« 「ル・ビレッジ ワークショップ」について | トップページ | キャンプに炬燵を持ってきたましたが何か? »

「インター ル・ヴィレッジ」まつり

保護者会で、「ル・ヴィレッジ」をどうしようか?と皆さんと投げかけた結果。
保育時間の枠をはずして、親子組で自由参加とする事になったこのワークショップ。
期待に満ちあふれた皆さんの熱い気持ちで、
きっと人生の中でも忘れられない瞬間だったと思います。
この活動の発表は、作品展の中でも設けようと思っています。お楽しみに。

最後に、「ワヤン・クリット」もつくりました。
時間無制限の形だったので、もう4時近く。夕暮れです。
スクリーンの前のぞうさんを前に、
もう1っこ、ここにも夕暮れがやってきたように思えてジンときてしまいました。

皆さんをおくって、片付けをして後、もう暖房も停まったホールにて、
エマさん、ベロニカさんとわたし。
なんだかこの場を去りがたくて、いろんな話をしました。

もう何回かご一緒しているのに、
初めてお聞きするようなプライベートなお話も飛び出て、
この日の共通の体験をした事が、
3つの国の3人を繋げてくれたんだなぁ。

この後、この活動は、
ワークショップに参加したしないに関わらず、
午後の自由工作の時間に引き継がれ、
作品展で発表されます。

乞うご期待!

Cimg9421
Cimg9426
Cimg9429
Cimg9433
Cimg9434
Cimg9435

|

« 「ル・ビレッジ ワークショップ」について | トップページ | キャンプに炬燵を持ってきたましたが何か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「インター ル・ヴィレッジ」まつり:

« 「ル・ビレッジ ワークショップ」について | トップページ | キャンプに炬燵を持ってきたましたが何か? »