« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

富士山こどもの国

http://www.kodomo.or.jp/

テレビコマーシャルにひかれていってきました。

雪あそびひろばでそりすべりができました。そりのレンタルは200円です。

場内がとても広いので

園内バスを利用しないと寒くて大変です。

屋内ホールでフラフープやロッククライミングをすることも

できます。

「富士宮やきそば」つくり体験もできます。自分でつくっても、つくったのを買ってもおなじ200円です。

あと、缶バッチつくり50円にも参加してきました。

ゴミの持ち帰りを徹底して呼びかけている不思議なテーマパークでした。やっぱり、公営なのでしょうか?

建物の雰囲気がお泊り保育でいった「藤野芸術の家」にとてもよく似ていました。

年末年始やってるそうです。お気に入り度☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パントマイム講習会

Cimg0627 今日は「冬期特別親子パントマイム講習会」に息子と参加しました。

講師はパントマイマーの「島 留美」さんです。

年長さんのお嬢さんをお持ちのマママイマーである先生。こどもたちへのことばがけもとても身近なかんじ。リラックスモードです。

Cimg0632

日頃、テレビなどでなにげなく見ているパントマイムの基本動作も、例えば「壁」はこうゆう課程の動作を組み合わせる、といった説明でこどもでも短時間でなんとなくかたちになりました。

こども向けにあそびで「ロープ」の動作の応用に大人対子供で綱引きもしていただき、お約束でもちろん子供チームが勝ちました。

効果音にあわせて即興表現もあり、リトミックの先生としたことが大苦戦をしてしまいました。息子はリトミック参観でも毎年パパとペアだったので、ママと一緒にするパントマイムはとても嬉しかったようです。

冬休みのチャージでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芸人忘年会

Cimg0600 クリスマスイブイブイブ、連休前夜という盛り上がっている新宿に子連れで忘年会にいかせてもらいました。

ママ友達としても尊敬しているパントマイムの先生のお嬢さんもご一緒でこころ強い思いを胸に。

ヘブンアーティストの資格をもつ大道芸人の方々を中心にいろんな職業の方々と交流ができました。この活動は「部活」という名前でときどき行われる私の大切ないきぬきの時間です。

でも、困った事に息子にとっても「大事な時間」らしく彼もとても楽しみに「あと何個寝ると忘年会?」と尋ねてくるのです。

ひとりで忘年会にいける身分になるのには、あと何年かかるんでしょうね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバのクリスマス

ロバのクリスマス

ロバのクリスマス

昨日は我が家にとって恒例になっているロバのクリスマスに参加しにロバハウスにいってきました。ただのライブではなく、参加することに意義がある、そんなかんじです。私や子供たちそれぞれのロバ仲間にまた来年!よいお年を!が言えた気分です。満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危機一発

今日はぽかぽか日和。

「乗りませんか。どうぞ。」
と言われたので
リヤカーに乗せていただきました。
「まりせんせい。重いよ。」といいながら
一生懸命ひっぱってくれました。

すると、ありえない程細いところを通り抜けようとなさっているので、
「無理、絶対無理だよぉ~。やめようよ~。」と懇願したのに
「だめ、絶対。行かなきゃ。必要だから・・・。」

まりせんせい。危機一髪です。
もうだめ、落ちると思ったとき。

「着きました。ハイ、降りていいよ。」
といってそんなにまでして到達した目的地は、

ガソリンスタンドだそうです。

「まりせんせい。重かったから。ガス欠だよ。」

だそうです。リングジムのロープのところが給油ホースなのだね。なるほど。マストな理由が納得です。 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100まで数えてみよう

「1,2,3,4,5,6・・・・・
77、、78,63,43,56・・・・
88、、87,84,86、・・・・
95.96.200.98.97.100!」

今、園バスの中で流行ってる「100まで数えられるか」の実験。

99の次に100っていかないと、自然に「ガクッ」とします。園バスの運転手さんも「ガクッ」ってしてしまうので大変危険です。

しかもね。

55,56,57,59・・・」
となっている途中で先生(私)が他の園児の降車のために聞くのを中断すると。ドアを閉めて「ばいば~い、また明日。」
の瞬間に

「60,61,63・・・・」と続きが始まるのです。

あ~、辛い。と、思っていたらね。

帰宅して、息子のパンダとお風呂に入っていたらね。

「ママ、俺。100まで数えられるようになったよ。
・・・・・95,64,75,74,53,98・・・」

心の中で
『それは、100まで数えられるじゃなくて100までの知ってる数を全部言うでしょ。』と、つっこんでみました。

あ~、家に帰ってまで、これかぁ。
年長で超流行ってるんだねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かくれんぼ

