« ぺとら「マナ先生」の連絡網 | トップページ | ぺとら「太鼓がいっぱい造形派ライブ」のご報告 »

7/3の未リトミ

本日も未就園児リトミックが行われました。
16組の参加がありました。ありがとうございます。
まずは楽器で「ポニョ」を合奏。
この活動で、はじめて参加のお友達もだんだんと心が解放されてくる大事な活動ですね。
そして、楽器を持ったまま、いろんなステップに入ります。
ここで、もしかしたら皆さんは疑問に思っているかもしれません。
「どうして?まりせんせいは、楽器を返却するタイミングを言うときと言わないときがあるの?」
それは、ときどきは忘れているからですが、
最初の活動で、まだみんなの身体があったまっていないな、と感じているような時には、あえて返却は指示していません。
手に持っているのがじゃまになったら返してね、くらいでいいと思っています。
もちろん、園児たちの活動は律していますよ。
でもね。
2歳の幼稚園の外から来た人の身になってみるとね。
楽器を選ぶのにも一生懸命でやっとゲットしたものをね、
すぐに次の活動になったから返すのなんて、ちょっと淋しいですよね。
お気に入りのぬいぐるみのように、ほんの少しだけこわきに抱えてもらっても良いのでは?なんて、思ってその姿を楽しんで眺めているんですよ。

その後は、ホースのフープ。いつも使ってますが、本物の水道のホースでできています。
そして、パネルシアターは「カレーライス」のうた。
参加してくれたお友達、ありがとう。
後で、ご家庭で、「こんな歌、リトミックでやったね。」
と、後で思い出してくれたら嬉しいです。
自分に役割がある、しかもこんなに人数の多い中でという体験の獲得が目的です。全員が参加できなくてごめんなさいね。

「おせんべい王国の人」は、すっかり定番になりました。その後、「しまうまぐるぐる」。
フォトセッションがあって、告知コーナー。うちの幼稚園の劇団「げきっちゃお」のママから、わたくし「まりせんせい」の「おとなリトミック」の告知をしていただきました。

そして、今度の日曜日の「ぺとら」の演目から、「あなたのお名前は?」の歌遊びをしました。
お友達の名前の由来や、チャームポイントを即席で歌にする即席芸です。
「大きな海のような広い心を持った子になるという字、黒目がとってもおおきな素敵な子、素敵なお名前ね。」
という幹事です。
ずっと、昔に園でもお誕生会に「ゴダイゴ」のビューティフルネームを毎回歌っていた事がありました。名前の無い子はいないですよね。みんな名付けた時に愛がこもっている。たとえ、字画できめたにしても歌にはなります。
「幸せかならずやってくる 完璧な字画が招きねこ、あら素敵なお名前ね。」

ちなみに、私の実家はクリスチャンなので、聖母マリアに因んでつけられた普通の名前です。
丙午の歳には、けっこうよくある名前なので、音大の付属高校の全学年80名のうち、なんと5名も「まり」みたいな名前がいたのですよ。「まりちゃん」「まりっぺ」「まりこ」いろんな呼び分けで、私は呼び捨てでした。高校までは呼び捨て。
大学からは、20代前半まではみ〜んな「まりちゃん」。
今はさすがに「まりさん」ですね。娘にも「ママ」ではなく、「まりさん」と言われてます。

脱線しました。
自分を呼んでくれる人がいる。それって素晴らしいじゃないですか!
だから、歌にしたんですよ。

次回の小さい子リトミックは、9/11(金)と、9/30(水)ですね。
ご来場、お待ちしております。
Cimg7934

|

« ぺとら「マナ先生」の連絡網 | トップページ | ぺとら「太鼓がいっぱい造形派ライブ」のご報告 »

リトミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/3の未リトミ:

« ぺとら「マナ先生」の連絡網 | トップページ | ぺとら「太鼓がいっぱい造形派ライブ」のご報告 »