« 修了式&謝恩会 | トップページ | NNE »

ぺとらの「when are you smiling! 」

昨日は、待ちに待った、私の主宰する楽団「ぺとら」が「when are you smiling! 」の企画の親子イベントにて「初ワンマン、初ライブハウスでの1時間ショー」を行わせていただきました。

http://www.youtube.com/watch?v=HuoRNwDuJlU

ヒネモスのお子様ナビゲーターとして、
息子を連れてお客さんとしても参加した事があるイベントなので、
初めてのメインなのになんだか落ち着いて演奏する事ができました。


嬉しいサプライズは、幼稚園の観劇に出演してくださった
ムンドノーボぽこブヨ~ダン」のGENKImuraさんが友人としてふらりとライブを聴きにきてくれたこと。

思わず客あげして、「知らないおじさんにはついていったらダメ」の曲を手伝っていただいちゃいました。
>ゲンさん
サンキュー&ごめんね~~。


いろんな楽器がでてくるのですが、
「ビリンバウ」も活躍です。
http://www.youtube.com/watch?v=TNrDbKWO7wk&feature=channel


それで、「ぺとら」らしくリトミックや身体をいっぱい使ったコーナーも充実させました。

http://www.youtube.com/watch?v=xkwouZUbNN0&feature=channel

もう音楽がすごい説得力でしょ。
おもわず、身体が動いてしまう音色とリズム。
近藤さんとつるさん、二人の音楽職人と、強引な幼稚園の先生、っていう感じがよ~くでてるね。(笑)

しかし、この子たち、とてもはじめて出会ったとは思えないくらい、「まり先生」の言う事聞いてくれる良い生徒でした。まだ歩けない子たちも、身体全体でリズムを感じてくれました。

夢として、
今回はまだ歩きがおぼつかなかった小さな子たちが、だんだんと参加していくうちに成長してきて、「やっと一緒に歩いてファランドールできました~」なんて、言ってくれるようになるまで、この会に参加し続けたいなぁ。

主宰のHIDEさんちのご長男は、4歳。
彼がこれから、年中さんのギャングエイジになって、
カブトムシや恐竜なんかの自然に興味が広がっていくようになったら、
持ち歌の「恐竜マニア」を歌って聴かせたい。

参加してくる子たちの成長を見守っていきたいなぁ、
だって、大きくなったら、楽器の興味の切り口、方向も変わるものね。

カーテンコール前に、一度舞台をはけた時に、小さい子たちが楽屋まで追いかけてきてくれて、「アンコール」を言ってくれたこと。
ジーン。
ジーン。

忘れましぇ~ん。

終演後、
楽屋を一人で片付けていたら、
男の子がひとりでやってきて、

「ハナクソ」
と、いいました。

ありがとう

4歳男子語では、「好きになった」という事だね。


まだハイハイのベビーちゃんたちも、
次々とママに抱っこされて、グリーティングにきてくれます。


「いつもはお昼寝の時間なんですけど、今日はがんばってます。」


ありがとう。
ママ語では、
我が子を尺度に、ものの感動を言ってくれるんだよね。
いつも観察している我が子が、ちゃんと反応を示しました、って事を、
ちゃんとお知らせしてもらえたので、
まり先生も、そのベビーちゃんの小さな手の体温で、
気持ちを受け取る事ができました。

帰りの電車では、爆睡だろうなぁ。
ママさん、重いだろうなぁ、の気持ちをこめて、
バイバイしました。

このイベントは、
「こどもが産まれてから自由にライブに行けなくなった」パパやママにとって、とても意味のある事だと思います。私も2児の母として、共感する事が多々あります。今後のご発展をお祈りいたします。


追記
子供達が列になって、手を繋いで歩くのは、中世の民衆の踊りで「ファランドール」というものがもととなっています。たまたま、昨日は、その「ファランドール」の専門家である服部雅好氏が、ご観覧されていたので、私に途中で合図をおくってくださいました。

「外!外、出よう!」って。
それで、ドアマンまで買ってでてくださったのです。

コドモたちにとって、小さい冒険という演出ができた事を、感謝いたします。

アーティスト服部さんのご感想として、
この子育て中のコミュニティの空間の事を、
「インドネシアのワヤンみたいだ。」
って、おっしゃっていました。

演奏中でも、パフォーマンス中でも、
自由に出入りして、
自由に語り、
自由なくつろいだ空間なんだ。
って。

コンサートは、お静かに!
とか、
未就学児の入場はお断り!
なんていうのがあるんだから、
こうゆう空間もちゃんとないとね。
なにせ、コドモたちは未来なのですから。


本ブログを通じて、
「未就園児リトミック」に参加してくださった小さなお友達が、
わざわざ遠くから足を運んでくださいました。
ご来場ありがとうございます。

園の外で、
「まり先生」とお声をかけていただけるのも大変嬉しいものですね。


|

« 修了式&謝恩会 | トップページ | NNE »

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

まり先生
440では楽しい時間をありがとうございました
ブログを通じて参加した小さなお友達ファミリーです。

初めて見るもの、聴くものに娘もたくさん刺激をもらい、家族で素敵な一日を過ごすことができました。

もっと歩けるようになったり、ジャンプできるようになったら、また違った楽しみ方ができると
今からワクワクしています

お仕事と家事も両立されて、更にぺとらの活動と
パワフルなまり先生。
私もパワーをもらいました!!

また会いに行きますね

投稿: sazae | 2010年4月 1日 (木) 07時12分

sazaeさん
ご来場ありがとうございました。
遠くからお越しいただいて、
お引っ越しをされてもリトミックを覚えていていただいて、
まり先生とまた呼んでくださって、
ありがとうございます。

家事は両立していませんよ。
中学生の娘が料理が好きで助かっています。

また、ぜひ、どこかで会いましょうね。
パパさんも協力的だぁ〜〜。

投稿: まり | 2010年4月 1日 (木) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぺとらの「when are you smiling! 」:

« 修了式&謝恩会 | トップページ | NNE »