« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

パンダ商会

そういえば、昨日。

いそいそとアイロンビーズを取り出したパンダ。
やっつけ仕事で、なんか適当なストラップをこさえると、

「それで、ママ。俺の商品を買ってくれ。」
と、そのへんてこりんなゴミみたいなストラップを買えと言っていたらしく、
ママのお財布を出しているところを捕獲。
「ちょっと、アンタ何やってんのよ!」
と、耳をつまむと、その手の先にナント1万円札を握っていて、
私がパンダの作品を1万円で買い取ったことになっているらしい。

おかしい。
どこでどうそうゆう話になったのかはわからないけれども、
熱帯魚を買ったり、維持したり、装置を大きくする費用を捻出するためには、
不定期にもらえるおこづかいだけでは足りないので、
「パンダ商会」を設立して、手広く商売を広げようと企んだらしい。
よくもまぁ。
何か脳内の配線がいやにハイパーになって、知恵がくるくる廻っているなぁ、
と、思いながらしかったりしていたんだけどね。

案の定、熱を出してました。

それにしても、パンダが熱を出したときのとっぴょうしのない言動がおかしい。

早朝、まだ私が寝ているのに、耳元で、
「中国では子供は三輪車にのらずに四輪車にのるらしいよ。」
というような事を熱心につぶやいていたかと思うと、

夕方、病院に連れて行く自転車の2人乗りの後部座席からは、
「シオノギ製薬では、針の細い注射針を開発して、みんなから喜ばれているそうだよ。」
と、言っていました。

熱があるのにね。

って、言うか、熱があるときって、脳内のニューロンの伝達物質が活発になるのかなぁ。いつもより20パーセントくらいお利口さんに感じる。

さっきも夕飯のときに、わざわざ手をあげて発言を求めていたので、
「ハイ、パンダ君どうぞ。」
と、指名してあげたら・・・。

「ボク、今日からウォーキングをはじめてみようと思って」
だって。

理由は健康になりたいからだそうだけど、
病気を治すというのと、健康は違うっていうとこはわかんないらしい。

ある意味、知恵熱?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紙の笛

Cimg3915

Cimg3917

先日の「ロバの音楽座」での園での公演で、ガリュウさんが歌いながら作っていた紙笛を、
園でもまねっこしてつくっています。
唾液ですぐだめになってしまうから・・・、
というアドバイスを参考に、園ではストローを一部使っています。
それでも、立て続けに拭き続けるとすぐに空気穴が壊れてしまいます。
何せ、紙ですからね。

タモリさんがトランペットを吹くときみたいに、ミュートをきかせると、
音がかわります。

園児で持って帰ったお友達は、お家でもピ〜ピ〜している事でしょう。

ちゃあんと全園児分の紙を切って、名簿チェックもしてあるのですが、
直接、私に「つくってください。」と自分で言えたお友達だけ、
つくってあげています。
まだの人も、まだ受けつけていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバの音楽座来園!

本日は、保護者の方の会の主催で、
「ロバの音楽座」の公演が園でありました。

Cimg3852
園でもおなじみの曲もあり、こどもたちも大人たちも胸がときまきました。

サプライズといえば、うちの○組さん。
ひとりだけ、ご都合でこられなかった保護者の方をのぞいて、全員が保護者の方も観覧してくださいました。しかも、お父さん参加も複数あり、ロバさんたちへの関心の高さが伺えます。

私が一番楽しみにしていたのは、
「ハテナのサプライズ」。
口琴という楽器を「びやぼん」の曲の中で使用されているのですが、
こどもたちには「びやぼんって、どんな楽器なんだろうね〜」
と、いろんなイメージを膨らませていたのです。
もちろん、わたしはびやぼんが何かも知っていますし、実は持ってもいます。
でも、ここで私が教えてしまうよりも、
ロバさんたちにびっくりさせてもらおうと、
楽しみをとっておいたのです。

皆さんも経験ありませんか?
「初めて知るって、楽しいこと。」
こうゆう経験を共有したかったのです。

ロバのガリュウさんにも協力していただき、
とびきりのサプライズになり、
感嘆の声が響きました。

メンバーの皆さんと昼食後、
こんどは園児たちからのプレゼントで、
年長さんが幼稚園の運動会で踊った「ハテナの秘密」をご披露しました。

生の楽器の演奏、やさしい声を聴く事、
耳をすます事を教えてくださった事もうれしかった事ですが、
年長さんたちにとって、
自分たちもロバさんたちに何かをしてあげた事がとってもうれしかったみたいです。

ロバさんたちがお昼を食べていらっしゃる間、
「石で楽器をつくってみたのをみてほしい。」
「まだ、ナガイドンと遊んでいない!」

みんなの熱い気持ちも、こんな形で伝わったかもしれません。

今日はいい一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

映画「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」をみてきました。

木村カエラさんの「ジャスパー」は、結局一度も流れることなく、
エンドロールまで待っていた娘はちょっとがっがりしていました。

美術やセットは素晴らしくて、
だいぶ前に「トム・ハンクス」がこどもの心のまま大人になって、
おもちゃ会社の社長さんになる映画「ビッグ」でも舞台がおもちゃ屋さんだったのですが、
技術的にだいぶ進歩しているのがわかります。

ただ、ストーリー的には、よくあるアメリカメロドラマかなぁ。

「ナイトミュージアム」でも、こうゆうお説教っぽいところがあったけれど、
せっかく素晴らしいセットがあるのだから、
この設定で「チャーリーとチョコレート工場」のタッチでやってほしかったなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

年長リトミック参観

Cimg3801
年長さんのリトミックは、プレイバルーンを中心にやりました。

Cimg3802

年長さんの弟のちいさなお友達をのせて、
ぐるぐるまわる、メリーゴーランド。

午前、午後と2回に分けて実施しました。
午後の部では、そのまま撤収、セッティングまで手伝っていただき助かりました。
私はその足で、浅草橋に出張。

園の買い付けの用事をすませた後に、
バレンタインのチョコの値下げを期待して、
問屋街をのぞいたのですが、
そんなに値は下がっていませんでした。

高級チョコは、味に自信があるのでしょうね〜。
そんなにすぐ腐らないしね。

チョコは非常食にもなるそうだし、
家にあっても邪魔にならないしね。

すぐ食べちゃうけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作品展

Cimg3773
Cimg3774
Cimg3781
Cimg3778

という事で、無事に作品展が終了いたしました。
楽器づくりや、トイレットペーパーのピタゴラ装置など、その場でたくさんの工作もしていただけて、
「みんなでつくる作品展」らしさがでていました。
牛乳パックや、スチール缶のご協力ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめの一歩

最初はこんなんだったんですよ。

Cimg3759


Cimg3760

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンダじゃんけん

ぐーちょきぱーが違います。

「サメとアフロと石」でじゃんけんをします。

サメはアフロに勝ちます。
尾びれで頭をぐしゃぐしゃにしてしまうからです。

アフロは石に勝ちます。
アフロの頭で石をかち割ることができるからです。

石はサメに勝ちます。
サメは石を食べると、歯がボロボロになってしまうからです。


「魚と水と水槽と餌」でじゃんけんをします。

魚は餌に勝ちます。
魚は餌を食べてしまうからです。

餌は水に勝ちます。
餌をやりすぎると、水が汚れてしまうからです。

水は水槽に勝ちます。
水槽の中に水をいれると、溢れて全身が濡れてしまうからです。
 
水槽は魚に勝ちます。
水槽がないと魚は生きられないからです。


あれっ?
じゃんけんなのに、
4つあるじゃん。

「フランスのじゃんけんだからだよ。」

「なまずとザリガニと釣りでじゃんけんをします。」

 
なまずはザリガニに勝ちます。
なまずはザリガニを食べてしまうからです。

ザリガニは釣りに勝ちます。
ザリガニは鋏で釣りの糸を切ってしまうからです。

釣りはなまずに勝ちます。
釣りでなまずが釣れることもあるからです。

このじゃんけんは、日本のだから3つだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆まき

Cimg3736

これは、みんなが豆で鬼をやっつけたところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »