« ヘブンアーティスト@都庁 リアルタイム | トップページ | ヒネモス@吉祥寺 »

ヘブンアーティスト審査会

昨日は勤務後に都庁で毎年行われる大道芸のライセンス。ヘブンアーティストの公開審査会を見学にいってまいりました。

ヘブンアーティスト=大道芸人ではありません。大道芸人の中でこのライセンスをお持ちの方のみ、公の場所で芸をすることが許されている制度なのです。だから、このライセンスをまだ持っていない大道芸人さんが毎年挑戦する熱い祭りでもあり、すでにライセンスを持っている芸人さんたちが最近の動向をリサーチするため、観客の多くに芸人がうじゃうじゃいるのです。

今回は懇意にしてくださっているヘブンアーティストの「まなびや先生」さんから、同じく授業パフォーマンスでがんばっておられる「らんま先生」http://ranmasensei.net/を応援するためにお誘いいただきました。

むらさきにも公演経験のある「三雲いおり」さんにも久々にお目にかかり素敵な笑顔を拝見できましたし、ムンドノーボぽこブヨ~ダンのメダマスター(芸人)さんには、「沢入国際サーカス学校」の校長先生や横浜でおもに活躍されているドレッドヘアの「しゅうちょう」さんをご紹介いただきまた交流が広がりました。

Img_3024 おもしろかったのは、この着替えテントにはいっていろんな役柄に

なる小芝居。お姫様がおもしろかった。

Img_3018 三雲さんの「サロクロービングシアター」ではお客さんを包帯でぐるぐるまきにしていました。

Img_3062 応援していた「らんま先生」は8月30日に笑っていいともにご出演だったそうで地球儀にのっている姿を見かけた方もいるかもしれませんね。

今回、誘っていただいた方たちと集団で応援だったのですごくもりあがり楽しい経験でした。

無事の合格をお祈りしております。

実験は表面張力でした。

審査会のあとは、まなびや先生つながりで、腹話術師の方、クラウンさん2名、大道芸ライター、大道芸ウォッチャーの方々等などとオフ会でした。テーブルにおいてあるコースターですぐ芸を考えてしまったり、ナマで腹話術を披露していただいたりとこのうえない幸せでした。

心に残ったことば

「らんま先生」が乗っている地球儀は、わざと日本が3倍くらい大きく画いてあるそうです。日本が大好きだから、こどもたちにも日本を大好きになってほしいそうです。

すごい先生だと思いました。らんま先生は3月まで本当の教員でしたが、4月からはみんなの先生になられたそうです。

良い学習をしました。

|

« ヘブンアーティスト@都庁 リアルタイム | トップページ | ヒネモス@吉祥寺 »

エンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘブンアーティスト審査会:

« ヘブンアーティスト@都庁 リアルタイム | トップページ | ヒネモス@吉祥寺 »