« 芋掘りとまつり | トップページ | 君だけに »

11/5のインター

今日の焼き芋とインターのレポ。
年長さんがエマさんから託されたレンズ付きフィルムを真似て、未就園児のSちゃんが、おもちゃのカメラで撮影をしてくれました。きっと彼は、お兄ちゃんがカメラマンになっていろんなものをレポするのが羨ましかったんだねぇ。まり先生もウルっときてしまったよ。こうゆうのが成長のエネルギーになるんだね〜。

焼き芋もしました。
くべて、1時間後に焼き上がります。
じっくりです。

年中、少がインターのワークショップを体験しました。
中、少単体でははじめてなので、導入は念入りに、リトミックを取り入れて仲良くなるところからはじめました。
ひとりずつ、名前をジャンプして紹介。
ロシアのベロニカさんから、手にペインティングをしてのストップモーションアニメの説明があります。
まり先生のピアノにあわせて、「タコ」の手が動きました。

ゆり先生とユミコ先生の手にもペインティングがされました。
でも、ユミコ先生には、年少さんの小さな手でストップが。
きっと、
「せんせい、遠くにいっちゃう気がする」
という気持ちだったのね。

おくれて、インドネシアから、アンドレウがきました。
彼はファニー。
まり先生がバリ島で買ってきたインドネシアの楽器の「ジョゲットブンブン」「アンクルン」を使って自己紹介をしてくれました。

タイのカオトゥさんもいるので、4人の外国人がいる4つのテーブルでワークショップをすすめることになりました。
みんなアーティストでしょ。
それぞれ作風が違う。
これ、保育の世界だと入念に打ち合わせたり、他のテーブルと違うものができあがる事ってあんましないけれど、アートだからみんな勝手で良いのね。新鮮な体験。
で、まり先生&アンドレウのテーブル。
勝手に、色を手の平でミックスしてみる事になりました。
イエローとブルーをまぜるとグリーン。
なんだか「英語であそぼう」みたい。
アンドレウが、タコとかウサギの画も手の甲にも描いてくれました。
隣のエマさんのテーブルでは、絵の具を手の平でもんでハンドペインティングをしていました。

それぞれのテーブルで、手の絵の具のつき方も全部違う。

発表は、人形劇ステージにて。
2人ずつ。まり先生がピアノをつけました。
これがストップモーションの素材になるので、撮影チーム必死です。

ファニーアンドレウ。
また勝手な行動をしています。
手の平、2つをあわせて蝶を描いたみたいです。
「ユア ターン」
と促すと、ひらひらと飛ばせてくれました。

芋が焼けたので、ゲストの皆さんも一緒に食べました。

とても上手に食べるのは、ベロニカさん。
ロシアと日本。とても近いね。
特に彼女の出身のエカテリンブルクはアジアとヨーロッパの境目なので、とてもアジアっぽいところがときどき見つかります。

焼き芋後は、
年長さんが前回作成したアニメの発表でした。
タイのこどもたちがアンサーのように続きをつけてくれた作品。
とても良かったです。

そして、4回のワークショップをともに過ごしたタイのカオトゥさんが、いよいよもうすぐ帰国となり、フェアウェルセレモニーをしました。

折り紙のプレゼントを年長さんがみんなで渡しました。

「サヨナラ」
と、言ってくれたね。思いでだね。

感動的な別れの後。

「I also last day.」
と、アンドレウがぼそっと。

最初に言ってよ!
と、心でつっこむまり先生なのでした。

Cimg9279
Cimg9280
Cimg9288
Cimg9290
Cimg9291
Cimg9292
Cimg9293
Cimg9297
Cimg9303
Cimg9305
Cimg9307
Cimg9310
Cimg9308
Cimg9312

|

« 芋掘りとまつり | トップページ | 君だけに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/5のインター:

« 芋掘りとまつり | トップページ | 君だけに »