影係の私も見つけられずに、こっそりとコンプリートしたこどもにききました。

「ウミコ先生はどこにいた?」
「教えられない。ウキコ先生に教えちゃだめだと言われたから」

負けずに、
先生にはいいでしょ!と、無理に聞き出して、
ようやく私も全チェックポイントをクリアしました。
(これも、みんながパワー全開ですごく早く終わってしまい。時間的には早めの出発となってしまいました。連絡網で対応してお迎えの時間を早めてくださった保護者の皆さん、ご協力ありがとうございました。)

川へむかう、川から帰るの100段階段の谷。
チェックポイントの階段の上がり下り。

本当に足を使えるのがお泊まり保育です。

お泊まり保育を園で行うという意見もありましたが、
今回は、保護者と相談の結果、何回かお世話になっている実績のあるここ、
「藤野芸術の家」で実施しました。

建築の面白さというか、建物自体が、迷路のようで縦の空間、吹き抜け、
ここにいるだけでワクワクするばかりか、
年長さんくらいだと、一日いると、頭の中で地図がかけるくらいの認知ができます。

新しい場所を脳にマークする。
そこで、自分たちが一日すごすイメージをつくる。

工房体験、
川あそび。

快適な冷房。
洋式トイレ。
清潔な怖くないお風呂。

細かいリクエストを受け入れてくれるレストラン。

そして、何よりも、
「ちょっとやっぱりお家に帰る」
とは言えない距離感。
「ちょっと、様子をみてみようか?」
と、ご家族も思えない距離感が大切です。

藤野には、芸術家が多く集って暮らし、パワースポットでもあると聞きました。

「今日は、楽しいなぁ。」
「最高だなぁ。」
と、何回も繰り返し言ってくれた子もいました。

一生に一度の「はじめてのお泊まり体験」。

そうゆう大切な時間に、今年もまた立ち会えた事を誇りに思います。


2010年7月22日 お泊まり保育、解散から5時間後、自宅にて。Cimg1215


|

« お泊まり保育10その1 | トップページ | 紙芝居ing#2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お泊まり保育10その2:

« お泊まり保育10その1 | トップページ | 紙芝居ing#2 »