« 0904のケーキとこいのぼり | トップページ | 5月3日のぺとら&天野耕太 大道芸ライブ »

世田谷ものづくり学校with ヒネモス

昨日は「世田谷ものづくり学校」(IID)に、「こどもを動かすプロ」としてイベントのお手伝いをさせていただいていました。
IID GREEN DAY
みどりを愛で、楽しみ、学ぶ
みどりと共に生きるライフスタイル
みどりとものづくりの幸せな関係

この大きなイベントは、例えば公園の中に巨大なハンモックがあったり、
廃材をつかって鳥笛などの工作をしたり、
濃い牛乳をシェイクしてバターをつくったりと、いろんなワークショップがありました。
ここは、もともと廃校になった学校にいろんな会社やテナント、芸術家たちが長屋をつくっていて、
教室を残した部分では色んな講座があったりする面白いところです。
職員の方ともまた新たなつながりが持てたので、また今度は子連れでワークショップに参加してみたいと思いました。
ここのスタッフの方に「まりせんせいの幼稚園からきた」というと、もしかしたら通じるかもしれないです。

それはそうと、
きのうの私の役割は、
昨年の観劇でご招待した「大人になったコドモの鼓笛隊」のヒネモスさんが公園や校舎をパレードするのに同行してこどもたちを誘導したり、
ヒネモスさんのライブにこどもの参加コーナーを設けたり、お子様むけの前説をしたりしたのですが、
一番特殊だったのは、なんといっても「バター作り体験」のワークショップにヒネモスさんたちと乱入して
バターの撹拌を音楽でジャックしたことです。
きっと、もう一生こんな機会はないと思います。かなりレアな体験でした。

園に観劇でお招きした時には、ヒネモスさんの大ファンとして園児に紹介したくて、というファンとしてのつながりだったのですが、今回、メンバーの皆さんの大きな心で朝から晩まで「プロのコドモ師」として一緒の時を過ごさせていただき、女子楽屋では、ガールズトークに花を咲かせ、彼らの人間的に素晴らしい一面にも触れる事ができました。こんな言い方は失礼かもしれませんが、メンバーのひとりひとりが見事にバラバラで、それぞれがきちんと自分の意見を主張する。そうゆう大所帯の11名って、いいなぁ、と思うのです。

ほら、会社とか仕事には上下とか営利関係とか、
こどもの学校の母の集まりだと、いろいろ気遣いとか、でしゃばってはいけないとか、
お客様に対しては営業上のいろんな力関係がありますよね。
でも、彼らは私よりはかなり年下とはいえ年齢的にはりっぱな大人でね。
それでいて、「コドモみたいなつながり」でお互いにつながっているのです。
「やぁ、キミ、いいねぇ。今度、一緒にやらない?」
「いいよぉ。」
「サンキュ!じゃあ、またね。」

そんな素敵な集合体なのに、
ノコギリストのお姉さんは自分たちを「ダメな大人」と言いました。

もちろん、平日は彼らはジャパニーズビジネスマンだったりする人もいるでしょ。
でも、音楽の前では「ダメな大人」のわがままでいいたい放題なんでしょね。

そんな彼らと一緒に一日「ダメな大人ごっこ」をして、
おおいにはしゃいでしまったまり先生のグリーンデーなのでした。

今日の年長さんのリトミックでは、
このイベントで仕入れたエコなネタの話をしたりしました。
年長さんのご家庭ではきっと、
「昨日、まり先生はエコの学校のヒネモスさんのお手伝いに行ってたんだって。」
って、報告があると思います。

夜のライブでは、一曲だけ「in bloom 」という曲で、「大人の人をコドモみたいに動かす」ことをやってみました。まり先生、専門はコドモですけどね。ちょっぴりお酒の入った大人と、外人もイケる事がわかりました。ちょっと、嬉しい。

Cimg7379
Cimg7402

Cimg7405

|

« 0904のケーキとこいのぼり | トップページ | 5月3日のぺとら&天野耕太 大道芸ライブ »

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷ものづくり学校with ヒネモス:

« 0904のケーキとこいのぼり | トップページ | 5月3日のぺとら&天野耕太 大道芸ライブ »