« ガドガド「マーボ君LIVE 」 | トップページ | 遠足2010 »

遠足の練習、練習。

明日は遠足なんですよ。

入園して間もない新入園児も、この日を迎えるためにたくさ~んのプラクティスをこなしてきました。

まず、「背の順」の練習!
身体測定の結果であみだした背の順を覚えて、いつ何時もそのように並ぶ。
それは、それは血の滲むような努力をいたしました。

「集まれの練習」は、朝礼の後に、担任がわざとクラス園児の前を離れ、10メートルほど離れたところから、「集まれ!」を言って、集合させるものです。これも特訓しました。

「並んで歩く」
「手を繋いで歩く」
これは、近隣の「北町公園」まで遠征してまで、鍛えました。

どうしても手が繋げないお友達には、
まり先生の必殺技「ペットボトルの蓋」を手につかませて「落とさないゲーム」をして特訓。手の繋いだ経験の少ない子は、手の温もり温度が苦手なんですよね。これも慣れなので、特訓しました。

折しも、今年の「保護者会テーマ」が「手と手と手と手」で手を繋いでいきましょうというものなので、これはぜひともクリアしたものです。

それで、
本日は、まり先生担当の年少、年中のリトミックの中で、遠足への約束の総仕上げのようなものをもりこみつつやってみました。

「キーワード」は「みんな」です。
リトミックをしながら、ふいに、「みんな集まれ!」を言います。
これで、全員が集まれば合格!なのですが、
これに苦戦しました。

「ばら組さん」等のクラスの名前が自分の所属とやっと一致したところです。
この時期はまだ、「年少さん」という学年での呼びかけは理解できなのでしていません。
でも、遠足では、「みんな」という問いかけ、呼びかけも必要なので、「みんな」も練習をしてみようと軽い気持ちで臨んだところ。


年少さん、新入の年中さんでは、やはり「知らない人」がいました。
丁寧に、丁寧に説明をして、
もう1回、試してみると・・・。
今度はわからない子は6人に減りました。
もう1回は、ひとり、ひとり名前を呼んで教えます。

「リー君は、みんなの中のリー君だから、みんなっていったら、お友達がたくさんいるところにきてね。」
もう1回やったけれど、
最後までわからない人は2人いました。

15分もかかってしまいました。

今日のリトミックは、後半は、「お話ライブ」。
「ぺとら」で「きょん」さんに描いていただいた「マナ先生の幼稚園」、モジャモジャマンが手紙を配る物語です。
新入園児の方は、はじめて見るお話だったので、
衝撃の場面では、
「え~~~!」って、スゴいリアクションでした。


リトミック終了後、水入り。
トイレ休憩。
年長さんも混ざって、今度は「じゃんけん」の練習。

「かたつむりじゃんけん」で勝った人がつながるゲームもしました。


明日は遠足。


特訓の成果がうまくでるといいね。

|

« ガドガド「マーボ君LIVE 」 | トップページ | 遠足2010 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠足の練習、練習。:

« ガドガド「マーボ君LIVE 」 | トップページ | 遠足2010 »