« ドーナドーナの音楽会 | トップページ | 今日はまなびや »

さよなら恐竜館

Img_2944 西武園のユネスコ村「恐竜探検館」が13年間の営業に幕を閉じるそう。

この恐竜館には、年長児のお泊り保育がかつて入間のグリーンロッジだった時代の入間川での川あそびの雨プランとして、数回お世話になりました。

まだ、一般オープン前に職員で視察させていただいたときにには、プレショーで映画を観終わってスクリーンが上がり、水先案内人がお辞儀をするところが3人でした。いつしか、このお辞儀がなくなり、今日は独りでじっくりお辞儀をしてくれていました。

ここの良いところは団体でいくと、2回乗っても同料金ということで、もう勘弁という子を覗きほとんどの子が2回くりかえし観ていきました。とはいえ、やはり苦手な子も学年で2人は必ずいて、お泊まり保育にいきたくない理由のひとつに「恐竜が怖い」というのがあげられたこともあって、数年後には雨プランを「サマーランド」に変更したりしていました。(今年度は晴雨関係なく藤野芸術の家です。)

もう「スーパーサウルス」の時代ですから、展示してある恐竜たちにも流行があるのでしょう。でも、トレードマークの「トリケラトプス」がもう観られないのは、さびしいですね。

10年以上前のことですが、トイレがタッチセンサー水洗式の出始めた頃で、流し方が解らずになかなか個室から出てこられない子がいたり、売店を経由しないと出られない設計なので、園児が商品に触ってしまうのを必死にガードしったけ・・・

実は先日、そんなセンチメンタルをこめて最後にと、息子と2人で恐竜を拝みにいってまいりました。

わが子といったのは、初めてだったので、「親子でいくとこんなに怖がるんだ」ということをあらためて知ることになりました。修了遠足でいったピューロランドのエスカレーターでピューロビレッジに下りるのさえ、親子でいくと暗くて怖い子がいるといいます。「みんなでいく」「これから○○の世界に子供だけで探検する。」こういった設定が何よりも大切なことを再認識することができました。

今なら、売店の恐竜は大セール中。たこやき、やきそばを買うと麦茶の無料サービスです。9月30日まで。

|

« ドーナドーナの音楽会 | トップページ | 今日はまなびや »

おでかけ、お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら恐竜館:

« ドーナドーナの音楽会 | トップページ | 今日はまなびや »