« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

第16回同窓会

本日。
卒園児による卒園児のためのおまつり。
「同窓会」がありました。
わたあめ、ヨーヨー釣りなど様々な模擬店がでる中、テーマを「授業」として、パフォーマーの皆さんに「授業」を依頼したのです。

講師は、理科「まなびや」先生、
体育「クラウンぽっか」さん、
イタリア語「つぅーじー」(辻康介)、
歴史?「きんど〜」(近藤治夫)さん

各授業の前に、それぞれワークショップの時間を持ちました。

一番、盛況だったのは「ぽっかちゃんと幼稚園をバルーンで飾ろう!」のWS。みんな夢中で幼稚園があっとゆうまに風船だらけになりました。

ホールでは、つぅーじーのイタリア語まじりの怪しい紙芝居にこんど〜さんが怪しい楽士となっていました。
つぅーじーが選んだ紙芝居は、「タネくんの大冒険」。口から入ってお尻からでる話に無理矢理イタリア語をからませていました。きんど〜さんが片手で笛をふいて太鼓をたたくの、何げなく見えますけれど、「テイパーパイプ」といって、笛の穴が3しかなくて、その組み合わせであれだけの音を自在にだしているのです。半分穴をふさぐとかのテクニックもあって、ものすごい技なのですよ。それに、あのバグパイプはフランスの400年くらい前の楽器を復元した「コルヌミューズ」というバグパイプ。スコットランドのハイランドタイプは軍隊で進化したものなので、また別物らしいです。

まなびや先生には、ここで「身近な存在として雑談」をおねがいしました。量よりも質で、という私のリクエスト通り、何人かのラッキーボーイたちが先生の貴重な機材を叩かせていただきました。

そして、1時間目は「ぽっかちゃんの体育」、「パントマイム教室」でした。
うちの卒園児たちの積極的な姿にゲストの皆さんも驚かれていました。
なんでも、挑戦!良い事です。

その後、つづけて「まなびや」の理科。もうファンがいっぱい増えました!大人も大爆笑。そして、なるほど!の嵐です。なんと、まなびや先生、本日8時半入りでした。あの装置の組み立てには発明と創意工夫がいっぱいです。

最後は「ぺとら」の音楽。幼稚園でのおなじみのナンバーをつぅーじーの声で、きんど〜さんのいろんな楽器でご披露しました。

今回は、遠く「大阪」「新潟」「福井」「茨城」から(あともれていたらごめんなさい)わざわざ駆けつけてくれました。たくさんの来場があり、イベントもあったので最後まで話せなかった方がいたのが気がかりです。
ぜひ、メールしてください。とってもおはなししたかったです。

先生方も、子連れが増えてきました。
「先生の子供ズ」ができそうなくらい、みんなで走り回って遊んでいました。

今回は中学生もたくさん、高校生やそれ以上の子たちもスタッフとして手伝ってくれていました。

遊具の注意やステージの手伝いをしてくれていたお兄ちゃんたち、ありがとう!

また、3年たたないとみんなに会えない!というのがちょっと悲しいまりせんせいなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テ・ロール

Cimg1256
19年度4月のおたんじょうかいのケーキは、抹茶のロールケーキでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「授業」イベント

もうすぐ開催される「同窓会」に出演するパフォーマーたちのご紹介です。

テーマは「授業」。幼稚園では、もちろんリトミック以外に授業はなくて、お絵描きだったり製作だったりするわけなんですけど、こうゆう時間を「モラトリアム」だと思うわけです。
特に年長さん。もう大人との会話もばっちり、テレビの話題も、お笑いも理解できるのに、日本ではまだ就学年齢ではないのです。この頭脳をして、毎日遊べる。大事な事です。
卒園児の皆さんにとって、この幼稚園時代はとっても「あの時代はよかったなぁ。」と感じているはずです。
なので、だったら、ひさびさの同窓会で本園ならではの「授業」をやってしまおう!と思ったのです。

きっかけは、「まなびや」先生。小4の理科の「月の観察」を、地域にあてはめて考えるという話をおききしました。これ、ぜひ、うちの卒園した小学4年生に聞かせたい!そう思ったのです。

それだったら、もう総合的にいろんなショーで「パントマイム教室」というこどもにパントマイムを教えるというパフォーマンスをしてらっしゃる「クラウン ぽっか」さんにも「体育」でご登場いただき、ぽっかさんといえば夢のあるバルーンアートも素敵なので、園舎をバルーンで飾るというワークショップもしていただきたいと思っています。
想像しただけでワクワク。

あと、「外国語」。これは、単に「イタリア語」とかひとつの言語だけでなくて、いろんな国の言葉をミックスしたらどんなかなぁ。というひらめき。それを、幼稚園のおなじみの、みんながよく知っている紙芝居でやろうと思うのです。担当は湘南ビーチFM>のDJで(ちょうど明日の朝8時〜10時放送、インターネット、メディアプレーヤーで聴けます。クラシック番組ですが)、古楽歌手としてオペラにも出演、歌、語りとして、通訳、翻訳などでご活躍の辻 康介が担当します。詳しいプロフ

あとは、「地理」「楽器学」いろんなものを総合して登場していただくのが、国立在住のバグパイプ製作者、奏者の近藤治夫さん。もうすっかりおなじみです。

私のイメージする「授業」はね。
ただ、教わることではないんです。
面白い知識をもったヒトに触れて、いろんな質問、会話をしてほしいと思っています。

だから、この4人のパフォーマーにたくさんはなしかけてください。

そして、パワーをもらってください。

み〜んな、まりせんせいの大事なお友達です。

最後には、まりせんせいもリトミックで「プレイバルーン」をやります。
「イルミナント」も園庭で踊ってしまいます。

綿飴、ポップコーン、おにぎり、駄菓子、ジュース、マドレーヌ、ヨーヨーの模擬店もでます。

いらっしゃい、いらっしゃい。

****************************************
安全上の理由から詳しい日時の掲載は控えました。
直接、園にお問い合わせください。

本園の卒園児なら招待ハガキがなくても、受付の「じゅ◯子」先生の顔パスで無料券がもらえます。
高校生、大学生、社会人、24歳までの方はまりせんせい。それ以上47歳の1回生は理事長先生を探してね。
在園児、お友達の入場も可能です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こいのぼり

Cimg1253


昨日は初こいのぼりあげでした。

「屋根より高い鯉のぼり」と歌いますが、
本当に屋根より高いのは案外みんなの身の回りだと幼稚園くらいかもですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おたまとり

Cimg1239
園舎の裏にこんな小川があります。

Cimg1244
ヨーグルトカップですくいます。
お一人様、最高10匹お持ち帰りできるのですが、
先生たちもだんだん動くおたまが数えられなくなって
「だいだい10匹」になっているヒトもいるかもです。

かえるになったら園でまたもとの小川にリバースします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

はじめてのお弁当

昨日は、「はじめてのお弁当」でした。
新入園のお子様方はリュックにおべんとうが入っているという事が
たまらなく嬉しいらしく
何回も「持ってきている」事を強調していました。

それで、「はじめてのお弁当」で、忘れられない思いで。

園バスで、
「いってきま〜す。」と、出発してしばらくしてから、
狭い座席の中で早速お弁当をとりだして
食べ始めてしまった子がいました。(今は中学生です。時候ですよね。笑)
たまごののり巻きを5つ中、2つ。
なんでかというと、
1こめで注意して、
2こめは、怒られてから、あわてて口に自分でおしこんでいました。

キョトン、としながら、
「えっ?なんで?」
と、言ったので、
「幼稚園で、みんなと食べようね。」
と言うと。
『初耳』だ、とう感じで納得してくれました。

私の想像ですが、
きっと、お母さんが作っているときからずっと
つまみ喰いをしたかったのでしょう。

それからは、きちんと前日に
「幼稚園で、お友達と、いただきますっていってから食べます。」
を強調するようにしています。

何年もたちましたが、
その時のバスに乗り合わせていた年長さんたちの
「アンビリバボー!」な顔、私がきっとものすごく怒ると心配してなかなか告げ口できなかった顔が思いだされます。

お弁当はお母さん方は大変だと思いますが
幼稚園生活のメインイベントでもあります。

極端にいえば、
「幼稚園でお母さんのお弁当を食べるために幼稚園にきている」くらいです。
それくらい「お弁当まだ?」を尋ねられるエブリデー。
大人になっても思いでになるのでしょうね。

それにしても、
今日はやっと「晴れ」ですね〜〜〜。

週末も天気大丈夫そうでホッとしてます。
21日(土)は、府中郷土の森で子供たちと音楽で遊ぶイベントを12時、1時、2時におこないます。
5月は6日(日)、27(日)に予定しています。府中の市報にものるそうです。
園との反応の違いが勉強になってます。

Cimg1195

今日が暖かいのを一番楽しみにしている「カメ」さんでした。
ホント、わかりやすい。
暖かいと3匹くらいで重なって喜びを表します。
毎日みていると結構感情が伝わって、言ってる事がわかる気がします。
ほんとだってば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンダの創作話「きょうりゅうぼうや」

NHK「地球ドラマチック」声 渡辺徹でおねがいします。

一億何千年か前、「ゴルゴサウルス」の親子がいました。こどもの名前は「きょうりゅうぼうや」。
ベスピオス火山のふもとには「マイヤサウルス」が草を食べていますが、なんという事でしょう。

「タルボサウルス」が、「きょうりゅうぼうや」のお母さんを食べてしまいました。

そのとき、ベスピオス火山が噴火しました。
死んでしまったお母さんときょうりゅうぼうやはそのまま一緒に化石になりました。

そして、なん万年か時が過ぎ・・・。
(渡辺徹の声です。)
こんどは「ブラキオぼうや」の誕生です。
(その地下には恐竜ぼうや親子の化石があります。)
お母さんと仲良く、草を食べて暮らしていました。

その後、何万年かたち、恐竜たちもかわりました。

(しつこいようですが、渡辺徹です。)

恐竜たちの進化です。

サルからヒトへと進化したのです。

そして・・・。


いろんな「ぼうや」ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前がない子

新入生パンダの行動報告。
さっき、姉弟で登校するときの会話。
パンダ「お姉ちゃん、俺、今日20分休みある?」
エリザベス「あんた、また、あたしを見つけに探しにこないでね。
      ママ、パンダはね。休み時間に外にでて、わざわざあたしを探して、背中をバンってたたきにくるんだよ。」
わたし「パンダ、休み時間は、お友達とあそびなさい。」
パンダ「だから、ともだちとお姉ちゃんを探しにいくんだよ。」
エリザベス「そうそう、いつものピーナッツ君と知らない女の
      子」

そうえば、集団下校の時にも、その「知らない女の子」と3人で手を繋いで下校しているので、私も気になっていました。

わたし「で、その子のお名前は?」


パンダは自信をもってこういいました。

パンダ「それがね、ママ、
    名前はまだないらしいよ。」


すごいなぁ。それで、よく小学校は入れたよね。

それに、名前がわかんなくて、どうやって友達になったんだろうね。それに、エリザベス情報だとね、その女の子、パンダの事を違う名前で呼んでいるんだって。

不思議なシステム。


きっと、その3人の共通点。

1年生なのに、

ひらがな読めない。

次の日。

このところの新1年生の息子パンダの「名前のない」お友達との交流を見守っていたところ、新情報。

パンダ「だんだん、みんなが『名前のない女の子』の真似をして
   俺の事を『ツーユー』って呼ぶようになったんだ。
   俺の新しいニックネームかなぁ。
   それでね。でも、ひとりだけ、俺の事を名字で呼び捨てに
   する男の子がいたよ。」

なるほど、私からみてもクールガイの彼です。方針がしっかりしているなぁ、と感心して話を聞いていると、

「へぇ〜、今時、名字呼び捨てねぇ。珍しい」

と、小学校生活も5年になる姉のエリザベスが口をはさみました。

エリザベス「ま、だいだい、今の小学校ではね。仲の良い男子
      は、名前を呼び捨て。
      で、次のまあまあの男子はだいたい、『オイ』とか
      言ってて名前を呼ばないですますね。」

ママ「え〜?じゃあ、あんまし親しくない男子の事を、呼ぶ時に 
   名字を呼び捨てにするんだ?」

と、確認すると。


今時の小学5年生「ううん。無視」

男子って、がんばってレベルを上げていかないと、
名前がなくなるらしい。

がんばれ、パンダ!

『ツーユー』でもいいから、呼ばれ続けてほしい、と毋は思いました。

その、名もない男子たちに、


涙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいカメ

今日から、カメの赤ちゃんがお披露目でした。
おたまじゃくしもそろそろとりどきのようです。
在園の皆さん、おたまの水槽の準備をそろそろおねがいしますね。

本日は、年少の初リトミック。

私もアコーディオンや、準備出勤中につくった新しいパネルシアター台とミッキーのパネル。
新ネタを試してみました。

「しまうまぐるぐる」をみんなで踊って、
みんなをみていてこちらまで目がまわりそうでした。

とってもとっても良い子でした。

「またやろうね。」

と、こどもにいわれました。

言う事とられちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことばおじさん

「ハイ、ことばおじさんです。」
ルルルル、と、電話をとった息子パンダが
こう言ったら
「ガチャン」と切られてしまいました。

お姉ちゃんの友達との約束の大事な電話だったらしく
エリザベスはとても丁寧にその友達に電話をかけなおしていました。

「ううん、違うの。『ことばおじさん』なんてきてないの。
大丈夫だから、うちに遊びにきてね。」

「ママ、もう、パンダに電話とらせないでね。」
そういってプリプリ怒っていました。

可哀想に。


そんなわけで・・・。


今、うちに電話すると

「ことばおじさん」がでてきます。


気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対面の集い

昨日は「対面の集い」。
新しいお友達と在園児とがはじめてホールに集いました。
Cimg1174

年長さんからプレゼント。
事務の先生から手品のプレゼントのあと、

ステージで「I want you back 」
全体で「イルミナント」を踊ったり、
かたつむりじゃんけんゲームなどをしました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前のない子

昨日は、ライブの後速攻で日付前に帰宅。
今朝はいつもの日常で子供たちを学校へ送り出します。

さっき、姉弟で登校するときの会話。
パンダ「お姉ちゃん、俺、今日20分休みある?」
エリザベス「あんた、また、あたしを見つけに探しにこないでね。
      ママ、パンダはね。休み時間に外にでて、わざわざあたしを探して、背中をバンってたたきにくるんだよ。」
わたし「パンダ、休み時間は、お友達とあそびなさい。」
パンダ「だから、ともだちとお姉ちゃんを探しにいくんだよ。」
エリザベス「そうそう、いつものピーナッツ君と知らない女の
      子」

そうえば、集団下校の時にも、その「知らない女の子」と3人で手を繋いで下校しているので、私も気になっていました。

わたし「で、その子のお名前は?」


パンダは自信をもってこういいました。

パンダ「それがね、ママ、
    名前はまだないらしいよ。」


すごいなぁ。それで、よく小学校は入れたよね。

それに、名前がわかんなくて、どうやって友達になったんだろうね。それに、エリザベス情報だとね、その女の子、パンダの事を違う名前で呼んでいるんだって。

不思議なシステム。


きっと、その3人の共通点。

1年生なのに、

ひらがな読めない。


そうゆう世界に住んでいるから、引き寄せられたと思われます。

****************
次の日。

このところの新1年生の息子パンダの「名前のない」お友達との交流を見守っていたところ、新情報。

パンダ「だんだん、みんなが『名前のない女の子』の真似をして
   俺の事を『ツーユー』って呼ぶようになったんだ。
   俺の新しいニックネームかなぁ。
   それでね。でも、ひとりだけ、俺の事を名字で呼び捨てに
   する男の子がいたよ。」

なるほど、私からみてもクールガイの彼です。方針がしっかりしているなぁ、と感心して話を聞いていると、

「へぇ〜、今時、名字呼び捨てねぇ。珍しい」

と、小学校生活も5年になる姉のエリザベスが口をはさみました。

エリザベス「ま、だいだい、今の小学校ではね。仲の良い男子
      は、名前を呼び捨て。
      で、次のまあまあの男子はだいたい、『オイ』とか
      言ってて名前を呼ばないですますね。」

ママ「え〜?じゃあ、あんまし親しくない男子の事を、呼ぶ時に 
   名字を呼び捨てにするんだ?」

と、確認すると。


今時の小学5年生「ううん。無視」

男子って、がんばってレベルを上げていかないと、
名前がなくなるらしい。

がんばれ、パンダ!

『ツーユー』でもいいから、呼ばれ続けてほしい、と毋は思いました。

その、名もない男子たちに、


涙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことばおじさん

「ハイ、ことばおじさんです。」
ルルルル、と、電話をとった息子パンダが
こう言ったら
「ガチャン」と切られてしまいました。

お姉ちゃんの友達との約束の大事な電話だったらしく
エリザベスはとても丁寧にその友達に電話をかけなおしていました。

「ううん、違うの。『ことばおじさん』なんてきてないの。
大丈夫だから、うちに遊びにきてね。」

「ママ、もう、パンダに電話とらせないでね。」
そういってプリプリ怒っていました。

可哀想に。


そんなわけで・・・。


今、うちに電話すると

「ことばおじさん」がでてきます。


気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼたん色

Cimg1133

昨日、まりせんせいが髪につけていたバレッタです。

年中さんたちから
「ピンクがないね。」と、いわれました。

確かあったはず。そうかなぁ、と思ってよくみると、
「ビビット ピンク」 「赤紫に近いピンク」でした。

そういえば、幼稚園の折り紙では、ピンクのバリエーションが3色あるんです。

薄いピンクは「桜」。 結構製作物にはよく使用します。
濃いピンクは「桃」。これは、雨の日の折り紙製作にもっとも人気のある色。すぐなくなります。
ちょっと紫がかった最も濃いピンクが「ぼたん」。

メーカーにはもっと種類があるのかもしれませんが、園で買ってもらえるのはこの3色です。

あとね。
「水」「空」「青」も別れてます。

そういえば、長年の幼稚園教諭ライフで、色といえばもう「折り紙」で考えるようになってるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きなあそび

すべり台をすべる子供たちに、先生の腕でとおせんぼをして
質問に答えてもらって関所の通過という遊びがあります。
「やって、やって、きいて」
というので
「好きな果物は何ですか?」
とか、質問をつづけていて
もう、ネタ切れだぁ、と思って

「すきな運動は何ですか?」

と、たずねたら・・・。

「うんどうかい」

でした。

なるほど、総合的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入園式

Cimg1122

平成19年度が始動いたしました。
皆さん、どうぞよろしくおねがいいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府中郷土の森で大道芸ライブ

府中郷土の森博物館には、「森の芸術師」という東京都ヘブンアーティストのような制度があり、歴史的建造物の復元建物周辺で「飴売り」「がまの油売り」などの伝統芸能の大道芸を「博物館」のアトラクションのひとつとして楽しむことができるそうです。

そう、ここは、水あそび場があって、芝生の広場があって、アスレチックもできるけれど、「公園」ではなくて、「博物館」なのです。プラネタリウムもあるんです。恐竜グッズや宇宙食だって売店で売っています。

縁があって、昨日から、ここで、その「森の芸術師」となって「文化事業」のお手伝いをすることになりました。
昨日は、バグパイプ奏者の近藤治夫さんと2人でいつも幼稚園でやっている手遊びやパネルシアターと、音楽の大道芸ライブをする機会に恵まれました。
近藤さんは東京都認定のヘブンアーティストととしてTVの「ぶらり途中下車の旅」の取材もうけたことがあるので、いろんな方たちが「テレビでみた」古い楽器について、興味深く見ていました。
私も、いろんな子供たちと触れ合う事で、幼稚園での保育のヒントをもらったような気がしました。

そして、この活動は、今後も暖かい時期を選んで定期的に行っていけそうです。

こんな事を考えています。

卒園したまりせんせいの教え子たちが、まり先生の大道芸ライブの日に「博物館」に遊びにきてくれれば、
また、まり先生と音楽で遊べるのです。もちろん、幼稚園にくれば、いつでも会う事はできますが、一緒に歌ったり踊ったりできる場がまた設けられるのはすばらしい事だと気づきました。

一緒に演奏する仲間はプロなので、投げ銭をお志として頂戴しておりますが(私は身分上辞退しております)、わずかな額です。それに、博物館の入場料は子供は100円、大人200円です。駐車場は無料です。

昨日は上は5年生くらいまでのお友達が遊びにきてくれました。もちろん、入園前の小さいお友達もたくさんきてくれました。
「歌のお姉さん」(私ね)と一緒にダンスが気に入ってくれて、次の回の場内放送で飛んで戻ってきてくれた子供たちもいました。

次回の出演は、4月21日(土曜日)。12時1時2時です。

P1010031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府中郷土の森ライブ

追記です。

下記は大道芸ライブです。投げ銭は歓迎ですが、特にチャージは必要ありません。お気軽にご覧ください。(府中の森事務所の許可を得て予約をしています。)

府中の森公園に入場の際、100円程度の入園料がかかります。

雨天の場合は復元建物の軒下です。

4月7日土曜日に府中郷土の森公園復元建築物近くにて、
国立在住の「バグパイプ」製作者で奏者の近藤治夫さんと2人で大道芸「ライブ」を行います。
ライブといっても、2〜3歳の未就園のちいさな子供たちを対象としたもので
まりせんせいがいつも幼稚園でしているおなじみの「手遊び」や「パネルシアター」も登場する親しみやすいものです。
そんないつもの私の授業プラス、ヨーロッパの古い時代の楽器のラウシュップファイフェとかクルムホルンとか、そうゆう名前も変だけど音もありえない音をだすものが競演する形、バトルです。
ピアノとか「モダン」の楽器は強弱がでたり、ちょっとした雨にも強かったり、大きな音がでたりするのですが、
古楽器は時代とともに「古く」て見捨てられた、それなりの不便な理由のあるものです。
それを皮肉った古い楽器の紹介のラップ調の曲も書き下ろしました。

これはね。

おゆうぎ会の「サラダでラップ」を練習していた頃からあたためていた楽曲の企画なんですよ。

題して

「古楽でラップ」。

お花見を予定している方。ぜひ、府中へおいでませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増殖

Cimg1088

昨日は、この仕事を持ち帰りました。
切っても、切っても・・・。

ちょっと何かが増殖状態です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うわばき

うわばき

昨日より準備出勤です。
貸し出し用の園のうわばき。
バラバラになったのをペアをさがしているところ。
神経衰弱です。

ところで、「読者」の方からこんなメールをいただきました。

・1記事しかみられない。
・コメントできない

なんででしょう?
難しい設定にはしてないし、全体公開にしてからもコメントはいただけてるのですが。
うちのマックPCでは大丈夫なのですが、
皆さんの閲覧状況をお教えください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »