« のどが・・・・ | トップページ | 洗って食べる男 »

ザンネンデシタマン

誰かがヤカンのお茶をこぼしたとき。

誰かのなわとびがひっかかったとき。

疾風のようにやってきて、すかさずこう言う人がいる。

「・・・・・残念でした。」

ある日、みい子先生(仮名)ががんばっていたケン玉が

いいところで「コロン」と失敗した。

ザンネンデシタマンはわすれずやってきて

いつものようにそう言うと

その場を去っていきました。

 何日かたって、

今度はザンネンデシタマンが水飲み場の蛇口をひねると、

ジャーっと水がでて、袖のところがちょびっとだけ濡れてしまいました。

ちっちゃな失敗をだれにもみられてないかあたり伺う姿があまりにかわいかったので、

みい子先生はおもわず

「ざんねんでしたっ。」

と、やさしくいってみました。

すると、彼は急に元気になって

「違います。残念でしたはこうです。」

と、教えてくれた指は、

器用に第一関節だけが曲がっていたのでした。

みい子先生にはとても真似できないことだったので、

ザンネンデシタマンにはかなわないと思ったそうです。

 追記 もう10年以上前の話なので時効とおゆるしいただければ幸いです。

     ちなみに・・みい子先生は私ではありません。(笑い)

|

« のどが・・・・ | トップページ | 洗って食べる男 »

かれいどすこ~ぷ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザンネンデシタマン:

« のどが・・・・ | トップページ | 洗って食べる男 »