« 政治家が夢にでてきてびっくり | トップページ | パンダ 鼻血 月のキラメンコ »

恋と鼻血

今日、いつものように耳鼻科の帰り道、
息子パンダと手を繋いで歩いていると・・・。

ママ、俺、今日の算数の時間にね。
鼻血がでたんだよ。」


「えっ?そんな事。学校から帰ったらすぐ言ってよ。
大丈夫だったの?」と、教室の床でも汚していたら、と案ずると。

パンダはママが何もリアクションできないように
口を両手で押さえ込んでから、発言しました。
「あかりちゃんがティッシュをくれたから大丈夫」

「うぉーーー。そりゃあ、良かったねぇ〜〜〜。」
と、パンダ憧れのマドンナから差し出されたティッシュを鼻につっこんだ間抜け面を想像して大受けしてしまいました。

「ママはもう、何もしゃべっちゃ駄目だからね。俺の話を聞くだけね。」
と、またまたママの口を押さえました。

「それでね。あかりちゃんのティッシュはね。
扇風機にあたるとヒラヒラするの。
あかりちゃんが後ろの席からだまって俺にティッシュをくれたから、俺の首の後ろがくすぐったいと思ったら、なんとあかりちゃんのティッシュだったというワケ。」

ふ〜〜〜〜〜ん。

しばらく、国分寺の坂道を登っていくと、

「ママ、今夜は月が奇麗だね。」

「そして、星もキラキラキラメンコだよ。」

トランペットのBGMが「パララララ〜」と聴こえてきそうな程の展開です。

美しいね。良かったね。パンダ。

「それじゃあ、今日、お家に帰ったら宿題ジャンジャンやっちゃうヒト〜〜〜?」

って、言うから、思わず
「ハ〜イ」って、手を挙げたら、
「小学生か!」
って、タカ&トシみたく、つっこまれました。

ウキウキが停まらない模様です。

「あ、ママ。明日。あかりちゃんにママが会っても、
昨日はティッシュありがとう。って言わないでね。
俺が自分で『アリガトウ』ってちゃんと言えたから。」

五寸釘かよ。

|

« 政治家が夢にでてきてびっくり | トップページ | パンダ 鼻血 月のキラメンコ »

パンダ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋と鼻血:

« 政治家が夢にでてきてびっくり | トップページ | パンダ 鼻血 月のキラメンコ »