« アラジンの楽器 | トップページ | 研究発表 »

姉のパンツを履く

朝、息子のパンダの機嫌が悪い。
ソファで毛布に包まってでてこない。

しばらく放っておいて・・・。

パパが出勤。
エリザベスが登校。

すると、ムクムク起きてきて。

「誰もいない?」と確認してから。

「ママ、着替えさせて」と言う。

もうすぐ学校にあがる年長さんともあろうお方がなんという事だ!と、思いつつ、テンション低すぎて着替える気力もないのか!と手伝って、不機嫌な理由がわかった!

「お姉ちゃんのパンツ、間違えてはいてた。」

と、涙があふれ、あふれ・・・。

「ママが間違えて俺の引き出しに入れたんだ。
だから、ママのせいだ!ごめんなさいは?」

と泣きながら一生懸命に言いました。


面白い!

やっぱ、君はイケテル。

朝からありがとう!


みんな、ママがこれをみんなにバラしていること。

ナイショだよ。

|

« アラジンの楽器 | トップページ | 研究発表 »

パンダ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姉のパンツを履く:

« アラジンの楽器 | トップページ | 研究発表 »