« スワンとコンバトラーV | トップページ | ズーラシア »

空き缶を拾うおじさん

真っ暗闇のゴミ捨て場に、

空き缶を拾って、自転車のカゴに集めているおじさんがいました。

「ママ、あのおじさん、空き缶拾ってどうするの?」

空き缶はたくさん集めるとお金と交換してもらえるんだよ。と、教えると、

「何円くらいになるの?」

「あのおじさんはお家はあるの?」

次々と質問が飛び出るパンダ。


先日の個人面談の結果、かなり学習が遅れているということで、
家族で「将来」についてみっちりミーティングした後だったので、

なんだか、パンダの胸にいろんな事がささったみたいです。

「あのおじさん、空き缶拾ったらどこに行くの?」
「そ〜ね〜。次のゴミ捨て場に行って、また空き缶を拾うんじゃない。」

「それは仕事なの?」
「朝から晩までやってたら仕事だね。でも、本当の仕事があったら、空き缶なんて拾わないと思うよ。」

車でDVDを借りにツタヤに行く途中、帰りに立川に寄ってご飯を食べて、昭和記念公園のイルミネーションをチラ見している間も、ずっと「空き缶のおじさん」の生活を想像してとまらないパンダ。

家に帰って、パチンとストーブを点けてソファに座った途端に泣き出しました。

「うわ〜〜〜ん。俺、俺、俺の将来、空き缶は嫌だよぉ〜〜。
俺が空き缶を集めていたら、ママはどうする?」

「ママの幼稚園のリヤカーを貸してあげる。」

「うわ〜ん。お姉ちゃ〜〜〜〜ん。俺、俺、俺・・・。」


エリザベスに叱られました。

「ママ、いい加減にしてよ。私も悲しいよ。」


世の中はいろいろあるんだよ。
説明が難しいんだよ。

ママも悲しいよ。うまく言えないけどさ。


*******************************
追記

泣きながら寝たパンダが「サイコーに最悪な夢」を見て目が覚めたそうです。

「俺、やっぱり勉強がんばろうと思って、せっかくりっぱな仕事について、
水族館に就職できたのに、貧乏になって死んじゃって、
最悪な事に、ママもおばあちゃんもそれを知らないで、
水族館にボクに会いに来ちゃって、
『パンダがいない!』
って、大騒ぎする夢。だそう。

担任の先生も不思議がってる。
こんなに口が達者なのに、
なぜに勉強ができない????

|

« スワンとコンバトラーV | トップページ | ズーラシア »

パンダ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空き缶を拾うおじさん:

« スワンとコンバトラーV | トップページ | ズーラシア »