« まりのももたろう その6 楽 | トップページ | ディズニーマジック »

TDS BAYSIDE BEAT

電子ぴあのプレリザーブで抽選購入したチケット。3日間限定のクラブイベント。

一般営業は6時クローズ。7時からはクラブナイトと一部のアトラクション、ショップのみの営業です。

 オープンとともに、みなさんそれぞれの目的に走ります。キャラクター目当ての方は海部分で行われるフェアウェルのキャラポジを目指しています。ダンサーヲタの方は、「リズムオブワールド」へのダンサー経路。自分が一体感で踊りたい「リズムオブワールド」フリークは「右手を挙げてUPUPUP」を気持ちよくやるためにそのポジへ。クラブイベントの人気DJ目当てのドレッドヘアのお兄ちゃんたちは不慣れな「海」に迷って、道を尋ねながらイベント会場へ。

 我がチームは、まずはまり目的の「LATIN LIVE」。DJスタイルが多いイベントの中、ロストバリーデルタで行われていたこのイベントは20分おきに、ライブ、DJを交互演奏しておりライブ好きにはうれしいです。到着時には、「レゲトン」タイム。本当はサルサがでてくるまでいたかったけれど、まわりの「ホー、ホー!」という掛け声に子供らが「次いこう」というので、移動。

マジックランプシアター前の屋外特設ステージでのDJライブ。ディズニーのメドレーをレイブで流して、クラバーのおにいさんたちが盛り上がっているかんじ。子供たちの素朴な疑問。「お兄さんたちはショーが見えないのに踊ってて楽しいの?」 レイブとかDJイベントみたいなオールスタンディング形式の話を説明してみる。「次いこ。今度あたしの番。」

娘の目的の「一度でいいからゆっくり餃子ドックを食べたい。」を実現。なかなか長い行列に並べないので、こうゆう空いている時がねらいめと教えておいたからです。

 初めて座って餃子ドックのハーモニーを堪能しながら観察していると、稀少な子連れを何組か発見。慣れた年パス所有者らしき人々で、効率的にガラガラの人気アトラクをリピートしているよう。うちのこたちが乗りたいお子様むけアトラクはクローズ。かえって好都合とほくそ笑む。  

次に、ここでおもしろい体験をするのですが、それは別カテゴリーにて・・・

 うちのラストは、「リズムオブワールド」これは息子の希望です。これは、2月からまた公演がはじまりますね。

中央アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカがそれぞれのリズムを提示し、最後に調和してみんな一体となって踊る王道です。生の太鼓がたくさん聞けて嬉しい。

3日かぎりの特別クラブ公演なので、ダンサーの皆さんもおまつり気分で、退場のときに音楽なしでも「UPUPUP」をつづけてくれていたり、いろんなギフトがありました。

 終了後帰途につこうとゲートを目指すと、すでにフェアウェルのポジはいっぱい。

「これを観ちゃうと帰れないから、マジで。」なので、帰りました。

 数年前に「陸」の方でやっていた「ダンスマニア」「クラブディズニー」のような80年代ミュージックのイベント、またやらないかな~。

|

« まりのももたろう その6 楽 | トップページ | ディズニーマジック »

エンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TDS BAYSIDE BEAT:

« まりのももたろう その6 楽 | トップページ | ディズニーマジック »