« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

サンシャイン水族館

昨日は、パンダと2人で「サンシャイン水族館」へ。


「ピラルク」に会うために。

「あ、ママ。俺とピラルクの記念写真を撮って」

これも、なんだか憧れのスターらしい。本人希望の記念ショット。

嬉しそうだねぇ。

これは、なんだ?マンボウを縦に見た所です。

ま〜、そんなこんなでサクッと見て、東急ハンズをチラ見して、
西武ロフトの熱帯魚屋さんにも寄りたいという。

デパートの屋上にある。ほぼ野外の大規模専門店、マニア向けです。

店内に入るなり、まずは店員さんにごあいさつ。

「あ、スイマセン。ボクは魚好きのコドモです。」
こんなところで、アピールしちゃうから、その後も注目され、保護者は恥ずかしい。

店内では、熱帯魚好きのカップルが、お目当ての熱帯魚を購入、
アミですくっている。

「あ〜、い〜な〜。熱帯魚を買ってもらえるんだ〜。」
違うよ。大人だから、自分のお金で買ってるんだよ。

「ウチは、生き物飼うの禁止の家なんだよね。」
と、まわりの同情をかうように、可哀想な演出をするパンダ。

ママは、エリザベスとパンダをもう飼ってるからね。
これ以上のイキモノの世話はできないのさ。

でも、もうすぐお年玉をもらえるだろうから、パンダが自分でという手もあるよ。メダカくらいならね。

メダカの水槽セットなら、3000円くらいでそろえられそう。
これが、熱帯魚だと、一騎に2万円くらいになってしまう。

ヒーターとか、エアとか、その他もろもろ必要になるみたいね。

パンダが欲しい「シルバータイガーノーズキャットフィッシュ」は、
1260円。

でも、暖かい水をずっと与え続けないと死んでしまうよね。
そう、説得しようとすると。

「ママ、お湯で飼うっていうのはどう?お風呂でさ。」

のび太が恐竜を飼うんじゃあないんだからさ。

「ママ、フライパンで飼えば、お湯が冷めたら暖められるよ。」

死んじゃうよ。

仕方がないので、またフィギュアで我慢してもらう事に。

スペースワープまで登場させて、
ピラゴタスイッチも入ってきたらしい。


パソコンで、また「ピラルク」って、検索しているけど。

ホントは何をしようとしてるんだろうね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葛西水族館にいけなくて

息子パンダが、水族館に凝っている。

「ママ、水族館ってさ。
スイゾクカンだって知ってた?
スイゾッカンじゃあないんだよね♪」

ちょっと前まで「スイどっかん」だったのにねぇ、じゃあ、行こうか?

と、葛西臨海水族園に行こうと、電車に乗って、降りたらね。

ゲートまでいって「定休日」だって!!

「ま、いっか」

って、隣の舞浜駅の「キャンプネポス」にいきました。

ほら、ごらん、水族館みたいだよね。


カクレクマノミもいるし、良かったじゃない。

くじらのお腹の中コーナーで、くつろいでいると、

「ヨッホッホ〜!」って、お兄さんが工作に誘いにきてくれました。

その後、宝探しゲームにも参加してしまい、

クッキングにも参加をし、

ロッカーに荷物を預けて、手ぶらでいったのに、
どんどんおみやげを渡されてしまい困ってしまいました。

仕方がないので。
ママの腰のあたりに全部結んでみました。
「ま、いっか」

イクスピアリでは、「人間ジュークボックス」がありました。

パンダは、全財産300円のところの200円を投入して、リクエストをさせてもらう事になりました。
リクエストメニューを熟読し、考えた末に、
「2番」と答えると、

「スターダスト」ですね。

「坊や、渋いね。」
と、まわりのジェントルマンたちから拍手がわきおこりました。

「ママの大好きな、スターゲイトだよね。」

ま、いっか、そうゆう事にしておきましょう。
親孝行だねぇ。


ご褒美に、もう一軒、水族館みたいなカフェにいって、おやつを食べました。

電車を待っている間、

「ラララライ」の藤崎マーケットや、小島よしおになって「そんなの関係ねぇ」と言っているパンダを
エリザベスと遠巻きに他人のふりをしていると・・・。

「ウッホッホ〜、ウッホッホ〜。私はゴリラです。」
と、パンダが黒いコートを着ている私の背後から、腕を廻して、
胸をドンドン鳴らしてなわばりを主張しているように見せている。

「ね、みんな、ママの事、
ゴリラかと思って見ているね♪」

ま、いっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバのクリスマス

冬休みに入って、1番最初のおでかけでした。

ロバの音楽座、恒例の「ロバのクリスマス」です。

我が家にとって、4回目の参加になり、すっかりロバの音楽座の音楽に耳をかたむけながら、1年を振り返るのが通例になった気がします。

1日、3回公演をする日もあって、今年は通算12回公演をなさるそうなんですが、

毎ステージごとに素敵なゲストがあり、私たちの回では「コケストラ」のミニライブがありました。

リーダーの「松本雅隆」さんのお嬢さんのバンドで、心温まる癒し系の歌声が広がります。

私は、いつもロバのライブでお会いする「ロバともだち」のご一家2組と都合を併せて、一緒にライブに参加しました。同窓会のような、親戚の集りのような感覚です。

ライブのアンコールでは、幼稚園の運動会のテーマにもなった「ハテナの秘密」の演奏です。

ここで、なんと!雅隆さんから、会場の皆さんに「ハテナの秘密の新しいダンス」のご紹介があり、私と息子がステージに呼ばれて運動会の「ハテナの秘密」をご披露させていただきました。運動会の練習で毎日何回もこの曲で踊ってきましたが、生演奏で踊らせていただくチャンスをいただき、とても感激しました。そして、最後に雅隆さんが、幼稚園でこの曲を取り上げた事も会場の皆さんに伝えてくださいました。

全国からロバハウスにお集りの皆さんに、うちの幼稚園の事を雅隆さんが紹介してくださった!

とても感動しています。

この感動には、続きがあります。

園児、保護者の皆さん一同で、その日を楽しみにしております。

皆さんにも、良いクリスマスが訪れますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もちつき

Cimg3346
「ぺったんこ ぺったんこ ぺったん ぺったんこ
おもちをついて おしょうがつ ぺったん ぺったん もちつきだ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイブ

何の予定もない日曜日です。
ヒマなので、パンダもやる事がありません。

「今度サ。俺、ママの顔を自由にしていい?」
息子パンダが真面目な顔をして尋ねてきました。
ママのお化粧道具を使って、自由にメイクをしてみたいそうです。

「じゃあさ。どうぞ、自由に使っていいけど。自分の顔でやってよ。」
と、太っ腹に答えると、
「だって、俺はさ。坊主頭だから、おかしいんだよ。」
と、けなげな事を言う。

一体どうやってやるのか聞いてみると、
ちゃあんと、チークとかマスカラとか、
色々具体的に観察していて、実践を試す段階にある事がわかりました。

「でも、残念ながら、今日はもうママはお化粧したくないんだ。お肌を休めているからね。
今度ね。」
と、お断りすると、

「じゃあ、ヘアメイクでもいいよ。
だってさ。ヘアメイクもメイクの仲間だよ。」

どうして、そんな事に興味を持ったかというと、
テレビで「どんだけぇ〜」のIKKOさんがメイクアップアーティストだとわかってからだそうです。

「では、いきます。」
といって、ヘアメイクが始まると同時に後悔しました。

ブシュ。と同時にもあんとしました。

 ねぐせ直しのヘアミストを霧状にしないで、集中して頭の一部に盛られました。

気持ち悪いです。

「これどうやって使うの?」と、ヘアクリップのやり方を教えながら、セットしていただく美容師さんに、頭をブスブスとクリップで刺されながら(痛い!)、

「ハイ、できました。」
と、言われた髪型は・・・。

「クマです。」

ホントだ。頭の上方に、ふたつの耳みたいに髪を丸められて、耳みたいでした。

斬新かもしれないけれど、

外出はできません。

そんな訳で、昼すぎにパンダが自転車でお散歩したいというので、
パパに頼みました。

きっと近所のケーキ屋でおやつを買ってくる筈、と思って待っていても、
なかなか帰ってきません。

しばらくして、手ぶらで帰ってきたかと思うと、

「ロバハウスにいってきた!」

ロバのクリスマスの時に渡し忘れた手紙と、クリスマスなのでプレゼントをがりゅうさんに渡してきたかったそう。


わけのわからないプレゼントを渡してしまったのと、
クマの変な髪型で外出して、それを阻止するのと、
どっちが恥ずかしくなかったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キスキスキス

しばらく前、パンダが帰宅するなり「オー太君とケンカした」と言ってきました。
オー太君が、嫌がっているのに嫌な事をやめなかったので、「許さない」と言われ、後で給食の時にも再度、「ごめんなさい」をしたのに「でも許さない」と言われたとだけ報告がありました。

その後、オー太君とは、クラスのお楽しみ会で漫才をする事になり「タカ&トシ」をする事になったというので、私としても和解を喜んでいたところでした。

そんな事を胸におきつつ、
今日はクラスの行事でオー太君の毋君にお会いしたので、
「いろいろあったみたいだけど、仲良くなれて良かったね。」
と、言ってしまったところ・・・。

「だって、パンダ君たら、いきなりキスしてきたから驚いちゃったみたいでね。」

え〜〜〜〜〜〜〜!!!!
初耳。

そりゃあ、そうだよね。
許してくれないわけだよね。

パンダったら、自分の都合の悪いところを削除して報告するもんだから、
全容がわかりませんでした。

すると、オー太ママから次なる情報が。

「それでね。うちのオー太が嫌がったから、その後でパンダ君は3人の子にキスをしてしまったみたいよ。先生がこれは連絡帳には書かないから、気持ち悪かった人は自分でお母さんにいいなさい、って言って、うちはすぐに先生に確かめる電話をしたのよ。」

オーマイガー!

合計4人ものひとにキス、キス、キス、キスをしたわけだ。

それで、クラスのみんなはそれに反撃しようとして、
パンダの図書バックに牛乳を入れてきたらしい。

「どうして、そんなに大事な事をママに言わないの?それに図書バックはどうしたの?」というと、学校におきっぱなしらしい。

オーマイガー!

腐った牛乳の臭いの図書バックよ。

家で、問いただしても
「もう仲直りしてるよ。漫才やってるもん」
と、全然気にしていないパンダ。

第一、キスに関しては全面否定です。

オー太君も、えらいよね。

キスされたりして、許せない相手とよく漫才をするまで仲直りしてくれたもんだ。

こどもの世界はわからんねぇー。

ま、一連の話もどうかと思ったので、
うちの前を通り過ぎた同じ班の如月ハニー嬢に聞いてみました。

「ね、最近パンダはどう?」
と、尋ねてみたら・・・。

「今日は体育の着替えでチ◯コ出してた」
と、報告してくれました。

その場で倒れそうになる私に、

「あ、その前も出してたよ。」
「ってゆうか、しょっちゅう出してるよね〜。」
と、数名の女子があいずちを打ってらっしゃいました。

ちっちゃなおば様方に、
「今後とも、ウチのパンダをどうぞよろしくおねがいいたします。」
と、深々と一礼し、

私は玄関のドアをあけ、家に入りました。


パンダよ。

もうね。

「気持ち悪い」っていうレッテル貼られちゃったかもよ。
どうやって挽回しようかね。

バレンタインを心配している場合じゃあ、ちっともないじゃん!


*****************************
土曜日の「ロバハウス」での「ロバのクリスマス」のライブに自転車で行くために、パンダは自転車を新調しました。

以前の補助輪を取った「幼児自転車」から、24インチのマウンテンバイク、ギア付きにランクアップです。

昨日買ったばかりなのに、もう今日はそれに乗って友達の家に行くというので、私は心配で途中まで送っていく事にしました。

すると、まだ下校途中のパンダの顔見知りたちが、
みんなちょっと振り返っていきます。

パンダは、それをあえて無視して、私にささやきました。

「あ、ママ、俺のかわりにみんなが何て言っているか聞いてごらん、
ほら、パンダ君、大きい自転車だ!ってみんな言ってるよ。」

かっこつけた花輪君状態のパンダ。

がんばれ!ポイントを稼ぐんだ。

積み重ねるだ!男気を!


バレンタインに間に合うんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイカを元気に

息子と電車で外出すると、私の持っているスイカばかり減る。
こども料金だと半額。
だから、息子「キッズスイカ」はなかなか残高が減らないのです。
これは大きいね。

私のスイカをチャージしようと、千円札を機械にいれる。
どうした?と尋ねる息子に、

「ママのスイカを元気にするんだよ。」と答えると。

「ママのだけずるいなぁ。俺もキッズスイカも元気にしておくれよ。」
と、言われました。

言い方には気をつけないといけないですね。

これは、失敗しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食い逃げに悩む

昨日の夕飯はライブハウスで食べる事になったパンダ。

ライブハウスは、英国のパブなんかと同じで「キャッシュ&デリバリー」の事が多い。昨日の六本木のスーパーデラックスもそうでした。

「俺さ、ライブをやるこうゆうとこのご飯は安心して食べられるんだ。」
と、小1の息子パンダが言いました。

「だってさ。ママが最初にお金を払うでしょ。だから、誰も俺の事を『食い逃げ』だと思わないよね。」

「誰がアンタみたいなコドモを食い逃げだと思うのよ。」

と、言うと。

「お会計が帰りだとね。ママのそばにぴったりくっついていないとね。
あれっ?あの子のスパゲッティのお金は誰が払うのかしら?って思われるでしょ。」

そういえば、いつも外食の時のお会計の時には、ぴったり私と手を繋ぐパンダ。そんな風に考えていたんだ。

「大丈夫だよ。お会計のレシートには、ちゃあんとみんなの分のお会計は一緒です。って書いてあるよ。」

またまた〜〜〜〜。ママったらウソだよね〜と、信じていないパンダ。

まあ、良いではないか。

いつかわかるでしょう。


それにしても、

食い逃げと間違われるに怯えていたとはねぇ。


私もね。高校生の頃ね。

雑誌を持ったまま、別の本屋に入らなければいけない時、とってもビビっていました。

もし、万引きと思われたらどうしよう!って。

だから、記事のページを覚えていたりね。レシートを確認してから、
本屋さんに入っていきました。


すると、パンダは今度はちょっと泣きそうになりながら、

「ね、ママ。お友達の家ではさ。食い逃げってないんだよね。」

今まで、ママに無断で友達の家でオヤツを食い逃げてきた妄想に襲われた模様。

実は母親同士で、秘密の会計処理をおこなっている疑いを持った模様。


大丈夫だよ。

気にしすぎ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おゆうぎ会

Cimg3333
本日、無事に「おゆうぎ会」が終了いたしました。

そして、サンタさんも、今年もちゃあんと幼稚園にプレゼントを持ってやってきたそうです。

サンタさん、ありがとう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズーラシア

「よこはまズーラシア」にいってきました。

Pc080065
Pc080069
Pc080071
Pc080082

オオワシと目があったり、
フクロウさんに、にこっって微笑んでもらえました。

オカピって、初めて観たかも。

不思議な動物ですね。

もっと近かったら、遠足でいけそうな、良い条件がたくさんありました。

トイレがたくさん、しかも洋式。
売店はあまりない。これ、重要。
オカピ型のトロイの木馬のような大型遊具のある公園の他、プレイロッドがたくさんある。
屋根のある食事スペースがある。
ガイドプログラムがある。
バス駐車場がある。
コイン式の乗り物遊具がない。
自販機はめだたないところにある。
オムツ替えスペース、授乳室、バギーの貸し出し、コインロッカーもある。

もうすぐ孫悟空のモデルのキンシコウが帰るそうです。
キリン舎が新築中でした。

レストランは1つ、スナックが1つ、あとはハーゲンダッツがあるだけなので、
今度行く時にはお弁当をもっていこうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空き缶を拾うおじさん

真っ暗闇のゴミ捨て場に、

空き缶を拾って、自転車のカゴに集めているおじさんがいました。

「ママ、あのおじさん、空き缶拾ってどうするの?」

空き缶はたくさん集めるとお金と交換してもらえるんだよ。と、教えると、

「何円くらいになるの?」

「あのおじさんはお家はあるの?」

次々と質問が飛び出るパンダ。


先日の個人面談の結果、かなり学習が遅れているということで、
家族で「将来」についてみっちりミーティングした後だったので、

なんだか、パンダの胸にいろんな事がささったみたいです。

「あのおじさん、空き缶拾ったらどこに行くの?」
「そ〜ね〜。次のゴミ捨て場に行って、また空き缶を拾うんじゃない。」

「それは仕事なの?」
「朝から晩までやってたら仕事だね。でも、本当の仕事があったら、空き缶なんて拾わないと思うよ。」

車でDVDを借りにツタヤに行く途中、帰りに立川に寄ってご飯を食べて、昭和記念公園のイルミネーションをチラ見している間も、ずっと「空き缶のおじさん」の生活を想像してとまらないパンダ。

家に帰って、パチンとストーブを点けてソファに座った途端に泣き出しました。

「うわ〜〜〜ん。俺、俺、俺の将来、空き缶は嫌だよぉ〜〜。
俺が空き缶を集めていたら、ママはどうする?」

「ママの幼稚園のリヤカーを貸してあげる。」

「うわ〜ん。お姉ちゃ〜〜〜〜ん。俺、俺、俺・・・。」


エリザベスに叱られました。

「ママ、いい加減にしてよ。私も悲しいよ。」


世の中はいろいろあるんだよ。
説明が難しいんだよ。

ママも悲しいよ。うまく言えないけどさ。


*******************************
追記

泣きながら寝たパンダが「サイコーに最悪な夢」を見て目が覚めたそうです。

「俺、やっぱり勉強がんばろうと思って、せっかくりっぱな仕事について、
水族館に就職できたのに、貧乏になって死んじゃって、
最悪な事に、ママもおばあちゃんもそれを知らないで、
水族館にボクに会いに来ちゃって、
『パンダがいない!』
って、大騒ぎする夢。だそう。

担任の先生も不思議がってる。
こんなに口が達者なのに、
なぜに勉強ができない????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワンとコンバトラーV

本日は12月生まれのお誕生会。
寒い季節ならではのお楽しみで生クリームたっぷりの「スワン」でした。

Cimg3270

白鳥の首のところも、ちゃんとシュー生地なんですよ。
しっぽの部分が、クリームでクルンとなっているところがこだわりです。
大きい白鳥さんは、年長さんの箱にいきます。

本日のお誕生会には、
なんと!
コンバトラーVもやってきました。

Cimg3278

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスオセロ

今朝も早番、園バス乗務。
インフルエンザの流行で、欠席が多く、あちこち欠席で通過で座席がスカスカ。いつもは先着順に決められた座席なのですが、
こうゆう時には、「なんとなくつめる」感じになっていると思っていました。
でも、バス停車目標から乗ってくる子がいるのに、あきらかに絵本バックとかで「この席とってます」みたいにしている子がいるように感じました。
しかも、何人かでグルになっている。

おかしい。

「お友達にダメよ、ってしたらいけないでしょ。」と、たしなめると、
「ちがうんだよ。先生。せっかくだから、
男、男→女、女→って、交互に並んでいるんだよ。」

ホントだ。2座席ずつ片側6列にある中、ピシンと男女別にそろえてある。

オセロみたいできれいだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人面談

今日の放課後は、こどもたちの個人面談。
学校ではまあまあのエリザベスは、つつがなく終了したものの、いろんなところがアンバランスなパンダは、いろいろ先生からも家庭で努力すべき事をあげられる。これからは「ノコべん(居残り勉強)」にも参加させる事に決定。
それをパンダに報告すると・・・。

「えっ!それで、まさかママは先生にお願いします、とかなんとか言っちゃったの???」
正解は、
「遠慮いたします、って言ってほしかったのにぃ。」

そんな事いえるか!

元はといえば、あんたが馬鹿なのがいけないんだよ!と思っていると、

「ママ、世界一うけたい俺の授業、しようか?」
と、何やら新しいプロジェクトを立ち上げたらしく、自分なりに教科書とかを作り出している模様。

そんな事より、宿題しようよ。
どうにかしよう!っていう山の登り方が間違っているんだよ。パンダ君。

気持ちはわかるんだけどね。

それに、
「世界一受けたいパンダの授業」なんて、
受けたくねぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒猫さん

今朝、8時40分頃。

園バスのるりちゃんの停車目標のゴミ捨て場に、

黒猫さんがいました。

猫背で何やら作業中のところ、
園児みんなして、立ち上がって、身を乗り出して声をかけてました。

「フン、何だ。コドモか。」
と、顔を一回だけあげたものの、
猫さんはそのまま作業を続けていました。

せっかく声をかけたのに、無視されたので、
こどもたちはますます園バスの中から興味深々と熱いまなざしをむけていました。

「ねこさん、何してるんだろう?」


「あ、そうか!

ゴミだしてんだ!」


*********************
まさか!と思って、吹き出してしまいましたが、
そう言われてみると、
まるで分別を間違えてしまったゴミを探しているように見えました。

黒猫さんは目的のものを見つけると、
そのまま縦に去っていきました。

るりちゃんは、まもなくやってきて、バスに乗りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星占いは習えるか?

朝、テレビで「目覚ましテレビ」を見ながら学校の仕度をしている息子パンダ。

素朴な疑問が発生。

「そういえば、まだ◯ちゃんは何座です、◯君は何座ですっていうの、
学校で習ってない。いったいいつになったら習えるの?」

小学校に入って数ヶ月経つというのに、
ひらがな、足し算、引き算、漢字まで到達していたのに、
なぜかいっこうに「星占い」を習う気配がないのに気づいた模様。

小学校では「星占い」は習えないんだよ。と、教えると・・・。

「それじゃあ、俺はいったい何座なのかわからいじゃあないか!」


「アンタは、天秤座だよ。」

毎朝、乙女座のエリザベスと水瓶座のママがラッキー順位を競っていたのを、「俺もいつか学校で習って会話に加わる日を夢みていたのだね。

その、モヤモヤ。

3秒で解決しました。

もっと、早く言えばいいのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインを今から心配

「ママ、俺はこう見えてもね。自分から友達に
『ねぇ、今日空いてる?』
とは、聞かない男なんだよ。
『パンダ君、今日遊ぼ♪』と、誘ってもらえる男なんだよ。」

自慢げに鼻を膨らませているパンダ。

「だからさ。ママ。
俺はきっとバレンタインデーには、チョコもらえる男だよね。」

えっ?
バレンタインデーって、2月の事ですけど・・・。

「大丈夫だよ。誰からももらえなかったら、ママがパンダにチョコあげるから。
と、慰めようとするとね。

「俺は多分もらえると思うよ。だって人気ものだもの。
それにね。チョコレートは手作りって決まってるんだよ」

アホなパンダ。
不憫じゃあのう。


だいたい想像つくけどね。

「憧れのマドンナのあかりちゃん パンダのためにチョコレートを手作りするの図。シャカシャカシャカ。」


こんな想像が、妄想が、頭に巡っちゃってるのね。
気の毒だぁ〜〜〜〜。

「誰からももらえないかもしれないから、ママが手作りチョコしてあげようか?」と、言うと・・・

「えっ?ママ、チョコ作れんの?」

あかりちゃんには作れても、ママにはとても無理と思われたらしい。


何はともあれ、
あかりちゃんがパンダにチョコをくれる可能性は10%。
しかもそれが手作りチョコである可能性は2%。

パンダだけにくれる可能性は1%。

パンダの事を好きになってくれる可能性は0、5%くらいでしょう。

可哀想にねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車にのる

最近、うちの小1の息子もやっと自転車に乗れるようになり、
休日を利用して本日は家族で国営昭和記念公園で、
晴れて大きな公園でサイクリングデビューさせてきました。

2人のコドモを育てる中で、
やはり一番大変な時期は、
前に下の子を乗せて、後ろに上の子を乗せての3人乗りの自転車の期間でした。
バランスを取るのが難しくて、かなりあせりました。
「フラツカーズ」という専用自転車を購入して、がんばっていたあの頃・・・。
若かった・・・。

息子がもうひとりで自転車に乗れて、友達の家にも自力でいけるようになって、
子育ての役目もまたひとつ減ったなぁ、と思いました。

思い起こせば、小学校に入学して間もなく頃までは、
友達との約束もいちいち毋同士で電話連絡の上、おくり迎えをしていたものです。

自転車にのれるって素晴らしい。

先日、来園されたあの廃品を使ったおしゃれなミュージシャンの方もね。
自転車、大好きだそうです。

自分の力で移動できるって、ものすごく大事な事なのですね。

しかも、自転車乗るのって、実は意外と難しい!

実は、今日は、昭和記念公園では、私は2人乗りのダンデム自転車に乗っていたのです。
バランスをとるのが超難しくて、初心者の気持ちがよくわかりました。

娘と2人乗りなんて、簡単と思ったんですよ。
だって、以前は死ぬほど彼女を後ろに乗せてたしね。
でも、自分と同じ背丈になった大きくなった娘と2人乗り。
これはバランスとれなかったです。
結局リタイア、パパと娘組になりました。

私の次の野望はね。
自分の自転車を買い替える事。
もうコドモ用の荷台が付いていないやつ。
友達と国立でお茶をするのに、サーッていけるおしゃれなやつ。

あ〜〜〜、でもそれだと、
ティッシュ買えないね。
じゃ、だめかなぁ。

でも、欲しいなぁ。
自転車。サンタさん。私も。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »