« 生まれたての赤ちゃん | トップページ | カンフー母さん »

最後のバス乗務

Cimg6791
幼稚園に入った22歳の時から、ずっとバス乗務がありました。

Cimg6795
先生なのに、自分がバス酔いをしてしまったり、
どうしもトイレに行きたくなって公園のトイレに寄ってもらったこともあることを白状します。
ボ○コ園です。

とうとう終わってしまったな。
まだびっくりしています。

|

« 生まれたての赤ちゃん | トップページ | カンフー母さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

長い間、お疲れ様でした。本当になくなってしまうのかと思うと、ちょっと淋しいです。
我が子はバスが好きでした。バスはちょっと特別な感じがして、3年間楽しんで乗っていました。
初めてバスに乗るときは、とっても緊張してニコリともせずに乗っていった姿を今でもはっきりと覚えています。
バスを待つ間も、寒くても早くから外に出て、影ふみやアルプス一万尺などをして楽しくすごしました。
バスが来たときに先生が手を振ってくださる姿や、ドアが開いたときのにこやかな先生の笑顔、明るく元気な先生、子どもたちの笑顔、忘れられません。
本当にバスだけでも様々な光景がよみがえってきます。
もう、走っているバスに手を振ることもないのかと思うと残念です。
バスは本当に楽しい思い出ですし、とても感謝しております。毎日毎日子どもたちを安全に送り届けてくださって、本当にありがとうございました。

投稿: chon-chon | 2009年3月16日 (月) 23時27分

chon-chonさん
バスはドアツードアで、確かに便利だけれども、園の様子が我が子の話やお母さん方のウワサだけしか情報がなくなりがちでいろんな誤解もうみやすかったのです。園でのお子さんの笑顔を見るときっと消えてしまう不安もあると思うで、これからは、全部のご家庭とディープにかかわっていく覚悟です。応援してくださってありがとうございます。

投稿: まり | 2009年3月17日 (火) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後のバス乗務:

« 生まれたての赤ちゃん | トップページ | カンフー母さん »