« 神奈川県立清陵高校 リトミック | トップページ | 池谷幸雄 親子体操教室 »

未就園児リトミック11月

今日は、未就園児リトミックでした。
またまた、たくさんのご参加ありがとうございました。

この「未就園児リトミック」という名前も、どうにか考えないとですね。
「ぞうさんリトミック」とか、なんかそうゆう親しみ易いネーミングを募集中です。
とても好評なので、次年度は園のカリキュラムを組むところから日程を考慮して、もう少し回数を増やしたりできたら良いですね。
この活動を通して、リトミックや本園の雰囲気が伝えられたと思っています。

本日の活動を振り返ります。

まず、いつものように最初に楽器をひとつ選んでもらいます。
「パンダウサギコアラ」をやりました。

次に「みんなでごあいさつ」「はじめまして、私の名前は」を輪になってやりました。
「みんなでごあいさつ」は、「こどもの城」のオリジナルで、かつて、私もレギュラーだった場所です。

ステージに上がってもらう活動は、前回よりもたくさんの子が上がっていましたね。先生の言うとおりの活動を完璧にこなすというよりは、お母さんの真似をしながら、ちょっとママと離れた距離をがんばってみるという事の方が意味があると思います。その意味では、みんなはマルでしたね。
「大きな栗の木の下で」「お弁当箱のうた」をやりました。
音源は、「坂田おさむ」おにいさんの頃の「おかあさんといっしょ」です。おさむおにいさんは、本園でも公演をしてくださった事があるのですよ。まりせんせいは握手もしました。大ファンです。なので、ずっと「おさむおにいさん」ひとすじで、この音源を使っているわけなんです。

ここで、年長さんの「おゆうぎグループ」の皆さんがお手伝いにきてくれました。
最初は「エグザイル」のライブパフォーマンス。
うちのエグザイル、かっこ良かったですよね。これは、おゆうぎ会で本番をするお兄さんたちでした。

次は、年長さんも一緒に「ケルティックウーマン」の「ユーレイズミーアップ」を小さい皆さんも一緒に踊りました。大きいお兄さん、お姉さんと手を繋いだりすることも刺激になりますね。特に2歳前後だと、こどもの年齢に対する認識ができる頃なので、「大人じゃないお兄さん」という興味しんしんの眼差しでした。

最後はプレイバルーンを、「ポリリズム」でやりました。この活動は先日の高校リトミックでもやったばかりなので、私自身としても、いろんな年齢の人にこれをおろすことで、改めてリトミックのおもしろさを感じているところです。メリーゴーランドでは、泣いてしまう子もいましたね。かわいいね。

最後はお話2連発!

「おさるさんとおにぎり」のパネルシアター。

そして、まりせんせいスペシャルの「おもちゃ劇場」です。
たくさんの指人形などのおもちゃを使って、即興でするストーリーなのですが、
あらすじはないのです。
大事なのは、
こどもたちが知っているいろんなキャラクターが次々にでてくるところがミソなのです。
園でも、入園したての3歳児にこれはよくやるのですが、
みんなものすごいくいついてくれます。
クライマックスは、やっぱり「プリンセス」が全部でてくるところですよね。
これは、今はもう小六のうちの娘がコツコツと集めたものです。

「美女と野獣」や「ライオンキング」をフルセットで持ってるってすごいでしょ。
私の子育てをはじめた頃は、「クリストファーロビン」なんてフルネームを知りませんでしたけれど、
マニアックな娘が日に何度もビデオを繰り返しみるので、すっかり私も詳しくなってしまいました。
その日の気分によって、悪者キャラも「ガストン」(美女と野獣のベルの事が一方的に好きな嫌な男)とか、なぜかドラキュラとかもあって、台本もかかずにやるので1度きりのライブです。

そんなわけで、次回もおたのみに!

|

« 神奈川県立清陵高校 リトミック | トップページ | 池谷幸雄 親子体操教室 »

リトミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未就園児リトミック11月:

« 神奈川県立清陵高校 リトミック | トップページ | 池谷幸雄 親子体操教室 »