« 紙の笛 | トップページ | 遠い公園にお散歩 »

パンダ商会

そういえば、昨日。

いそいそとアイロンビーズを取り出したパンダ。
やっつけ仕事で、なんか適当なストラップをこさえると、

「それで、ママ。俺の商品を買ってくれ。」
と、そのへんてこりんなゴミみたいなストラップを買えと言っていたらしく、
ママのお財布を出しているところを捕獲。
「ちょっと、アンタ何やってんのよ!」
と、耳をつまむと、その手の先にナント1万円札を握っていて、
私がパンダの作品を1万円で買い取ったことになっているらしい。

おかしい。
どこでどうそうゆう話になったのかはわからないけれども、
熱帯魚を買ったり、維持したり、装置を大きくする費用を捻出するためには、
不定期にもらえるおこづかいだけでは足りないので、
「パンダ商会」を設立して、手広く商売を広げようと企んだらしい。
よくもまぁ。
何か脳内の配線がいやにハイパーになって、知恵がくるくる廻っているなぁ、
と、思いながらしかったりしていたんだけどね。

案の定、熱を出してました。

それにしても、パンダが熱を出したときのとっぴょうしのない言動がおかしい。

早朝、まだ私が寝ているのに、耳元で、
「中国では子供は三輪車にのらずに四輪車にのるらしいよ。」
というような事を熱心につぶやいていたかと思うと、

夕方、病院に連れて行く自転車の2人乗りの後部座席からは、
「シオノギ製薬では、針の細い注射針を開発して、みんなから喜ばれているそうだよ。」
と、言っていました。

熱があるのにね。

って、言うか、熱があるときって、脳内のニューロンの伝達物質が活発になるのかなぁ。いつもより20パーセントくらいお利口さんに感じる。

さっきも夕飯のときに、わざわざ手をあげて発言を求めていたので、
「ハイ、パンダ君どうぞ。」
と、指名してあげたら・・・。

「ボク、今日からウォーキングをはじめてみようと思って」
だって。

理由は健康になりたいからだそうだけど、
病気を治すというのと、健康は違うっていうとこはわかんないらしい。

ある意味、知恵熱?

|

« 紙の笛 | トップページ | 遠い公園にお散歩 »

パンダ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンダ商会:

« 紙の笛 | トップページ | 遠い公園にお散歩 »