« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

絵つなぎ

Cimg0731

Cimg0732
今日は作品展準備のために、出品する「絵をつなぐ」作業をしました。

Cimg0733
紙テープをくるくると2人組でキャッチするのは
職人技なんですよ。

セロテープも「凧」と「絵つなぎ」だけは太いサイズに入れ替えて作業するんです。

こだわりといえば、「紙粘土」。
「かるかる」は、目的によっては軽くて仕上がりは良いけれど、
いったんちぎってしまうとくっつきにくいので
粘度細工には向きません。

この時期、素材について、技巧について、職人談義がはずみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコーディング

年長さんの一年間歌った曲をレコーディングしようではないか。
という意気込みで、
今日は3曲ほどパソコンに取り込みました。
まだ不慣れなのですが、なんとかCDにできればと思っています。

昨日はお帰りのバス乗務後、都内で会議出席の出張があったので
ついでに銀座のmacショップにいって、パソコンレッスンを受けてきました。

やりたい事、できない事をメモしてのプライベートレッスンです。
もうすぐ卒園の年長さんのために何かがしたくて
練習用に朝礼のあとに年長さんに歌ってもらった「モンキーマジック」をパソコンに取り込んでおいたのを
mp3に変換したり、ポッドキャストにしたりを習ったあと、
インストラクターのお兄さんに言われたのは、
「せんせい、明日、幼稚園でこれをやりましょう。」。
お兄さんもmacを使った幼稚園での教育の展開に
興味を持ってアドバイスしてくれています。
それで、次の展開が、
「動画でうたを残す」こと。

ブログでさえ、「ネット環境の不公平さ」を留意すると「園だより」としての性格は難しいのですから
もちろん、ポッドキャストには踏み切りませんが、
技術的にはパスワード公開の新サイトを短期間限定で立ち上げて
ポッドキャストを楽しむ事は可能です。

試しに、こどもたちを集めて実験してみようと、
昨日の担当のお兄さんが写っているテスト動画を見せると•••。

大騒ぎ!

これは大変。

ビデオカメラと違って、パソコン内蔵カメラなので、自分たちが写るのがはっきりわかるためです。

ちょっとあわただしい感じではありますが、
なんだか宿題を楽しんでいます。

あと、もう一つ大きな課題として
未だにカセットテープを使用している運動会BGMを
なんとかi-tunesにとりこんでみること。
これはちょっと先の課題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武漢雑技団

本日千秋楽を迎える「武漢雑技団」の〜中国英雄列伝〜を息子と2人で観劇して参りました。
http://www.chinese-hero.jp/index.html

英雄列伝ですから、中国の歴史や見所が目まぐるしく展開していきます。

これはワールドツアー用なのでしょうから、世界の皆さんに中国文化を紹介する役割を果たしている。
そんな印象を受けました。
私は、夏に「広東雑技団」の「アクロバティック白鳥の湖」をオーチャードホールでみているので、
カラーの違いのようなものも感じることができた気持ちです。
こんどは「上海雑技団」はどうなんだろう?という興味も湧いてきました。
隣の席の方の話では、
なんでも上海は「スター」が中心のエンターテイメント形式だそう。
この「武漢」はチームプレーが中心で、
一番すごい技をした人もすぐにアンサンブルとして群舞にまじったり、
マットレスを持つ裏方にまわるなど
個人を特定するのは難しい。
ダンスや芝居をおりまぜた総合的なステージ演出だからでしょう。

なんでもこの演出を担当した国家一級俳優のイエン チン グーさんはサントリーウーロン茶のCMでおなじみの方だそうです。

会場の「東京フォーラムA」は、私は宮本亜門さんの「キャンディード」以来だなぁ。と、思ってしばし感慨にふけっていると、「そうだ!」と息子の顔をみて思い出しました。
息子がお腹にいる臨月の時に、破水しないようにと気をつけながらここに「EW&F」の来日公演にいったのでした。

「ママ、俺ここ気に入った。」とご機嫌でガラス張りの壁から新幹線を眺めている息子をみて
時のたつ早さについて驚いた週末でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お父さんダーツ

Cimg0725

先日のリトミック参観でも使用したのが秘密兵器の「お父さんダーツ」です。
お父さん方を指名するのは、とても気を使います。
こどもたちにとっては、いろんなバラエティに富んだ「父性にふれるチャンス」です。
自分のお父さんと違う「男」のモデルを見る事は、特に男子にとっては絶対に必要なことだし、
先生たちはお姉さんからおばちゃんなので真似のしがたいことです。

しかしながら、注文のうるさい園児たちは「自分のお父さんをここで使ってほしい」「お父さんが会社を休めなかったのがズルい」とかいろいろ子供事情があります。お父さん方にとっても恥ずかしい気持ちもあり、どんどんとお父さん方よりも年上になりつつあるまり先生としてもつらいものがあります。

なので、ダーツなんです。
平等に。

中央には「まりせんせいの言うとおりにする」とあります。
そして、フレンドパークのたわしなみに
「体操のお兄さんになる」「こどもたちと一緒におゆうぎを踊る」「アバレンジャーになる」があります。

今年も「体操のお兄さん」「アバレンジャー」「怖いおじさん」が登場しました。

参加してくださったお父様方に厚く御礼申しあげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リトミック参観

本日、無事に 年少さんのリトミック参観が終了いたしました。
ここ数日、色々とプランを試行錯誤していたので
おわって心底ホッとしています。

3〜4歳ならではの楽しい会話のやりとりをなるべく聞いていただきたくて
いつもの先生とのやりとりを再現する形をとってみました。

「読み聞かせピアノ弾き語り」がご家庭での「読み聞かせのヒントになった」というご意見をいただき、私の方が参考になりました。読み聞かせを大事にしているご家庭が多いのですね。
頭が下がります。

私も、もうちょっと家庭での読み聞かせをがんばらないと、と思いました。

学生時代にアルバイトでピアノを教えたりしていたのも含めて、どうも1対1って苦手なんです。
読み聞かせより、みんなに読むのが好きなまり先生です。

なにはともあれ。

本日はありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートケーキ

2007年1月のケーキはチョコレートケーキ。
麦チョコがのっかってます。
Cimg0707_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゅず玉

Cimg0709

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お風呂のうた

この前の年少さんのリトミックで
「お風呂の歌」をやりました。
それで、お風呂が熱いときに子供たちに
「どうする?」って尋ねるところがあるんだけど、
今年はけっこうヒットがありました。

「子供はでる。」


「ちょっとがまんする」


「大人を呼ぶ」

ずいぶんあとになって
やっと

「水をいれる」がでてきました。

まだ3〜4歳だと自分で水はいれないんだね〜。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

デパ地下で試食する

子供ってさぁ。
どおしてデパ地下の試食コーナーで食べたいなぁ、って思うとき。
必ず「ママー!」って、自分の所属するママを周りに周知させてから試食を実行するのかねぇ。

もしかしたら、
「ボクはちゃあんとお家のあるご飯に困ってない子ですが、
この新製品には子供ながらに興味がございますので
夕飯前ではございますが、母の許可を得て、
味のボキャブラリーを広げてみる所存でございます。」

みたいな?
そんな意味をこめまくった「ママー!」を発するんだよね。
ま、勝手に食べたら食べたら「ご飯前なのに!」(怒)だけどね。

今日の息子パンダのご試食は、
「鶏の唐揚げ」でした。

膝をまげて、爪楊枝を落とさないようにつまむ姿が貧乏っちくて
ちょっと泣けました。
ちゃんとご飯あげてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズポポラー

室内遊園地に息子といってきました。
http://lacittadella.co.jp/kids/popolar.html
ここは、親と一緒に遊べるだけでなくて
子供を預ける事もできるようです。

同じフロアに「耳そうじ」のお店もあったので
次回いくときには1時間だけ預けてみようか?とも思っています。

ただ、注意しないといけないのは12歳までお金がかかります。
うちの場合、娘はすでにこうゆうところで遊ぶ年齢ではないのでちょっと微妙です。

映画を観る場合のパックもありました。
3時間で大人の映画チケット込みで4200円だそうです。
大人2人で映画をみると4900円、お得になります。
ベイビーにも対応とのこと。いい時代になりました。
キャッチフレーズは「映画をあきらめていませんか?」だそうです。

もう6年前にできてて欲しかったです。ホント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重要なお知らせ

 ブログをご覧の皆さん、いつもご愛顧ありがとうございます。

 さて、今回は重要なお知らせをさせていただきたいと思います。

 ブログ立ち上げから1年を経て、また新たな挑戦を試みたいと思っているのです。 

 web版のおたよりとして、プリント版の「かれいどすこ〜ぷ」を卒園された方々へも購読してほしいといいう気持ちがそもそも立ち上げた理由でしたが、このブログは私にとって日々の記録を綴るだけでなく、「子供の日常からわきでる素朴なつぶやきを拾う」というライフワークともいえる活動の原点ともなったことは大きな収穫でした。

 今まで本ブログが、本園関係者だけへの限定ブログという形をとっていたのは、やはり子供たちへの安全の配慮からです。まだブログに対して不慣れな私が模索しながら全体公開をして「万が一」にこどもたちの目に触れてはいけないようなトラックバックやコメントがついて「ブログ荒らし」のような状態になっては、ブログをたちあげた意味がなくなってしまうと思ったからです。(この点に関して1年間学ばせていただきました。)

 そのため、今までもユーザー名、パスワードを設定しないと閲覧できないようにはなっていても、「安全を心がけ、「幼稚園名」「場所」「行事の予告」などの話題は極力さける方向で特定のできないような表現をこころがけていました。いつかパスワードを外して全体公開になったときのために、ネット上の表現の勉強と思っていたからです。

 このところ、音楽関係や研究発表で知り合った保育者養成期間の先生方から「保育を志す学生」や「駆け出しの幼稚園教諭」「幼稚園でのリトミックを知りたい」方から、ブログについてのお問い合わせを多数いただいてきていること。もうすぐ3年に一度の同窓会があり卒園児とたくさん再会することなどから体制をキチンと整えて、そろそろ全体公開への準備をはじめようと思いたちました。

 今まで、ブログの対象者として、私と直接つながりのある方や大学の教員の方などお世話になっている方々へは「発信」としての意味をもつので個人的にパスワードをお教えしていましたが、その学生さんにまで公開することに関してはお断りしていました。パスワード設定前提でいただいたコメントを配慮しての事です。しかし、「学ぶ」立場にある学生さんが参考にしていただけるのだったら、画像や表記を今一度見直して全体公開へのモデルチェンジを試みてみようという気持ちになったのです。

 園の保護者の方々から寄せられる意見の中で、最も多いものが「ネット環境がないので観られない。」というものでした。なので、園のおたより部分として全員にお知らせしたいものには、プリント版の「かれいどすこ〜ぷ」として在園児すべてに配布し、合わせてブログの開始時期には書籍化したものを閲覧していただきました。この「園のおたより」部分というのは、遊具の名前など保護者の方には伝わりづらいトリビア的なものです。新しい全体公開仕様では、これらの遊具のイメージ画像も場所の特定になるので全て削除する予定です。今後は、園でのトピックとしてより、表記としては私の個人日記としての範囲にとどめるつもりです。

 また、今まで寄せていただいたコメントもパスワードがかけてある前提で投稿してくださったものですので、ここで園関係者コメントは削除いたしました。ご了承ください。

 全体公開といってもRSS表示などはせず、ブログランキングに登場したり検索にはひっかかりにくいようにし、タイトルにある「園にちなんだもの」も外します。トラックバックを許可した記事からか、許可をしたリンクからの飛んでくる事ができるようになるだけで「知る人ぞ知るブログ」であることには何のかわりもありません。「かれいどすこ〜ぷ」というブログタイトルも「まり」という名前もたくさんあるでしょう。そうゆう匿名性も考慮してのことです。

 そうゆう訳で、ブログの全体公開予定日は2月10日。それまでに色々と試行錯誤をし、悩みながら削除作業、再構築をすすめていくつもりです。

 本園園児のすばらしい発想やこどもらしいのびのびとした感性が、「保育を志す学生さん」や
「地方で孤独にリトミックの普及をがんばる若い先生」や「こどものこころに触れてホッとしたひといきをもちたい人」や「入院などの事情で幼稚園にいけない、いけなかった人のこころの幼稚園」として役にたつことばあれば幸せに思います。

また、新たにコメントをいただく際には「園名」「所在地」「行事の日程」などを表記をされないようにお願い申し上げたいと思います。

この件に関しまして、今までコメントをいただき熱心に閲覧していただいた何人かの方々に貴重なご意見をいただきました。「園での様子を知ることができたので残念である」というご意見もいただき大変元気づけられました。どうもありがとうございました。

 どうぞよろしくおねがいいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェリア ムジカ

http://www.feriamusica.org/
ベルギーの音楽と融合したサーカスを息子と2人で観てきました。
場所は日本最大のライブハウス、川崎のチネチッタです。

サーカスといっても動物はでてこない
空中芸とかコンタクトボール、アクロバットと、
「からだであそぼう」の森山開次さんみたいなモダンダンス、
それにコンテンポラリーな音楽のセッションがつくものです。

主催している株「アフタークラウディカンパニー」はいろんな国のサーカスを招聘していますが、
群馬に日本初のサーカス学校「国際サーカス村」とも密接な関係があります。
校長先生のお人柄でしょうか、今回はこども料金も設定されていたので思いのほかちびっ子で会場は溢れていて、チネチッタの黒服スタッフと微妙な取り合わせになっていまいした。

ベルギーからきた「音楽と融合したサーカス」をまるでイタリアの町並みの中でみて、帰りに隣にある子供用の室内ジムで「アメリカみたい」と感動しながら「ナンドック」を食べました。

なんだか楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食育


本日は栄養士さんたちによる「食べ物のはなし」がありました。
赤、黄色、緑に色分けされた食べ物の話や、ミルクに入っているカルシウムの話、朝ごはんを食べよう、などとてもためになる話がきけました。
お弁当の時間に早速色分けの話がでたようです。
私自身の興味としてなるほど!と思ったのは、腹話術人形の大きさです。やっぱり5歳児くらいの大きさなのですね。これは、おもちゃの人形の「プリモプエル」もそうらしいのですが、人形として一番ふさわしいのが5歳男児だそうです。それに人間用の洋服を買ってもらってるのですね。「ミキハウス」とバーゲンだそうでした。私もちょっとお金持ちになって子育てが懐かしい年頃になったら「坊主頭の5歳児の人形」を手にいれて腹話術を習ってしまおうか。そんな事を思いました。
この会を企画•実行してくださった方々、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケンちゃんとゴンちゃん

かわいい二人のお人形さんが今日幼稚園に着きました。
きたる栄養士さんによる「食育」の腹話術のご一行が下見と打ち合わせにいらしたのです。

こどもを第一に考えたお話をうかがって、やっぱり「学校関係者」だなぁ、と感じたり、ぴっちりスーツケースにおさめられた旅慣れた収納をみて「芸人さん」だなぁ、と感じたり、元気いっぱいの姿に「いい先輩だなぁ」と感じたりしました。

たのしみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

論文調

11月に研究発表をさせていただいた結果の小論文を現在執筆中です。
ありがたいのは、研究発表に推薦してくださった音大時代の恩師が
執筆の添削をしてくださっていることです。
しかもその内容が
「ここは漢字ね」
「ここには点を打つ」
「行数はここにそろえる」といった内容まで指導していただいています。

卒業して20年ちかいというのに、
ありがたいです。

しかしながら「です、ます調」での文章になれていると
「である調」で論ずるのはとても難しい。
それに、漢字であるべき文字とあえて平仮名が適切な場合の見分けがわかりません。

公文書文字というのでしょか。
平仮名の世界で暮らしているだけに難しい。

でも、私。
平仮名はちゃんと教育文字でかけますよ。

幼稚園や学校の先生が黒板に板書する場合、
これから文字を覚える子供たちに正しい文字を覚えてもらうために
教育文字で書くことが義務づけられているのです。

日本語って難しいなあ、という事がわかって良い機会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修了遠足

去る1月12日には、年長さんの思いでづくりのためにサンリオピューロランドに修了遠足にいってきました。
この日を設定したのは、3学期で最も空いている、他に団体のこない日と予測される金曜日だからです。
遠足ピークは2月の後半の金曜日に集中する傾向があり、
それでは家族で週末にいくテーマパークとかわりません。
園児の団体行動だから味わえるスタッフの皆さんやエンターテイナーとの触れ合い、せっかくだから職業体験の目もふくめて色々質問してみたい。
知ってますか?ピューロのテーマはコミュニケーションなんですよ。
だから、「ピエロとピュアをあわせた言葉はピューロであること」「所在地は虹のむこうであること」「いちごの王様が創ったこと」などを事前に伝え、こどもたちに夢と魔法の世界にはいりやすくするのです。
今年は、「くるみわり人形」のミュージカルレビューをみることを中心にすえました。 年長のクラスでおゆうぎ会で演じたつながりからです。
アテンドのちあきおねえさんには、「チョコレート工場」などのミニプラントをグループごとにその都度動かしていただいたり、一日たっぷりおつきあいいただきました。ファンになってしまった子供たちも多かったです。
昨年の遠足でもクリスマスカードの交流などで本園を覚えていてくださった「ナンシー」役の「さとみおねえさん」もパレードではわたしたち専属のナビゲート役となって一緒に盛り上がってくれました。
私個人としても、こうしてこどもたちとかかわる保育の場が外にひろがり、つながりをもつ、コミュニケーションができることはとても大切な事です。今年もまたかけがえのない経験をさせていただきました。
「宇宙」をイメージしたときに「宇宙はメリーゴーランド」「宇宙を旅するカーニバル一座」を思い出すような宝物をいただきました。

関係者の皆さん。あつく御礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルコム

携帯をauからウィルコムにしました。
安いからです。
今年から息子も小学生ということで
GPSで居所を検索するため娘とおなじく持たせようと思ったからです。
番号が3つまでしかかけることのない子供むけプランを家族わりで829円。これにGPS検索つきのメールを着けるとプラス500円。
私は通話とメールし放題の2900円が家族わりで2200円でデータ定額を1050円をつけ3台でも5000円を超えるくらいになりました。

安いことを一番大事なことに定めたので、着うたフルとか携帯でのカメラ撮影とかいろいろ今回であきらめることがでてきました。でも、ウィルコム同士は無料になったので便利にかけられる人もでてきました。

実はうちのパパは未だに携帯をもっていません。でも、これを機会に自分も持ってくれればおお助かりです。

「かえりに牛乳かってきて」とかね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしるこパーティー

おしるこパーティー
今日はみんなでおしるこ食べました。

おしるこパーティー

北海道産のお豆に砂糖を吸わせてから、煮るときには砂糖を足していれないのがコツだそうです。
お餅は年少が4つ。あとは5つ以上でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マックユーザー

突然ですが、昨日銀座のマックショップにいって、パソコンをマックにかえました。
昨日からセッティングに追われてようやくここで更新できるまでになりました。

音楽をきちんとパソコンでやらないと、時代に取り残されるかなぁ、とパソコンのレッスンにも通ってみようと思いました。本当はそこまで考えずに息子をつれてふらりとショップにいったのですが、キッズスペースで自由にゲームができるのが息子が気に入ってくれたので十分に納得いくまで話がきけて自分の将来やるべき事が見えたのがおおきな要因。つまり、こどもを安心してつれていけるところでないと、普通主婦はパソコンも習えないのですね〜。
と、いうわけでまたまた新しいことに手をだしてしまった新年なのでした。

昨年はちょうどこのブログを立ち上げました。一年間ご愛顧いただいた読者の方々、ありがとうござました。
これからも、やれる範囲でその時々の形でやっていこうと思っています。
どうそよろしくおねがいいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイリッシュ

アイリッシュ

アイリッシュ

今日はアイリッシュハープ奏者の方との出会いがありました。素敵な音色。
スプーンもパーカッションとして専用のいろいろなものを見せてもらいました。普段はドイツにお住まいの彼女からゴミの分別の専門職業があること、ティーパックの茶葉もよりわけることなどを聞き興味深かったです。よい1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいいたします。

年長さんはもうすぐ卒園ですね。

でも、今年は同窓会もあります!

1年生になったむこう側にも再会のチャンスが見えているので

なんだかとっても楽しみな気もします。

幼稚園がはじまったらみんながびっくりすることがひとつありますが、

ここではナイショにしておきます。ヒントはお庭です。ちょっとしたリニューアルがあるんですよ。

それでは皆さん、よいお正月をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »