« THIS IS IT | トップページ | 芋掘りとまつり »

暗闇のワヤンクリット

今日、11月1日は、毎年次年度入園者の面接、願書受付日のため、日曜だけれど休日出勤でした。
で、勤務終了後。
今、武蔵野美術大学大学院の国際交流イベントに参加するため、
息子パンダと小平中央公園にいきました。


いつも園で国際交流プログラムのファシリテーターをしてくれているイギリスのエマさん主催のイベント。タイのカォトゥさんもお手伝いにきていました。

最初は、うちの園でのワークショップの模様が映像で流れます。
「ソーラン節」も、「ヒネモス」の「インブルーム」のおゆうぎも流れました。

まわりのゲストの皆さんに、
まり先生も一生懸命説明をしました。

本当は、この前の時間に間に合えば音楽とのコラボだったんだって。
「楽器を持ってきてくださいね。」
というメールをもらっていたのに、願書受付で間に合いませんでした。

陽が落ちたので、
ワヤンクリットが始まります。
って、適当にこどもたちが動かしています。

カォトゥさんが、
「何かストーリーをつけて!」
というので即興で台詞をいいます。
なんだかいつの間にか、
「誰が偉いか争う、くじらと鮫とキッネ」という設定になり、
キツネは頭が良いので有利に立つみたいな内容になってました。

息子パンダと2人の男の子、この場で友達になりました。

私もかなり参加してしまった。
職業柄我慢できなかった!

ワヤンクリット、実はバリ島で観た事あるんだ。
皮でできたものをひとつまだ持っています。


最後に、お客様たちにごあいさつさせました。


おもいがけず、
楽しい宵でした。

エマさんのHP
http://www.inter-play.org
http://www.dis-locate.net


今日は、そこで幼稚園で造形を指導なさっているというアーティストの女性とお友達になりました。
私が「こどもの城」でお世話になったパーカッショニストの渡辺亮さんと武蔵美で同じ時を過ごされたという事で話がはずみました。

ムンぽこさんの事も知っていたしね。

そして、
私の幼稚園へついての質問とともに、
「まりさんの幼稚園で使っている曲は、どこ?」というお問いあわせに、
胸をはり、
ヒネモス!」
と、答えました。

エマさんの画廊での発表に、うちの園児たちが「ヒネモス」の「In bloom 」を踊っている映像が流れていて、心を打たれたそうでした。

嬉しい!

こうやって、
人間はいろんな人と繋がっていくのね。

そんな体験を我が子とともに暗闇の中でしてきたぞな。


そして、
暗闇の中。

ルンルンと手を繋いで帰りました。


雨はポツポツ降って来たけれど・・・。
心はポカポカ。
やっぱり人と繋がるって、温かいね。


今宵のこの温もり。
覚えていたい。
Cimg9270

|

« THIS IS IT | トップページ | 芋掘りとまつり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗闇のワヤンクリット:

« THIS IS IT | トップページ | 芋掘りとまつり »