« インドの山奥で | トップページ | ウソのつけない顔 »

まっさらな・・・

「せんせい。えのぐって?なんだっけ?

ああ、こうやってこうやってさらさらすることね。」

年少さんの女の子のお友達が、お皿にといた絵の具に手形をとるために手をいれる動作をしながらおしゃべりしてくれています。

そうか。まだ、年少さん、この時期は筆でやる本当の絵の具やってないものね。本当は絵の具は手でやるのがメインではないのに。かわいい。

こうゆう、まっさらの状態、画用紙が真っ白なお友達、大好きです。

きっとこの子は筆でやる絵の具の活動のときに、またまっさらな感動をしてくれることと思います。そんな瞬間に立ち会えるのですから、この仕事はおもしろいのです。

随分前の話ですが、「のり」バージョンもありました。

やっぱり年少入園ほやほやの女の子です。その子は幼稚園にきてうまれてはじめて、ものとものとをくっつける「のり」というものを知ってとても感動していました。(まだセロテープは知らないようでした。)そして、雨の日は必ず、おりがみをのりで貼る作業にいそしんでいたのです。

そして迎えた七夕製作。個人もちの小さな笹につける短冊や七夕飾りをあとはくくりつけるばかりと道具箱の蓋にスタンバイさせていました。

はやく本当の七夕様にしたかった彼女は先生にたのまないでなんとか自分で仕上げようとして・・・・

「のり」を使って、笹に飾りをつけました。いえ、ついてません。のりがべっとりついていて、かざりものりまみれ。「あ~やっちゃった~~~」

でも、なんと愛おしい七夕なんでしょう。彼女の最大級の技。努力と工夫、自分でやりとげた気持ち。素敵な思い出です。

|

« インドの山奥で | トップページ | ウソのつけない顔 »

かれいどすこ~ぷ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まっさらな・・・:

« インドの山奥で | トップページ | ウソのつけない顔 »