« 崖の上のポニョ | トップページ | 鬼怒川オートキャンプ場 »

日光江戸村

8月3日土曜日、リニューアルした日光江戸村にいってきました。

息子が夏休みの自由研究で忍者をやりたいと言っていた時期に、
うっかりそれを信じて鬼怒川のキャンプ場を予約してしまったので、
後日、「もうそれはやめた」と言われつつも、
仕方がないのでからまわりで行くことにしたのです。

私は、ここは3回目。
1回目は、オープン間もなく、赤ちゃんだった娘を連れての小旅行で、
2回目は幼稚園の職員研修で大人だけで行きました。

リニューアル後は、料金体系がパスポート1本になったのが不満なものの、
日中に通行人としてねずみ小僧がウロウロする演出があったり、
ショースケジュールも調整されていて、高学年の娘にとってはとても有意義なものになりました。

米の脱穀機や、水車での餅つきなど、江戸の知恵が等身大で理解できるので、
また小2の息子が高学年になったら足を運びたいと思いました。

Cimg5214


|

« 崖の上のポニョ | トップページ | 鬼怒川オートキャンプ場 »

おでかけ、お散歩」カテゴリの記事

コメント

小学生のころ忍者が流行りました。小学館の「にんじゃのふしぎ」なんか読んじゃったりして。もうみんな忍者ごっこです。

手裏剣はマジに作れば作るほど先生におこられます。そして当たると痛いです。高いところから飛び降りるともれなく捻挫します。ひとんちの塀を歩くくらいは大目にみてもらえます。でも屋根の上はおおさわぎになることがあります。最近は「エド」といえば「グー!」ですが、スタント(JACK)めざすなら江戸村ですね!

そういえばピンポンパン体操でも忍者モンがありましたね。そして会社は以前「忍者」というブランド(?)をもっていました。(バイクメーカーではありませんのであしからず)江戸村いいな~ぁ。

投稿: tamani | 2008年8月 3日 (日) 23時06分

息子は、とっくに「忍者の自由研究」は、あきらめて別なものにとりかかってはいるのですが、
まぁ、見せておきたかったので良しとしています。
数日後には、ネットで買ってしまった「忍者大辞典」も届いてしまいます。
仕方がないので、読書感想文の宿題の1つにカウントしてもらえればと思う親心です。

投稿: まり | 2008年8月 4日 (月) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光江戸村:

« 崖の上のポニョ | トップページ | 鬼怒川オートキャンプ場 »