« 七夕まつり | トップページ | 夏休みまでのカウントダウン »

ファミリーの今後


ファミリーは、幼稚園の中のたてわり異年齢の各14名くらいのユニットです。もともとは、「おたまじゃくしとり」を協力するために結成されたので、作業をするのにちょうど良い割り振りをしています。リーダーシップをとって、みんなの動きを見ることができる子。それを素直に受け止められる子。しきられるのを嫌う子など、いろんな側面から、均等という定規ではない組織を4つ作ったつもりです。
なので、4つのファミリーには、最初からいろんな個性がありました。
そのまま、「助け合い」をすることが求められる「親子レク」や「じゃがいも堀り」などの行事には、お互いに顔と名前が一致しているファミリーを続投させていたのです。

先日、園の保護者様主催の行事において、このファミリーというくくりを使用できるかというお尋ねがあり、果たしてその時期にまだこのファミリーを存続させているかどうかは、ハテナという回答をさせていただきました。

ご承知のように2学期には「運動会」があり、全園児による「全員リレー」もあります。ここでは、均等な速力が求められるという一面もあるので、とても難しいと思っています。

そんなことを、一部の保護者の皆さんとお話していたら、こんなご意見を頂戴しました。

ファミリーは、解散しないでほしい。
一度、お世話をすると決めた小さい子を、続けて面倒みることで、いろんな事を学んでほしい。

こういったご意見を頂戴しました。

園生活とこどもたちの成長は生ものなので、今、こうします。というビジョンはないのですが、ご家庭の方々も一緒に考える姿勢を持って運営を考えてくださっていることを頼もしくおもいました。

ありがとうございます。

|

« 七夕まつり | トップページ | 夏休みまでのカウントダウン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

子供の園は二年保育で、世話をしてくれる上の学年のパートナー、世話をする下のパートナーはいますが、ファミリーというのは初めて伺いました。
それは、貴重な経験になりますね。来年は母体は持ち上がって、新入園児がファミリーに入ってくることになるのですね?

投稿: ゆみお | 2008年7月10日 (木) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファミリーの今後:

« 七夕まつり | トップページ | 夏休みまでのカウントダウン »