« 多摩川教室、ショピンの缶詰 | トップページ | お泊まり保育スナップ »

藤野芸術の家 工房

Cimg5017_3
Cimg5000_2
Cimg5015

年長さんはお泊まり保育で藤野芸術の家にいってきました。
ここには、工房があり、今年は「オカリナ製作ワークショップ」と、「陶芸絵付け」の2班にわかれて製作をしました。
私は、絵付け担当だったので、その話をちょっと。

ここのスタッフには職員の他に、将来有望な造形作家さんたちが嘱託で指導をしてくださるのですが、写真がそのお兄さんです。
途中でFMの取材が入って、彼がとっての期待の星であることがわかるのですが、
園児たちと見本の恐竜やお菓子の家の陶芸作品で遊びっぱなし、いえ、遊んでくださる気さくな若者でした。

陶芸の絵付けは絵の具でなく、岩をくだいた顔料で行うのですが、その感覚もジョリジョリとして面白いものです。

でも、本物のアーティストが作った作品でおままごとをしたり、恐竜ごっこができたりする経験や、造形作家さんとの出会いもすごい事だと思っているのです。

何を作ったかは忘れてしまうかもしれませんが、こんな雰囲気だけはずっと心に残っているんだろうなぁ、と思っています。

|

« 多摩川教室、ショピンの缶詰 | トップページ | お泊まり保育スナップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤野芸術の家 工房:

« 多摩川教室、ショピンの缶詰 | トップページ | お泊まり保育スナップ »