« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

テレビのお兄さん@幼稚園

全園児みんなで「あけび」を食べたとか、年長さんが稲刈りをして理事長先生が脱穀機をつくったとか、年長さんが里芋のこどもを食べたとか、そうゆうニュースもたくさんあるのですが、今日、幼稚園にいらしたお客様のニュースです。

TBS系の「さんまのからくりテレビ」という番組の中の取材で、園内を自由にいろんなこどもたちにインタビューをしてもらいました。
「熱中しているものはなんですか?」という質問は、現在放映を継続しているものなので、テレビをみて知っている子も何人かいて、あらかじめ答えを用意しているこどももいました。

でも、質問担当のディレクターさんは、プロ中のプロなので、
その先の「なんで?」や、そのまた先の「どうして?」もたくさん質問してきます。

おまけに、
「ここの角度だと、明るくないからね。」
とか、
「大爆笑いきましょう!」
とか、その質問の先にあるであろういろんな計画も想像できるような、
そうだな、まるで映画のシーンの一コマをつなげているようなインタビューの仕方をするのです。

おまけに、
飛行機がビューンと飛んで来て、うるさくなると、
「あ、ちょっと待ってね。今、飛行機待ちです。」
なんて、ストップがはいります。

テレビのお兄さんの目にとまった子や、自分からやりたい!と集まってきた子たちは、
きっとテレビのお仕事の世界をちょっと体験できたような、
一人前になったような、
そんな経験をできたと思います。

打ち合わせにはなかった先生たちへのインタビューもあったので、
せんせいたちはみんなドキドキでしたけど、
園児のみんながそばで手伝ってくれたので、
良い雰囲気でした。


Cimg5728

番組の性格上、採用されて放映されるかどうかはわかりませんが、
健闘を祈りたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

願書、説明会、リトミック講習会

今週は、15日水曜日が願書配布日、翌日の16日木曜日が新年度の入園説明会、最終日金曜は未就園児のリトミック講習会でした。年間の予定をたてていた時から覚悟はしていましたが、運動会モードから一騎にチェンジでちょっとめまぐるしかったです。
でも、これは大人の事情。
年長さんたちにとっては、この3つが関連づけられて、とってもわかりやすかったようです。

水曜日 説明会前日
ホールを説明会用にセッティングします。通常の大人用のパイプ椅子を並べるのではなく、子連れでいらっしゃるママにやさしい、絨毯のプレイコーナーを中心にすえたセッティングをしました。おもちゃは、わざわざ年長の部屋から、年長の使っているものを運びます。園児の少人数化に伴い、わが園のこだわりでもある木製のおままごと道具(寺内サダオ作)も含めて、空き教室にも予備があるのですが、ここで「自分たちのおもちゃを貸してあげる」という気持ちが、年長さんの奉仕の気持ちを刺激するのです。

木曜日 説明会当日
私が朝から、説明会の受付を設営していると、興味をもって近づいてきた子たちがいました。ちょうどいいので、2名の女子をまず受付嬢に指名。後から、男子1名にスリッパ係を頼みました。
その様子に興味をもった女子たち数人のうちに、下に兄弟のいる子たちには、「遊びのお相手係」を頼みました。

実はその後にも、情報が広まると希望者がやってきたのですが、お遊び相手の人数の方が多くなってもなんなので、丁重にお断りするほどでした。

みんなは、
「まりせんせいにたのまれた」と、誇らしげに良い仕事をしてくれました。
最終的にスリッパボーイは2人に増えていました。
これは、現場の判断で増員したらしいです。
スリッパボーイには、スリッパが足りなくなったら、倉庫で補充をする事も依頼していたので、きっと必要な状況がきたのでしょう。
なにせ、倉庫は一人でいくのは暗くて怖いものね。

金曜日 未就園児リトミック
昨日と同じく受け付けを設営していると、
「わたし、昨日、お手伝いしてなかったら、今日やってあげる。」
と、自ら名乗りでてくれた子がいました。

彼女の気持ちをくんで、受付の仕事をおねがいしました。
お金の受け渡しなどもあるので、決して責任が発生しないように配慮することも忘れません。
でも、小さい笑顔がそこにあること。
せんせいもこどもも一緒に運営している幼稚園。こどもは決してお客様ではない家族。
そういった思いは伝わるかもしれません。

その後、年長さん全員で、リトミック中に歌をご披露し、後半は小さいお友達の前でものすごく近い距離でエンターティメントをご披露しました。

この時の年長さんの顔。
すっごく良かった!

実はここのねらいは、新しい教育要領で「外部とのふれあい」というのが新しく入ってきたので、ちょっと試してみたかったのです。

こどもだと、どうしても「してもらう」ことが多い生活ですけど、こうゆうギフトの体験はいいですよね。見つけないと!

それにね。参加者の1〜3歳のこどもたちも、まるでディズニーランドのダンサーさんたちを見るみたいにジャンプしながら喜んでくれました。

あのね。
年長さんたちよ。
歌と踊りで人様に喜んでもらえるなんてね。
ホントは滅多にできない体験なのよ!

気持ち良かったね!

次回の11月26日(水)の外部リトミックでも、こんな風な園児との関わりを持てたらな、と思いました。だってね。なんとなく顔見知りのお兄ちゃん、お姉ちゃんができると、これからもっともっと幼稚園に遊びにくるのが楽しくなるでしょ。

ちなみに、今度の月曜から通常のリトミックも運動会後の再開です。テーマは、「ダンス、ダンス」。
来る12月のおゆうぎ会のむけて、身体の動きのボキャブラリーを増やすべく、いろんな踊りにチャレンジしていく事を中心ししますね。
月曜日は、年長。火曜日は、年中、少の予定です。

ご入園をご検討中の方の見学、ご参加も可能です。
朝に園までお電話いただければ、時間をお知らせいたします。

あと、ご見学をすでに終わられた方も、2時〜3時の室内工作の時間もぜひご覧いただきたいと思います。おまけの1時間は、創意と工夫の時間です。突如、「さくら組で人形劇やりますよ!」っていうチラシが配られたり、ホールで「ラリー券」を発行したりしています。

実はね。
いつかのこの時間が映画にならないかな?って、先生は思っているくらいなのですよ。

だって、
「4」って何故か強調しているヘッドバンドを作ってみたりね。
みんながそれぞれ自由な発想なんですもの。

家に帰ったらわけわかんないでしょうけど。
クラスも問わず、どこの部屋にいって良いワークショップ形式です。
まり先生は、もちろんホールにいますよ。ガンガンにBGMもその日の気分でいろんなものをご用意してるんですよ。
こだわり屋さんだからね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バックトゥザ 娘3歳

古い友達のピューロランドのyocchiyさんから、久々にメールをもらって、同じこどもに関わる仕事をしているものとして意見も求められました。

ピューロランドさんとは、毎年、年長さんのお別れ遠足でお世話になっているし、うちも娘エリザベスにサンリオブームがあったので、その頃には随分通わせていただきました。


ピューロのイベントの内容は、小さな女の子がプロの手を借りて素敵なプリンセスに変身するというもので、この企画を考えているのがまり先生の友達という訳なのです。

それで、色々考えていると、ふと、娘の幼かった頃の記憶がフィードバックしてきました。

2歳になると、娘にもいつも好きなものができ、ネコブームがやってきました。
握手をしてくれるネコちゃんに出会うために頻繁にピューロに通いました。キティちゃんだけではなくて、「ノラネコらんど」という3匹の猫のキャラクターがいて、まるでエリザベスの事を覚えてくれてたように近寄って頭をグリグリしてくれました。
多摩センター駅には、本物のネコさんがいる「ワンニャンランド」もあるので、双方にはたくさんの思いでがあります。

