« 修了遠足 | トップページ | ケンちゃんとゴンちゃん »

論文調

11月に研究発表をさせていただいた結果の小論文を現在執筆中です。
ありがたいのは、研究発表に推薦してくださった音大時代の恩師が
執筆の添削をしてくださっていることです。
しかもその内容が
「ここは漢字ね」
「ここには点を打つ」
「行数はここにそろえる」といった内容まで指導していただいています。

卒業して20年ちかいというのに、
ありがたいです。

しかしながら「です、ます調」での文章になれていると
「である調」で論ずるのはとても難しい。
それに、漢字であるべき文字とあえて平仮名が適切な場合の見分けがわかりません。

公文書文字というのでしょか。
平仮名の世界で暮らしているだけに難しい。

でも、私。
平仮名はちゃんと教育文字でかけますよ。

幼稚園や学校の先生が黒板に板書する場合、
これから文字を覚える子供たちに正しい文字を覚えてもらうために
教育文字で書くことが義務づけられているのです。

日本語って難しいなあ、という事がわかって良い機会でした。

|

« 修了遠足 | トップページ | ケンちゃんとゴンちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論文調:

« 修了遠足 | トップページ | ケンちゃんとゴンちゃん »