« ヒネモスがくるモス | トップページ | ヒネモスと遊ぼう! »

ヒネモス@幼稚園

今日は待ちに待った「ヒネモスwith天野耕太」さんの来園公演でした。
昨日の「お楽しみ集会」では、ヒネモスさんのヒットナンバーの「ピクニック」を全
園児で練習しました。耳に馴染みやすいこの曲で、こどもたちはすぐに替え歌をつくって遊んでいました。お帰りの時には当然、
「おかえりでリュックしょって タラララ〜♪」
となり、ついには続けて連歌のようになり、
「ドア あけたら 躓いて タラララ〜♪」
「ハルヤ君に 躓いて タラララ〜♪」
と、歌って返しているくらいでした。

そんなわけで、朝からワクワク。

今回の出し物のテーマは、「バベルの塔」で、違う言語による混乱がとりあげられており、我が園で今、一番馴染みのあるスペイン語が特別バージョンで盛り込まれているので、朝一番にスペイン語教室が開催されました。もちろん講師は、ペルーからきている 園児のG君のご両親です。本職が教師ということで、とても丁寧な発音のレッスンをしていただきました。

Cimg6467
段取り上、ちょうど「アラフィエスタ!」という劇中で使うことばを練習すると、パレードがはじまることになっており、こどもたちが熱心にスペイン語を発しているときにバンドのメンバーは見えないようにスタンバイ。
こどもたちには、
「あれっ?何処かから愉快な音楽が聴こえるぞ!ついていってみよう!」という演出なのです。

Cimg6475
マーチのリズムにあわせて、タッタとみんなも入場。
演目が始まりました。

Cimg6477

ヒネモスさんのいわば持ちネタのこの作品。毎回、その場所を管理するような立場にいる人にまわってくるお役目があります。ロバハウスでは、「ロバの音楽座」のリーダーのガリュウさんが、そうされたように、幼稚園では、真理先生がこのお役目を仰せつかりました。

要するに、音楽ホールなんて勝手に建てちゃだめ!とストップをかけて、更にいじわるなことに「みんなでバラバラの言葉を話しなさい!」と魔法のような命令を下すのです。

後で、進行役の髭男爵(出迎え役の園児君が命名したので、以後そう呼ばせていただきました。)さんが、「もう真理先生に絶対服従なんですね!」と感想をもらされていらっしゃいましたが、実は、
「ダメ〜!」と手でバツをする練習も昨日仕込みをしたのですよぉ。でも、それがまさかここでつながるとは、誰も知らないから、やっぱ私が本当に怖いみたいに見えてしまいましたね。


そんなこんなで進行しつつも、
曲芸の天野さんは、クラウンとして実にいろんなところに出没しています。

Cimg6481_2
Cimg6482

スペイン仕込みの曲芸は鮮やかでしたが、私は天野さんの無言劇(マイム)も大好きです。

Cimg6486
このローリング芸は国内ではやはりやる方が少ないそうで、落ちる時は一瞬という大変危険なものだそうです。

Cimg6495

ストーリーは進んで、いろんな言葉に分かれながらもいろんな国を旅をして、
ゾウさんなんかにも出会いつつ、怖い怖い真理先生の許しも得て?無事に音楽ホールは4階建てになりました。

Cimg6497
髭男爵も大技の見せ場です。

Cimg6501
フィナーレでは、何人もの園児が参加させてもらいました。

と、普通の幼稚園ならここまでですよね。

ウチには秘密のオプションがあったのです。
サプライズ!

Cimg6505
質問コーナーに名乗りをあげてくれたのは、ペルーパパさん。

メンバーの皆さんに自己紹介をかねた質問をしてくださり、それを曲芸の天野さんがスペイン語の同時通訳をしてくださいました。

せっかく「バベル」なので、言葉の混乱を再現しよう!という趣向なのです。次は英語、バイリンママの登場。そして、最後は「方言」で、「広島弁」の登場。

「ウチの幼稚園を見て、どう思うた?」
髭男爵は沖永良部島のご出身ということで、島ことばで。
天野さんはスペイン語と後から日本語で、
お二人とも素敵な言葉を幼稚園におくってくださいました。

質問をしてくださった方言ママさんは、
「ぶちうれしかった!」
と、感想を返してくれました。

すごいね。

これが「バベルの塔」なんだよね。

の、ハッピーエンドでした。
少しディープな自己紹介タイムという事で、実はメンバー同士でも知らない事があったみたいです。


そして、この後、フィエスタはまだまだ続きます。

続きはまた後で、夕飯の片付けをしてきますね。

Cimg6512

|

« ヒネモスがくるモス | トップページ | ヒネモスと遊ぼう! »

エンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒネモス@幼稚園:

« ヒネモスがくるモス | トップページ | ヒネモスと遊ぼう! »