3歳では、メアリーポピンズにはまります。私はここで、ビデオテープがすりきれるという事を初めて経験しました。1日3回は繰り返すからです。2本目ビデオもつぶしたので、今はDVDが残っています。
「本物の煙突掃除のバートに遭いたい。」
と、真剣に言うので、エリザベス、パパと3人でフロリダのウォールトディズニーワールドまで行ったくらいです。このあと、すぐにママは妊婦になってしまうのですが、まだまだエリザベスワールドは広がります。

3歳後半、ママのお腹がポンポコリンになると、スヌーピーに毎日手紙を書いています。この頃、原宿にスヌーピーの専門店ができたのです。ホテルで開催されるようなイベントには欠かさず参加し、スヌーピーのプリクラを探し続けました。

この頃のエリザベスの口癖。
「えっちゃんとまーま、えっちゃんとまーま」。
これをママチャリの前方に乗り込んで、かけ声のように妊婦なのにこどもを乗せて自転車を漕ぐママを励ますのです。
今でも、国立の坂を見ると、胸がポッとして頭の中で、「えっちゃんとまーま」の繰り返しの激励が蘇ります。

この頃、お祭りにも凝りました。縁日グルメとかスーパーボールすくいがやりたいのです。毎週土日には、いろんな縁日をめぐりました。川崎や巣鴨、花園神社とかね。
だって、
「今日はお天気がいいからお出かけするけど何処がいい?」
と、尋ねると、きまって、
「おまちゅり行って、ジャガバターと綿飴を食べたい。」と言うのです。
園のおまつりなら、30円で食べられる綿飴を、キャラクターがついているというだけで、500円でよく買わされました。

保育園は3歳までで、その後、うちの幼稚園に入園するのですが、
「あ〜、これでアタシはもうお昼ねしなくて済むのね。」
と言ったり、
「あ〜。幼稚園に行ったら、毎日スカート履けるのね。」
なんて、行っていました。

今でも、園で体操着からのお着替えの時に、くるってまわってポーズをしたり、保育室の鏡の前で髪型チェックをするおしゃまさんたちを見ると、娘の小さかった頃を思い出します。

年少さんでは、テレビの「おジャ魔女ドレミ」ちゃんにはまって、同じドレスが欲しいというので、母は必死で縫いました。そして、後楽園の「ドレミちゃんショー」にいって、手作り衣装でドレミちゃんと写真を撮ってもらいました。

今は12歳の娘エリザベス。
毎朝、弟パンダの寝癖を直してやり、やさしいね、と声をかけると、
「だって、一緒に歩く私が恥ずかしじゃん!」
と、自分の都合を明かしました。

エリザベスが、もし今日だけ3歳に戻ってくれるなら、
私も今の知識と経験を持って、こんなイベントに参加して、
しっかり料金分楽しむ事ができるのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は未就園児リトミック

事前に配布したお誘いのご案内には、17日(水)となっていて、すぐに在園の方には訂正を出しましたが、円外部の方にはお伝えする術もなく、ここで再度の呼びかけをしますね。

明日、金曜日がリトミックですよぉ〜。

理由は、今週は運動会の代休もあり、水曜からだったのですが、15が願書配布、16が新入園児説明会、と日程がとれずに金曜日になってしまいました。来週からは、園は早くもお遊戯会の準備にかかります。この合間にということでご了承くださいませ。

しかし、今日の新入園児説明会はとっても楽しかったです。
皆さん、とても暖かく、説明会のあとも、かなり長く園庭で遊んでいてくれたので、
在園の子達とたくさんコミュニケーションをとってくれてました。

私が説明会のときに言った、
「どうぞ、うちの園児にたくさん話しかけてくださいね。ほとんどの子が、自分で選んでこの園にきた子たちです。」
というのを納得されたと思います。

自分で選んだ園だから、新しい子たちをこんなにもウェルカムなんです。
園児全部がみんな友達だから、名前を知っているから、新しい子はみんなすぐわかる。
だから、すぐにみんなが話しかけてくるのです。

いいでしょ。
うちの子たち。

仕事を楽しんでいる先生方も自慢ですが、
こんなに小さいのに、自分のやる事をきめているしっかりしているこどもたち、
ついつい対等にいろんな事を会話しているのに、実はこどもだったりする園児。

わたしの自慢のこどもたちです。


「明日もくるね〜〜。」
と、お気に入りになったお兄さん、お姉さんにバイバイをしていた未来の園児さんたち。

明日もきっと、
待ってますね〜〜。

ちなみに、
明日のプレゼントは、じゅず玉です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第43回運動会

雨により1日遅れましたが、本日運動会は決行できました。
卒園児童のみんなも45名、駆けつけてくれて、どうもありがとう!
6年生の子たちは、最後まで先生達と片付けもしてくれたね。ありがとう!

さて、今年はエコをテーマとしていたということで、
入退場門もこんな感じでエコです。

Cimg5684

今年は、午後にも演目があるもりだくさんの内容だったので、
途中で健康のために太極拳のコーナーも設けました。

Cimg5687

これは、脳トレもかねているのですが、意外と大人に難しい!なんて思いませんでしたか?
実は、こどもたちは、毎日のように練習しているために、順番もほぼ記憶していて、
例えば3番目の最も速いっところでは、バッタが3連続あるのもわかっているのです。
そんなわけで、こどもたち、ほとんど間違えてませんでしたね〜〜。
えらい!えらい!


Cimg5694

思いのほか、進行が早くて午前の部が早くおわりそうだったので、
急遽「みんなのリレー」をやろうとひらめきました。
さすが!の皆さんの団結で事故もなく、良い感じのレースになりました。
保護者の方だけではなくて、小学生、おじさん、ご祖父様。
皆さん、ありがとう!

綱引きも男性の皆さんのご参加で素敵でした。

お母さんたちも素敵でしたよ。

そんなわけで、
晴天のなか、
みんなの金メダルな運動会は終わりました!

参加してくださった皆さん!お疲れ様でした〜〜〜。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

エコ衣装

Cimg5639
Cimg5642

本日は運動会のリハーサルでした。
今年の運動会のテーマは「エコ」。
おゆうぎ「クリスタルチルドレン」のイメージに合わせて、ご家庭ごとに衣装をつくっていただきました。ホントにもう、力作ぞろい!

やっぱり園で製作するのでは、こう生き生きとひとりひとりの発想は伸ばせないなぁ、と感心するばかりです。
そして、みんなは、自信をもって自分の衣装にこめられたメッセージを教えてくれます。
「これはね。象さんがいつまでも地球にいますように、ってことだよ。」
「果物のネットがレースになって、お姫様のドレスみたいでしょ。」

そして、お母さん、お父さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん。
いろんな家族が参加していることがわかりました。

意外に多かったのが、「メッセージ」です。
「地球を守ろう」というのが多かったのですが、
これはやっぱり園でみんなでつくるからできたのですよね。

みんなでやれば、言える!

ね、せっかくだから、これを着てパレードしよっか?
そんな風に思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい布団

昨日、我が家に新しい布団が届きました。
なぜか我が家の布団は実家からのよせあつめだったり、急に子供が独りで寝ると言い出してあわてて買ったものだったりと統一性がなかったのですが、今回の息子の喘息発作がきっかけでダニ対策のしっかりしているものに敷き掛け枕全てをチェンジとなったのです。せっかくダニが住めない環境をつくったのだからと、従来使用していたものは使用禁止となってしまいました。
それで迎えた初めての夜。
なんだかホテルに泊まったような感触です。

カーテンも新しくしました。
より洗濯が簡単なものに。
それに、レースカーテンだった部分を2カ所、シールにしてみました。
これだけで、かなりダニが生息できる場所は減ったはずです。

まっくろクロスケの大移動のように、きっとダニも移動したことでしょうが、
今度はどこに潜む予定なのか?
あまり考えたくないですね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »