« 鬼の首をとられた! | トップページ | ずっコケストラ物語 »

雪の年長児リトミック参観

本日は、東京地方も雪景色。
それなのに、こんな足もとの悪い中、年長さんのお母さん、お父さん方、リトミック参観へのご来場をどうもありがとうございました。

今回は、この前ヒネモスさんたちと予行練習をした活動もあったので、こどもたちも余裕綽々!
と、思いきや???
意外とお母さんたちのテレてしまったようで、気がつくとホールの東半球に偏ってしまったりと可愛かったですね。

ソルフェージュでは、ピアニカの話もしました。幼稚園は小学校の予備校ではないという本園の考え方からピアニカはもちろん、平仮名ワークもしていないのですが、でも、畑の土を創る部分の作業はしてきたつもりです。音の階段をイメージすることで、ピアニカの種、どんとこい!です。

即時反応は、年中までの動物の模倣から、音の時価を現したものに変化しています。

母子で2人組で自転車や洗濯機をつくりました。もう片手でじゃんけんをしながら掃除機ができる体力があるのですね。びっくりです。

続いて、「鏡」の活動。これは、今まではコシミハルさんの「バイアオマンボ」という曲を使用していたのですが、今回はヒネモスの「長い夜」で鏡の中の不思議な世界を、「コレット」で躍動感のある動きにトライしてみました。ヒネモス。今が旬ですからね!

続いて「ユニゾン」。お母さんが同じ動きができる事にね。というのに、「側転」や「前転」がでてしまい、お母さん方はスリッパをとばしながら健闘してくださいました。逆に、子どもができない動きを考えたママもいました。

続いて、「プレイバルーン」。「ポリリズム」の繰り返す「円」「環」のイメージは、丸いプレイバルーンに似ています。今日も大きな風船、ふくらみました。

ラストはエグザイル「スーパーシャイン」です。この曲は本当に今年のさくらさんらしい曲です。自分らしいイニシャルも本当に個性がでていました。

懇談も含めて、もはやもう懐かしいなぁ、と思えるお母さんメンバーの皆さんとの3年が終わってしまうんだなぁ、としみじみでした。

本当にありがとうございました!


真理先生、今日のこの2本で今年度のリトミック納めでございました。

20年度も未就園児、園児ともリトミックを応援していただいてありがとうございました。

|

« 鬼の首をとられた! | トップページ | ずっコケストラ物語 »

リトミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の年長児リトミック参観:

« 鬼の首をとられた! | トップページ | ずっコケストラ物語 »