« ヘイフラワーとキルトシュー | トップページ | 両国で大道芸デビュー »

バグパイプ

幼稚園は創立41周年ですが・・・

もしかしたら「バグパイプ」の音が鳴り響いたのは「お初」だったかもしれません。

Img_3152 「古楽」のバグパイプ奏者の近藤治夫さん。日本で唯一のバグパイプつくりの職人さんでもあります。先日のTV「ぶらり途中下車の旅」では国立にある工房での様子も紹介されていました。

近々に私とコラボ予定があるので、その打ち合わせに来園してくださったのです。

Img_3153 先生方にもご協力いただいて、「ルネッサンスダンス」の指導の練習をさせていただきました。

ホールに鳴り響く「バグパイプ」の独特の音色や、空気を溜め込んで吹くので、「息継ぎがない続いた感じ」や「空気さえたまっていれば吹いていないのに音がでるマジック」なんかを。是非是非、わが園児に見せたいなぁ~、と強く思ってしまいました。

近藤さんはライブでいつももの凄いたくさんの種類の古楽器をとっかえひっかえ演奏なさるのですが、その中でも子供うけしそうなものを2点。

一つは「クルムホルン」・・・傘のえの部分ににている笛。

「ミュゼット」・・・名前は昨日はじめて知りましたけど、バグパイプみたいな感じだけど、口で吹かずに脇でふいごを動かして空気を送る笛。

ねっ。観てみたいでしょ。こんど園児むけに撮影させていただきますね。

コラボの告知も近藤さんのHPでの告知をまってお知らせいたしま~す!

|

« ヘイフラワーとキルトシュー | トップページ | 両国で大道芸デビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バグパイプ:

« ヘイフラワーとキルトシュー | トップページ | 両国で大道芸デビュー »