鶏小屋の前のすべり台の影にずっと、ずっと座っていたらね。

待っても、待ってもだれもきてくれなくて・・・。

ヒュ~~~~~。

「まりせんせい、何してんの」
「かくれんぼ。」

「えっ?誰もかくれんぼしてないよ。みんなやめちゃったよ。」

ヒュ~~~~~。

エ~ンと、泣きまねしたら、
「かくれんぼする時はひとりでかくれちゃだめだよ。」

と、教えてもらいました。

4歳の男性に。

***********

その後。
「まりせんせい。かくれんぼしたいなら、僕としようか?」と言ってくれたので、また仲間を募ってやり直しました。

その紳士君はずっと一緒に手を握ってかくれてくれました。

誰かが言ってました。
「寒いから『かくれんぼ』じゃなくて『隠れ鬼』にしよう!」

どう違うのか尋ねたら

「走るのさ。」

なるほど!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちごのタルト

181207のケーキ

「いちごのタルト」このいちご、大粒です。1個でさまになるという選ばれたいちご。最近オープンした新スーパーの広告の品だそうです。

181207のケーキ

181207のケーキ

あまったいちご、理事長先生、運転の先生だけ多かったんですよ。ずるいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬支度

284955836_24s 園庭のくぬぎの木です。

枝葉を落としたところ。

枝と葉にわけるのはこどもたちです。

284955836_175s 葉は腐葉土になり畑で役立ち、枝はやきいもの時ように来年まで乾燥させるそうです。

自然と向き合うって気の長い話ですね。

みんなも上手にお手伝いできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんすう

算数問題のだしっこです。

「入れて」「いいよ。」といってからしか答えてはいけません。

もんだい1「十万たす1万は何だ?」

「11万」「ぶっぶー」「10万と1万」「ぶっぶー」

「正解は・・・じゅうまんいちまんでした。」

難しい。ハイレベルでわかりません。

問題2「じゃ。まんじゅうたすまんじゅうは?」

「2まんじゅう。」「ぶっぶー」「まんじゅう2こ」「ぶっぶー」

「正解はまんじゅうまんじゅうで・・・じゅうまん。」

スゴイ。これはイケル。

問題3「じゃ。難しい問題。英語が入ります。セブンイレブンたす1は?」

「セブンイレブンいち」「ぶっぶー」「いいな~。☆は。英語習ってるもん。ズルイよ。」

「そうだ!☆。ズルイズルイ。英語だから教えてよ。」

「いいよ。正解は・・・。8。エイトです。」

まりせんせい「ちょっとまって!なんで8なの?先生も解らないよ。7+11+1=19じゃないの?」

「ぶっぶー。まりせんせい。入れてって言ってないよ。」

まりせんせい「すみません。入れて。どうやるか教えて!」

「わかんないかな。セブンは英語で7なんだよ。それでね。7と1たすと8でしょ。」

まりせんせい「だから、イレブンはどうすんのさ。」

「イレブンはおいとくの!」

まりせんせい「どうして?おいとおくのさ!」

「イレブンはね。英語じゃないから・・・。」

む・難しすぎます!難問です。

第4問はずっとそれを聞いていた年少さんからです。

「なな たす は?」

「えっ?なな たす 何?」

「正解は、たしザン!」

なんかわからんけど、みんな満足毛だったので・・・。

良かったんじゃないか、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立科学博物館

国立科学博物館

国立科学博物館

国立科学博物館

お散歩がてら上野の国立科学博物館にいってきました。まだ新館のみオープンですが1日たっぷり潰せます。剥製でいきていないからこそ並べることができると感動。重さを再現したぬいぐるみや探検通路もあり、子供は無料。大人は五百円。安い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »