« 手品とマジックの違い | トップページ | 丸太ブロック »

マジシャン高尾晃市さん

本日。まりせんせいの幼稚園で
マジシャンの高尾晃市さんの公演がありました。
Cimg0836

Cimg0839_1

俳優でもある高尾さんのマジックは、ストーリーのあるファンタジーな世界です。
会場との一体感のあるステージに、子供も大人もひとつになれました。
いいでしょ。
いいでしょ。


いいでしょ。

そんなわけで、いろんな後日談がありました。

その1 撤収がおわって車に乗り込んだ高尾さんをお見送りするチャンスに恵まれたおそバス乗車の園児たち。車を見送ると、すぐさま、「夢のマジック」がさっきまでおこなわれて今はあとかたもなく普通のいつものになったホールになだれ込みました。そして、みんな口々に
「わ〜〜〜〜!あったかい!きっと、高尾さんが魔法であったかくしておいてくれたんだ!」
いつも、みんながドアをあけっぱなしにしてなかなか暖房がいきわたらないホールが珍しくあったまっていたので、大騒ぎ。魔法だと信じてます。

その2 公演がおわって、お弁当の時間になった年長さん某クラス。マジックのお手伝いでラッキーにもジュースを飲む指名を受けた園児たちが自慢です。「俺たち、ちっともお腹すいてない。ジュースの魔法だ。いいでしょ。」
そして、間もなく。
「あれっ。高尾くん、まだ?」
みんな、高尾さんがお部屋にきてみんなとお弁当を食べるに違いないと思っています。
「そうか。◯組さんにいってんのか!」
そう、納得していたそうです。
(教育実習生じゃないだよ。まりせんせい、こころのつっこみ)

その3 帰りの園バスの中で。
「それで、結局、高尾くんのポテトチップスパーティ、どぉなったの?」
ショーの中で、ポテトチップスをみんなに配るみたいな期待があったのです。
しつこく、覚えている模様です。
「でも、変だよね。ヘビなんて。」と、いって、ぷっとふきだしていました。
子供の思い出し笑いです。これは、みた人だけがわかる話。

その4 ショーの最後になんだか「寝ている園児」が2名いました。
あとで、まわりにいた先生に訳をきくと
「だって、最後の音楽が寝てくださいっていう音楽だったよ。」
音楽に導かれて、寝る演技をわざわざしたそうです。


そんなこんなで。

また、明日からの幼稚園で

「そういえば、まりんせい。高尾くんってさ。」がたくさん湧き出そうです。


それもまた。

「マジック」。


余談です。本日のまりせんせいのピアスは、マジックにちなんで「トランプ」でした。ひそかにね♪


(写真の掲載におきまして了承を得ております。)

|

« 手品とマジックの違い | トップページ | 丸太ブロック »

エンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マジシャン高尾晃市さん:

« 手品とマジックの違い | トップページ | 丸太ブロック »