« レトロ? | トップページ | 年長さんの皆さんへ »

おしるこパーティ

あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくおねがいいたします。

今日は、ホールで新年のあいさつをした後に、
各お部屋でおしるこを食べる「おしるこパーティ」をしました。

登園して、「おはよう」でも「おめでとう」でもなく、
「ラーメン食べるおおきなお椀を持って来た!」
と、言った子もいたくらい、
楽しみな子は盛り上がっていました。

お餅は、もちろん園でついた無添加のおもちです。
私はよくあまりをいただくのですが、これがすぐにカビがでてしまうくらい新鮮なものです。
小豆もとても良いものを使っているそうなので、とても贅沢なお汁粉なんですよ。

年長さんは、お汁粉の後に修了遠足の前の話をしました。

テーマはなんと!「ゲゲゲの鬼太郎」。
スケジュールで急遽、期間限定の3D映画(座席が動くアトラクション)が見られる事になったので、
「妖怪」について意見交換をしました。

怖がらせるための「お化け」ではなくて、「妖怪」には全部登場の理由もあるし、「だからものを大切にしよう」というメッセージがあるということをみんなで確認しました。

「あずきあらい」も小豆が一粒でも足りないと大騒ぎをします。だから、一粒も大事にしないといけない。

柿もとらないままで放っておくと、「たんころりん」になるという話は、意外と知っている子もいました。

どんな妖怪が映画に登場するのかは私も知らないのでとても楽しみです。


昨年の「お台場冒険王」では、ハチタマで、「ゲゲゲの鬼太郎」の360度スクリーン映画が上映されていました。これも環境をテーマにしたおもしろいものでしたよ。

そういえば、私の祖母がよく言っていたのは、
「ゲゲゲの鬼太郎を書いた人は、片手がないのに上手だね〜〜。」
で、よく耳に残っています。

あとから、「のんのんばあとオレ」がテレビドラマになったのを見たりして、ああ、なるほどと戦争との結びつきを知ったり、「戦争博物館」のイラストも電車の吊り広告でよくみかけますね。5歳くらいの子の手をひいて、重いリュックをしょって、前に赤ん坊をだいてと、すごく印象に残っている「ひきあげ者」のイラストです。

そんなわけで、年長さん。
こんどの日曜日には「ゲゲゲの鬼太郎」やってるかねぇ。先生も見てみようと思います。


今年もリトミックとまり先生をよろしくおねがいいたしますね。

|

« レトロ? | トップページ | 年長さんの皆さんへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!!

おしるこをみんなで食べている風景を想像したらちょっとおかしくて、プッと笑ってしまいました。

年長さんの卒園遠足は楽しそうですね。
娘も鬼太郎が大好きで、毎週テレビを見ています。

「今年の年長さんはね・・・」とうっかり話してしまうと、うらやましがられるので言わないでおいとこう・・・。

水木しげるさんは確かにすごい人ですね。65歳で霊のランクがひとつ上がったと感じて妖怪を伝える旅に出たそうです。

私達には想像つかない世界に住んでいる方なんだろうと思います。

投稿: yumita | 2009年1月 9日 (金) 23時18分

yumitaさん
今年もよろしくおねがいいたします。
みんな、おしるこはたくさん食べたみたいですよ。
私は、今度「調布」の「鬼太郎茶屋」にも行ってみたいと思いました。
理事長先生も「ゲゲゲの鬼太郎」には、いろいろ思いでがあるようで、
「ああ、カラーなのか!」
ですって!

投稿: まり | 2009年1月13日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おしるこパーティ:

« レトロ? | トップページ | 年長さんの皆さんへ »